FC2ブログ

メン・イン・キャット(2016)E~猫の動きが見ものだけ

メン・イン・キャット(2016)E

★数行で映画紹介しなければ

猫と男性社長の魂が乗り移った。

★ショウトしょうとSHORT

猫の動きが見世物ですね。

あとは凡の凡、チープあらすじ。


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
Nine Lives
監督 バリー・ソネンフェルド
脚本 グウェン・ルーリー
マット・R・アレン
ケイレブ・ウィルソン
ダニエル・アントニアッツィ
ベン・シフリン
製作 リサ・エルジー
製作総指揮 ジョナサン・バンガー
クロード・レジェ
マーク・ガオ
グレゴリー・ウェノン
出演者 ケヴィン・スペイシー
ジェニファー・ガーナー
音楽 エフゲニー・ガルペリン
サーシャ・ガルペリン
撮影 カール・ウォルター・リンデンローブ
編集 ドン・ジマーマン
デヴィッド・ジマーマン
製作会社 ヨーロッパ・コープ
配給 フランスの旗 ヨーロッパ・コープ
アメリカ合衆国の旗 ヨーロッパ・コープUSA
日本の旗 アスミック・エース
公開 フランスの旗 2016年8月3日
アメリカ合衆国の旗 2016年8月5日
日本の旗 2016年11月25日
上映時間 87分
製作国 フランスの旗 フランス
中華人民共和国

=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

メン・イン・キャット~概要ですが最後までネタバレ編


概要ですが最後までネタバレ

トムは、大企業のワンマン社長。

娘レベッカが誕生日に猫が欲しいというので、

あやしいペットショップで、猫を買う。

社長に首を告げられた社員が、ビルの屋上からトムを落としてしまう。

猫を持ったまま落下。

運よく地上に落ちなかったが、トムは意識不明。

猫にトムの魂が移った。

猫になって、妻は離婚を考えていたり、娘が困っていることが理解できた。

社長の息子が経営を引き継ぐが、幹部にいいようにあしらわれて、会社は身売りに寸前。

息子は、トムの生命維持装置を解除を許可。

解除して完全に死ぬ前に、事故で猫が死ぬ。

トムは意識を回復した。

会社も安泰。

THE END

line

ロケットマン(2019)C~エルトンジョンの自伝

ロケットマン(2019)C

★数行で映画紹介しなければ

エルトンジョンの自伝

★ショウトしょうとSHORT

両親に、愛されずに、音楽も両親に否定された孤独なエルトン。

クイーンもエルトンもゲイ


完全あらすじ


========
★基本情報
原題
Rocketman
監督 デクスター・フレッチャー
脚本 リー・ホール(英語版)
製作
アダム・ボーリング
デヴィッド・ファーニッシュ
デヴィッド・リード
マシュー・ヴォーン
製作総指揮
マイケル・グレイシー
エルトン・ジョン
ブライアン・オリヴァー
クラウディア・ヴォーン
スティーヴ・ハミルトン・ショウ
出演者 タロン・エガートン
ジェイミー・ベル
リチャード・マッデン
ブライス・ダラス・ハワード
音楽 マシュー・マージェソン(英語版)
主題歌 エルトン・ジョン & タロン・エガートン
「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」
撮影 ジョージ・リッチモンド(英語版)
編集 クリス・ディケンズ
製作会社
ニュー・リパブリック・ピクチャーズ
マーヴ・フィルムズ(英語版)
ロケット・ピクチャーズ(英語版)
配給
イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東和ピクチャーズ
公開
イギリスの旗 2019年5月24日
アメリカ合衆国の旗 2019年5月31日
日本の旗 2019年8月23日
上映時間 121分
製作国 イギリス アメリカ合衆国
====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ロケットマン~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

エルトン・ジョンの両親は、エルトンに無関心。

母は浮気して、離婚。

祖母がエルトンの才能を見抜き、ピアノの学校へ。

王立音楽院にも合格して英才教育を受けた。

エルヴィス・プレスリーの影響を受け、プレスリーの髪形を真似て登校した。

仲間と一緒にバンド・ブルーソロジーを組み小さな店で音楽活動を始めるようになった。

バンドに声が掛かり、アメリカのミュージシャンが興行に訪れた際のバックバンドとして雇われた。

音楽の才能を募る広告を見たエルトンは、

音楽出版社を営むディック・ジェームスの事務所を訪ねた。

レイの面接を受けたエルトンジョンは、即興でピアノを披露。

感心したレイは歌詞を尋ねた。

歌詞が作れないと答えたエルトンジョンに、

レイは歌詞を渡して曲を作るように言った。

作詞家バーニー・トーピンと落ち合ったエルトンは、

バーニーが書いた『Border』が凄く良いと感想を述べた。

2人は直ぐに意気投合。

バーニーが詩を書き、エルトンが合せて曲作りを始め、『Honkey Cat』が生まれた。

次に『Your Song』が、できた。

事務所社長ディックも2人の才能を認め、アルバムのリリースが決定。

ロサンゼルスでデビューすることになり、

エルトンとバーニーは、付き添いのレイと共にハリウッドへ飛び立った。

ウェスト・ハリウッドのサンタモニカブルバード沿いに在るライブハウス・トルバドールへ到着した3人を、

オーナーのダグ・ウェストンが迎えた。

想像していたより狭いと感じたエルトンに、

ダグは、「先週ニール・ヤングが演奏したばかり。

群衆が詰めかけ行列が出来るライブハウスだ」と涼しい顔を向けた。

初ライブ当日、控室に入って来たバーニーは、

ニール・ダイヤモンドとビーチボーイズのブライアン・ウィウソンがバーに居ると興奮。

聞いたエルトンは緊張してトイレの個室に籠ってしまう。

開演が迫るが、「アメリカの天才シンガー達が居る前へ出ていけるか!」とエルトンは拒否。

契約を交わしディグが飛行機代を支払ったとレイに怒鳴られたエルトンは、

覚悟を決め白いオーバーオール姿で舞台へ上がった。

エルトンはエネルギッシュにピアノを弾きながら「クロコダイルロック」を歌い、

立ち上がって椅子を後ろに蹴飛ばし、

片足で高いキーを抑える派手なパフォーマンスを見せた。

パワフルなエルトンのライブに魅了された観客は熱狂。

光景を柱にもたれながらじっと聞き入っていたのが、

音楽業界でマネージメントを営むリードだった。

「君なら成功する。アメリカで一番も夢じゃない」と話し掛けた。

エルトンにとって、リードは自分の才能を高く評価し力になってくれる相手だった。

ホモゲイの2人は恋に落ちた。

「ロック界に新星誕生。

トルバドールでデビューしたイギリス出身の歌手エルトン・ジョン23才は、全てにおいて素晴らしい」

と新聞で絶賛された。

新アルバムの製作が決まったエルトンとバーニーはイギリスに帰国となり、

ダグはアメリカに戻ったらトルバドールで4回ライブを行うように要求。

エルトン・ジョンの音楽は世界を席巻。

派手なブーツとメガネをトレードマークに、

世界のレコード売り上げの内4パーセントはエルトン・ジョンが叩き出したとメディアが報じた。

1976年、キキ・ディーとデュエットし『Don’t Go Breaking My Heart』をリリース。

リードがエルトンを訪ねて来た。

久し振りの再会に胸が高鳴り、エルトンの散財が始まった。

長い付き合いだったディグとレイを離れ、

エルトンはリードとビジネスパートナーを組む決定をした。

表向きを考え2人の関係は内密にし、両親にも上手くマスコミ対応する必要があるとリードは助言。

エルトンは従った。

久し振りに父親を訪ねたエルトンはショパールの腕時計をプレゼントした。

コンサートのチケットを手配すると申し出る息子に対し、

父は、自分の好みでは無いと返答。

相変わらず感情の無い冷たい視線を寄越す父は、レコードにサインして欲しいと頼んだ。

エルトンがペンで書き始めると、自分の為では無く、職場の人宛だと言われた。

気詰まりのする雰囲気に家を出たエルトンは、

再婚相手との間に生まれた幼い息子を父が笑顔で抱き上げる姿をじっと涙を浮かべて見つめた。

お酒をあおるエルトンは、リードが止めるのも聞かず、

母シーラに自分が同性愛者であることを明かした。

母シーラは知っていたと答えた。

「どうでも良いわ、そんなこと。1人ぼっちの人生よ。

誰からもきちんと愛されないわ」と冷酷な言葉を浴びせた。

ライブ前の控室で、コカインを鼻から吸い込みグラスのお酒を飲み干すエルトン。

バーニーは、妙な衣装は止めてありのままの自分で歌えとエルトンにアドバイスした。

エルトンは、「観客が観たいのは俺ではなく、エルトン・ジョンだ」と声を荒げます。

満たされず孤独に苛まれるエルトンは、酒と麻薬に深く依存して行った。

リードの好き勝手にウンザリするエルトン、

ビジネス上マネージメントが必要な為、解雇したくても出来ないジレンマを抱えた。

ロサンゼルスの豪邸で開いたパーティーに家族を含む沢山の人を招待したエルトンは、

部屋で大量の薬を飲んだ後プールに身を投げた。

救急車が駆けつける騒ぎとなった。

**

エルトンに、バーニーが手を差し伸べた。

「2人で姿を隠そう。イギリスへ帰ってもう一度やり直すんだ。

昔の様に、歌を2人だけで作ろう」

エルトンは、「帰りたきゃ帰ればいい。僕にとっては他の人と組む良い機会だ」

チケット完売が続くツアーをこなしながら、エルトンは自分を見失って行った。

リードとの関係が最悪になった頃、

エルトンはレコーディングを通しレネーテ・ブリューエルと出会う。

心底孤独なエルトンを理解してくれた女性だった。

エルトンはレネーテと結婚。

同性愛者であるエルトンの結婚生活は長続きしなかった。

エルトンは、良い人だったレネーテを傷つけてしまい後悔していると振り返った。

**

母シーラが別荘を買いたいのでお金を出して欲しいとエルトンに頼んだ。

エルトンの為に父を諦めたと勝手なことを言い出した。

エルトンは、「成功は良いもの。動くものとは全部ヤッた。

人間が知り得る麻薬も全て楽しんだ」と母シーラを挑発した。

母シーラの表情が一変。

「何の努力もせずに全部棚から牡丹餅で手に入れたくせに。

子供なんか持つべきじゃなかったわ!

あんたのスキャンダルで、英国に住めないのよ。

あんたの母親でいることにどれだけがっかりしているか  

分かる!?」

耐えられず席を立ったエルトンは、打ちのめされ悔し涙を流した。

バーニーは、「いつ そうやって諦めたんだ?

自分を粗末にする人間を他人が気に掛けてくれると思うのか?

助けを求める事は弱さではない」と声を掛けた。

エルトンは、一番必要な時に自分から去って行ったと恨み言を言い、

再びバーニーを突き放してしまった。

バーニーは、エルトンがヒットしだした時に、結婚して引退してしまったのだ。

**

エルトンは更にお酒と麻薬に溺れて行った。

マディソン・スクエア・ガーデンのコンサート開幕を控えたエルトンは、

オレンジ色の悪魔の衣装を着たままタクシーに乗り込み、依存症更生施設へ入所した。

「ずっと自分が大嫌いだった。誰からも愛されないと思っていた」

「人を愛せないリードが自分を愛していると信じた事が間違いだった」

胸の奥に秘めた自分の闇と対峙したエルトンは、長年憎んだ両親を許した。

「僕を抱きしめてくれないの?」

ある日、エルトンが施設の廊下をモップ掛けしている所へバーニーが会いに来た。

施設の一室にピアノが置いてあるものの、一度も触っていないエルトンは弱気な表情をのぞかせた。

バーニーは書いた歌詞を渡して曲を書けと笑顔でエルトンを見つめ、行く所があると立ち上がった。

「行くなよ」と口にしたエルトンに、「ここからは自分で立ち直らないと」とバーニーは勇気づけた。

立ち去るバーニーの後ろ姿に、エルトンは感謝を述べた。

振り返ったバーニーは、「俺たち兄弟だろ」と言葉を掛けた。

エルトンは施設の一室に置いてあるピアノに向かった。

バーニーの詩を見つめながら思いを巡らしたエルトンは『I’m Still Standing』を歌い始めた。

エンドクレジット

エルトン・ジョンは依存症を克服して28年が経過‐
買い物に関してはまだ多少問題あり‐
更生施設を退所後、これまでに4億5千万ドルの基金を募り、世界中のAIDS/HIV患者の為に慈善事業を実施‐
エルトンとバーニーは現在も一緒に曲作り。50年経ても喧嘩をしたことがない‐
25年前、夫・デヴィッドに出会ったエルトンは“きちんと”愛されている-
2人の息子ザッカリーとイライジャを育てる時間を増やす為、エルトンはツアーから引退する‐

THE END

line

半世界(2019)E~炭焼き職人の世界

半世界(2019)E

★数行で映画紹介しなければ

炭火焼職人の主人公と同級生2人

★ショウトしょうとSHORT

映画はよくできていますが、ストーリーは?です。


完全あらすじ


========

★基本情報
監督 阪本順治
脚本 阪本順治
製作 椎井友紀子
製作総指揮 木下直哉
武部由実子
出演者
稲垣吾郎
長谷川博己
池脇千鶴
渋川清彦
竹内都子
杉田雷麟
菅原あき
牧口元美
信太昌之
堀部圭亮
小野武彦
石橋蓮司
音楽 安川午朗
撮影 儀間眞悟
編集 普嶋信一
製作会社 「半世界」FILM PARTNERS
キノフィルムズ
配給 キノフィルムズ
公開 2019年2月15日
上映時間 119分
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

半世界~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

山中の炭焼き窯で備長炭を作り、

父から受け継いだ炭焼職人の稲垣吾郎。

中学生時代の同級生・長谷川博己が

自衛隊を辞め離婚して地元に戻ってくる。

同級生の光彦も加わり、長谷川博己の今後を心配する。

**

光彦がチンピラ数名に殴られている。

助太刀した長谷川博己は突然狂ったように乱暴化する。

長谷川博己は凶暴症で、自衛隊を辞めたようだ。

稲垣吾郎が、炭場で急死。

炭焼きを継ぐか?

妻初乃と息子・明は、これからどうするか話す。

明「ボクサーもいいかな」

初乃「ボクサー!?あんたにはとても無理」

何ヶ月か何年かのち、慣れた感じで炭焼小屋にやってくる明。

炭焼きをしているようだ??

明はぶら下がっているサンドバッグを打ち始める。

人生の折り返し地点(半世界)で終わった稲垣吾郎。

THE END

line

2020年7月11日~20日に観た映画9本、今年累計167本

ジーナデイヴィス
ロング・キス・グッドナイト ジーナ・デイヴィス

好み度A 該当なし ★C評価が普通に面白い

好み度B 普通以上に感動

オーシャンズ8(2018)B~宝石を狙う女性8人の盗賊


ロング・キス・グッドナイト(1996)B~テンポ良い女性アクション


好み度C 普通に感動

ねこタクシー(2010)C~猫付きタクシーを始めたら


ユナイテッド93(2006)C~アメリカ同時多発テロの機内様子


ランボー 最後の戦場(2008)C~ミャンマーでのひと暴れ


赤いハンカチ(1964)C~転落する石原裕次郎のヒット作


ある女流作家の罪と罰(2018)C~自分の文才を犯罪に使った女性


好み度D 評価する人もいるだろう

ゲットバック 人質奪還(2016)D~武器商人に狙われたFBI捜査官


E 個人的に、あまりにも、がっかり 

名探偵ピカチュウ(2019)E~行方不明の父探し


F こんな映画を作ってはいけない 該当なし
G 映画以前の問題 渋柿  該当なし

編集後記
ねこタクシー 意外な作品でした。

好感度ABC評価

=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
============

年代別一万本の映画


邦題別一万本の映画

============
line

焼肉ドラゴン(2018)C~在日韓国人家族の行方

焼肉ドラゴン(2018)C

★数行で映画紹介しなければ

在日韓国人家族の行方。

★ショウトしょうとSHORT

最後のシーンなど上手ですね。

韓国籍の鄭義信さんの作品  未:未見
知らず知らず観ていました。

月はどっちに出ている(1993年)
未:平成無責任一家 東京デラックス(1995年)

岸和田少年愚連隊(1996)C~ケンカ仕返し応酬の青春

未:愛を乞うひと(1998年)
未:犬、走る DOG RACE(1998年)

岸和田少年愚連隊 岸和田少年野球団(2000)D~少年野球の賭博に利用される


OUT(2002)B~中年女性らの転落の行方


刑務所の中(2002)C~獄中体験の実話


お父さんのバックドロップ(2004)C~最後の試合に挑む父レスラー

未:レディ・ジョーカー(2004年)
血と骨(2004年)
信さん・炭坑町のセレナーデ(2010年)


完全あらすじ


========

★基本情報
監督 鄭義信
脚本 鄭義信
原作 鄭義信「焼肉ドラゴン」
製作 森重晃
清水啓太郎(企画・プロデューサー)
江守徹(企画プロデューサー)
佐々木弘毅(企画プロデューサー)
製作総指揮 小西啓介(エグゼクティブプロデューサー・製作統括)
堀内大示
巖本博
畠中達郎
本間憲
岡田美穂
高橋一仁
岩崎アキ子
三宅容介
梅川治男
加茂克也(製作統括)
出演者
真木よう子
井上真央
大泉洋
桜庭ななみ
大谷亮平
ハン・ドンギュ
イム・ヒチョル
大江晋平
宇野祥平
根岸季衣
イ・ジョンウン
キム・サンホ
音楽 久米大作
撮影 山崎裕
編集 洲崎千恵子
制作会社 ステューディオスリー
松竹撮影所
製作会社 「焼肉ドラゴン」製作委員会
配給 KADOKAWA
ファントム・フィルム
公開 2018年6月22日
上映時間 126分
製作国 日本の旗
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

焼肉ドラゴン~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

大阪、伊丹空港の下の河川敷には

国有地、不法占拠の在日韓国・朝鮮人のコリアタウンがあった。

住人は、ほとんど日本語が話せない。

コリアタウンで、ホルモン焼き肉屋店を営んでいる金龍吉の店は、

龍の字をとって焼肉ドラゴンと呼ばれていた。

**

戦争が終わり、故国の済州島に帰りたいが

島は済州島四・三事件

南朝鮮当局側は反乱事件に南朝鮮労働党が関与しているとして、
政府軍・警察による大粛清をおこない、
島民の5人に1人にあたる6万人を虐殺。
済州島の村々の70%が焼き尽くされた

金龍吉の親族家族も犠牲になり、次に朝鮮戦争が起きて、帰国できなくなった。

**

金龍吉と、龍吉と先妻の間の娘・真木よう子、井上真央と

後妻の英順の連れ子の美花、龍吉と英順の間に生まれた中学生の時生が暮らしていた。

時生は、日本で日本人として暮らしていくためにと、

清学校の中学に通っていたが、イジメのターゲットになってしまい、

時生は不登校となってしまった。

幼馴染の大泉洋が次女の井上真央と結婚することになった。

井上真央は、大泉洋と長女真木よう子が昔恋人に近い幼馴染であったことが気に入らなかった。

大泉洋の仕事は長続きせず、夫婦仲は気まずい。

真木よう子は足を悪くしていた、

大泉洋とともに忍び込んだ米軍居留地で、

見回りの兵士に追われたときに転倒したことが原因だった。

**

三女の美花はクラブのホステス兼歌手をしていて、

ナイトクラブの社員長谷川と不倫中。

大泉洋と井上真央の夫婦仲は悪化し、

井上真央は韓国人青年と浮気してしまう。

真木よう子に好意を寄せてくれる韓国人男性が現れて、婚約の日に、

大泉洋は真木よう子への思いを井上真央の目の前でぶちまけてしまった。

井上真央が浮気しているのを知っている大泉洋。

大泉洋は北朝鮮への帰国事業に申し込み、日本を離れる決心をしていた。

真木よう子は、皆の前で、大泉洋を抱きしめてしまった。

イジメと留年が決まった時生が、橋から飛び降り自死を図ってしまった。

重なるように役所から立ち退きの執行宣告が来た。

一年後の春、1970年

長女真木よう子は大泉洋と、北朝鮮へ。

次女井上真央は、浮気した韓国人と、韓国へ。

三女は、離婚した長谷川と結婚を報告。妊娠もしていた。

焼肉ドラゴンも取り壊されてしまった。

家族がバラバラになった龍吉も新たな土地へと旅立って行った。

死んだ時雄の声で「そないして住んでいた町がなくなりました」
THE END

line

今日も嫌がらせ弁当

今日も嫌がらせ弁当
これから地上波テレビで観れる映画

今日も嫌がらせ弁当
異例の累計20万部   不器用な母娘の実話に基づく物語
フジテレビ 7月21日(火) 21時00分~22時48分

武士の献立
テレビ東京 7月23日(木) 13時15分~15時55分

怪物はささやく
病に侵された母親と暮らす孤独な少年と、彼に「真実を語れ」と迫る怪物の奇妙な交流を描き、
スペイン版アカデミー賞ともいわれるゴヤ賞を。
公開 2016年9月10日(TIFF)
日本テレビ 7月20日(月) 25時59分~27時59分

ジュラシック・ワールド/炎の王国
公開 アメリカ合衆国 2018年6月22日
日本テレビ 7月24日(金) 21時00分~23時24分

==
その他 数十本の映画は 以下で
スクリーンショット (735)


★午後のロードショー番組公式サイト

~~~~~~~
僕自身は、テレビを持ちません。

筆者の公式サイト

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

観た一万本の映画ブログ

=====

line

ある女流作家の罪と罰(2018)C~自分の文才を犯罪に使った女性

ある女流作家の罪と罰(2018)C

★数行で映画紹介しなければ

実在の女性ライター、リー・イスラエルの自伝

★ショウトしょうとSHORT

自分の文才を犯罪に使った女性


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
Can You Ever Forgive Me?
監督 マリエル・ヘラー
脚本 ニコール・ホロフセナー
ジェフ・ウィッティ
原作 リー・イスラエル
『Can You Ever Forgive Me? 』
製作 アン・ケアリー
エイミー・ノイオカス
デヴィッド・ヤーネル
製作総指揮 ボブ・バラバン
パメラ・ハーシュ
ジャワル・ガー
出演者 メリッサ・マッカーシー
リチャード・E・グラント
ドリー・ウェルズ
ジェーン・カーティン
音楽 ネイト・ヘラー
撮影 ブランドン・トゥロスト
編集 アン・マッケイブ
製作会社 アーチャー・グレイ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開
アメリカ合衆国の旗 2018年10月19日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗
日本では劇場未公開
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ある女流作家の罪と罰~概要ですが最後までネタバレ編

ある女流作家の罪と罰~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

女優キャサリン・ヘプバーンやタルラー・バンクヘッドを取材し伝記本を書き、

作家としての地位を得ていたリー・イスラエル。

スランプ、アルコール中毒、財政難に悩まされていた。

文学者の友人マージョリーのパーティーに行き、

ビジネスの仕事をしようとするも嫌がられ、

トイレットペーパーや他人のコートを盗んで帰るリー。

飼っている猫は具合が悪そうで、診察料金を払えず、家賃も滞納していた。

リーは現金を手に入れるため、本を売りに古本屋に行く。

店員はリーに失礼な態度をとり、2冊しか買い取らない。

リーの伝記本が安売りされていると嫌味を言われて、怒ったリーは店を飛び出した。

途方にくれバーで飲んでいると、

リーは刑期を終え出所したばかりの旧友ジャック・ホックに再会した。

家で、伝記を書いたキャサリン・ヘプバーンからの手紙を見返すリー。

リーは生活の足しにするべく手紙を売る。

本屋の店員アンナはリーの伝記本を読んでいると伝えた。

図書館でリーは女優ファニー・ブライスについて調べた。

リーは再びアンナの店に戻り、

いとこが手紙のコレクターと嘘をつきファニー・ブライスの手紙を売る。

内容があまり印象的でないため、少しの額しか受け取れなかった。

本屋を出た後リーは、マージョリーのオフィスへ行き、

今ファニー・ブライスの伝記を執筆中であると伝え、1万ドルを請求した。

マージョリーは、リーの本の一冊がベストセラーだと認めますが、

なぜ現在リーにお金を払えないかを説明。

リーは世間から良いイメージを持たれておらず、書いている本は他の人々の伝記本のため、

リー自身は知られていない。

他の作家は本の宣伝のために、記者会見を開くがリーはしない。

誰もファニー・ブライスの伝記など読みたがらない。

マージョリーは他の作品を作るようにすすめた。

リーは自宅へ戻り、机に向かってタイプライターを叩きますが、

「私は今私のタイプライターを使っている」以外に書けなかった。

リーは有名人の手紙を捏造し売り続ける。

タイプ文で、サインは模写。

得たお金で猫を無事病院に連れて行け、

滞納していた家賃も支払った。

リーは友人ホックに現在している詐欺活動を報告。

ホックは、気にせず笑ってリーを受け止めた。

どこに住んでいるか聞いても毎回異なる住所を言うホック。

リーは居場所がどこにもないのを理解し、自分の家のリビングで眠るように勧めた。

リーは過去に書かれた文章に見せるため

古い形のタイプライターを購入、作家の研究を重ねて捏造詐欺に熱中。

本屋の店員アンナに再び売りに行くと、アンナはリーを誘い2人はディナーにでかけた。

2人は各々の話をし、アンナはリーにとても親切に接します。

リーは、アンナが自分に好意を寄せていると感じ取る。

レズに興味ないので、リーは離れていった。

リーがイギリスの俳優ノエル・カワードが男性の恋人に宛てたと捏造した手紙を売ったが、

偽物ではないかと疑いをかけられるようになった。

コレクションの店を営む男性から、

ニューヨークの誰も、リーからは手紙を買わないと宣告されるリー。

FBIも動き出し、ニューヨークの書店中にリーから手紙を買わぬよう通達が出た。

リーは猫が冷たくなっているのを発見。

取り乱したリーは家にいたホックと、ホックのゲイの恋人を追い出した。

リーの代わりに手紙を売っていたホックは逮捕され、

リー自身も捕まり5年間の保護観察を言い渡された。

年月が過ぎ、リーは再びバーでホックと再会。

ホックはエイズに蝕まれていた。

リーは自分が起こした詐欺について文章を書きたい。

ホックとの関りも書いていいか、尋ねた。

最初は断るが

最後はホックも了解した。

「いい男に書いてくれ!」

ふたりは微笑みあうのだった。

リーは書き始めた。

終わり

**

最後の方の僕には意味不明シーン、他の方の映画感想コメントでわかった、

リーの書いた手紙に鑑定書つけて販売してた古書店が下げようとして
鑑定書あるんだからまぁいっかー。ってまた、棚に戻す。

約400通の偽造手紙

「自分の文学」と言うほど、

本物に思える内容なのだろう

THE END

line

フランス映画50年代後半の総括

鑑賞本数は一万本をこえ、まずはフランス映画。

ハッピーエンドが少なく 悲劇悲恋ものが多いですね。
写真は4名のフランス女優です
ヘッドライト
パスカル・プティ
ミレーヌ・ドモンジョ
ジャクリーヌ・ササール

1955~59年 ABC僕評価 C評価=普通に面白い
邦題アイウ順

いとこ同志(1959)B~パリの大学生の青春無常編


居酒屋(1956)C~ミール・ゾラの落ちぶれていく女性


お嬢さん、お手やわらかに(1959)C~アラン・ドロンを競う三人の女性


大人は判ってくれない(1959)C~トリュフォーの少年時代自伝


黒いオルフェ(1959)C~運命的に出会う二人とリオ・カーニバル


恋ひとすじに(1958)C~アラン・ドロン、悲恋物語


恋人たち(1958)D~美しすぎる映像と彼女に恋する監督の視線


死刑台のエレベーター(1958)C~夫の完全殺人をはかった行方


素直な悪女(1956)E~ブリジット・バルドー、三人の男を翻弄する女


月夜の宝石(1958)E~ブリジット・バルドー、恋の逃避行


殿方ご免遊ばせ(1957)E~ブリジット・バルドー、手抜きコメディ


二十四時間の情事(1959)D~アランレネ、日仏合作映画


裸で御免なさい(1956)E~ブリジット・バルドーのラブコメ


ヘッドライト(1956)C~ジャン・ギャバンの悲恋もの


わが青春のマリアンヌ(1955)D~それは幻想なのか?





line

ヘッドライト(1956)C~ジャン・ギャバンの悲恋もの

ヘッドライト
フランソワーズ・アルヌール
ヘッドライト(1956)C

★数行で映画紹介しなければ

初老のトラック運転手とウェイトレスの恋

★ショウトしょうとSHORT

渋い渋い、ジャンギャバン。

なぜか「武器をさらば」を連想。


完全あらすじ


★仕入れた情報

原作及び原題『Des Gens Sans Importance』
の直訳は、『重要性のない人々』

原作はセルジュ・グルッサールの小説
1986年の蔵原惟繕監督作品の邦画『道』は、本作のリメイク。
========

★基本情報
原題
Des Gens Sans Importance
監督 アンリ・ヴェルヌイユ
脚本
フランソワ・ボワイエ
アンリ・ヴェルヌイユ
製作 ルネ・ラフィット
出演者
ジャン・ギャバン
フランソワーズ・アルヌール
音楽 ジョセフ・コズマ
撮影 ルイ・パージュ
編集 クリスチャン・ゴーダン
配給 フランスの旗 コキノール
公開 フランスの旗 1956年2月15日
日本の旗1956年10月5日
上映時間 101分
製作国 フランスの旗
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ヘッドライト~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

50歳を越えたジャン(ジャン・ギャバン)は、

ボルドーとパリを結ぶ定期便トラックのドライバー。

過酷な勤務

パリに帰宅すれば、愚痴の絶えない妻

と父親をバカにする反抗期の娘がいて、疲れは増すばかり。

階層はブルジョアでなくて、貧しい低民階級。

ボルドーから40キロのところにあるドライブインの≪ラ・キャラバン≫。

クロチルドという娘(フランソワーズ・アルヌール)。

恋人に捨てられて家にも戻れず、働いていた。

親子ほど年齢の違うジャンとクロチルドが出会い、愛し合うようになる。

クロチルドは妊娠し、ジャンを頼ってパリに出てくる。

ジャンは上司を殴って失業中の身の上。

ジャンを気遣って妊娠を打ち明けることができず、

場末の売春婦専用の連れ込み宿で女中として働き始める。

クロチルドの手紙から浮気が家族に知れてしまい、ジャンは家を出る。

友人の紹介で仕事もみつかった。

妊娠を見破った宿の女将の勧めで闇の堕胎手術を受ける。

一緒にボルドーでやり直すべクロチルドを迎えに来てくれたジャンに、

「妊娠したと思ったけど、勘違いだったわ」としか言えない。

ジャンが運転するボルドー行き夜行便。

雨のまじる濃霧の闇を切り裂いて浮かび上がるヘッドライト。

助手席ではクロチルドが苦しそうに喘ぎ始める。

堕胎手術は失敗だったのだ。

途中の『ラ・キャラバン』に辿り着いた時、クロチルドは息絶えてしまっていた。

『ラ・キャラバン』の店主に起こされ、トラックに乗り込む二年後のジャン。

家族のもとに戻ったジャンは運転手として、淡々と日々を過ごすのだった。

THE END

line

ロング・キス・グッドナイト(1996)B~テンポ良い女性アクション

ロング・キス・グッドナイト(1996)B

★数行で映画紹介しなければ

記憶喪失の女性は殺し屋だった。

★ショウトしょうとSHORT

コメディ要素もあり、セリフが凝ってます。

速いテンポのアクションで、好きですね。

すごい演出

自分の顔を観客にみせるが、鏡に映った自分だった。

氷の湖にダイビング、銃で表面を壊しながら。


完全あらすじ


★仕入れた情報

監督とジーナ・デイヴィスは当時夫婦だった。

========

★基本情報
原題
The Long Kiss Goodnight
監督 レニー・ハーリン
脚本 シェーン・ブラック
製作 レニー・ハーリン
ステファニー・オースティン
シェーン・ブラック
製作総指揮 スティーヴ・ティッシュ
リチャード・サパースタイン
マイケル・デ・ルカ
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ギレルモ・ナヴァロ
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
配給
アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ=ヒューマックス
公開
アメリカ合衆国の旗 1996年10月11日
日本の旗 1997年4月26日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ロング・キス・グッドナイト~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

サマンサは8年前に、ニュージャージー州の浜辺で倒れていたところを保護された。

記憶喪失状態で、サマンサという名がつけられた。

保護された時にサマンサは妊娠2か月だった。

サマンサは、出産した娘・ケイトリンを育てながら小学校の教師をし、

2年前にハルと結婚して幸福な生活を送っていた。

**

過去が気になるサマンサは、探偵・ミッチに調査依頼をしていた。

クリスマスのイベントでサマンサが偶然テレビに映り、

右目をケガで失った男・ジャックがサマンサを襲った。

8年前に殺したはずのサマンサが生きていたためだ。

サマンサは無意識に体が反応して戦う自分を発見。

探偵ミッチがもたらした情報で、

サマンサは過去を知るウォルドマン博士に会いに行った。

待ち合わせの駅でも襲撃された。

サマンサは武装した集団からミッチを助け、逃亡します。

ウォルドマン博士と会ったサマンサは、

自分が過去にチャーリーと呼ばれる凄腕のCIAの暗殺者だったと聞かされ、

ウォルドマン博士がサマンサが暗殺者に育てた。

8年前の任務遂行中に消息を絶ったため、死んだものと思われたと聞かされた。

待ち合わせ駅での襲撃もあり、

信じられないサマンサは、博士から逃亡。

自分が書いたウォルト宛の絵葉書から、婚約者とされるルークに会いに行く。

ルークはサマンサたちを捕らえてしまう。

実はウォルトとは「婚約者=標的」の隠語。

ルークの正体は当時のターゲット・デダラス。

ウォルドマン博士は殺され、サマンサは拷問にかけられている最中に、

記憶が戻る。

ルークは、サマンサから、殺しの依頼者を知りたかったのだ。

スキをついてルークを殺す。

全ての記憶が戻ったサマンサは、髪を切って金髪に染めて変装。

性格も別人のように豹変した。

**
CIA局長のパーキンスは悪の組織のボス・ティモシーと組んで「ハネムーン計画」を実行に移そうとしていた。

存続が危ういCIAの予算獲得のため、時限式タンクローリーを街中で爆発させて

テロリストの仕業に見せかけCIAが活躍する計画だった。

犯人に仕立て上げるアラブ系の死体も用意。

サマンサ(チャーリー)の生存を知り、

妨害を恐れたパーキンスとティモシーは娘・ケイトリンを誘拐した。

実は8年前に情報収集で関係を持ったティモシーが、ケイトリンの父だった。

ティモシーは少し動揺しますが、サマンサとケイトリンを殺そうと冷凍庫へ。

機転で冷凍庫を逃げ出し、

満身創痍のミッチが助けて、

ティモシーを返り討ちにしたサマンサ。

パーキンスは裁かれ、ミッチは一躍時の人となり、

サマンサはカナダでハルや娘と暮らす。

THE END


line

死刑台のエレベーター(1958)C~夫の完全殺人をはかった行方

死刑台のエレベーター(1958)C

★数行で映画紹介しなければ

夫の完全殺人をはかった行方

★ショウトしょうとSHORT

ルイ・マル監督の若干25歳の劇映画デビュー作

映画音楽をクールジャズのマイルス・デイヴィスが担当して

サスペンスを高めています。


完全あらすじ


========

★基本情報
英題:Elevator to the Gallows
監督 ルイ・マル
脚本
ロジェ・ニミエ
ルイ・マル
原作 ノエル・カレフ
製作 ジャン・スイリエール
出演者 モーリス・ロネ
ジャンヌ・モロー
ジョルジュ・プージュリイ
音楽 マイルス・デイヴィス
撮影 アンリ・ドカエ
編集 レオニード・アザー
製作会社 ヌーヴェル・エディティオン・ド・フィルム
配給
フランスの旗 Lux Compagnie Cinematographique de France
日本の旗 映配
公開 フランスの旗 1958年1月29日
日本の旗 1958年9月26日
日本の旗 2010年10月9日(ニュープリント)
上映時間 92分
製作国 フランスの旗
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

死刑台のエレベーター~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

商社に勤めるモーリス・ロネと

社長夫人ジャンヌ・モローは不倫関係

共謀して、社長の殺害を計画した。

実行の日、モーリス・ロネはバルコニーにロープをかけ社長室に侵入し、

社長を射殺し自殺と見せかけ、鍵を閉めて密室を偽装した

夫人との待ち合わせ場所に車で向かおうとする。

ロープが揺れているのを発見し、車に鍵を刺したまま急いでビルに戻り、

エレベーターに乗り社長室に向かう。

土曜日の午後でビルの管理人が電源スイッチを切って帰り、

エレベーターの中に閉じ込められるモーリス・ロネ。

ジャンヌ・モローとの約束の時間は過ぎ、

待つジャンヌ・モローは、モーリス・ロネを探し回る。

**

モーリス・ロネの車はルイによって盗まれた。

次にドイツ人のスポーツ・カーを盗もうとして見つかり、

モーテルで、ドイツ人を射殺した。

刑事警部(リノ・ヴァンチュラ)が捜査のためにモーテルに。

**

日曜になるとエレベーターは動き出す。

モーリス・ロネは、1日ぶりに外へ出る。

ビルの外に停めてあるはずの車が無く、

モーリス・ロネは徒歩でジャンヌ・モローと待ち合わせていたカフェへ向かう。

カフェに着いたモーリス・ロネは、ドイツ人殺人犯として報道されている新聞記事を目にする。

店員が警察に通報し、モーリス・ロネは逮捕される。

**

警部は、モーリス・ロネが土曜の夜に、どこにいたか尋問する。

モーリス・ロネは、一晩中エレベーターに閉じ込められていたことを告白するが、警部は信じない。

警部達は、社長室で社長の遺体を発見する。

**

モーテルでのドイツ人殺害のルイは、逮捕される。

車にあったカメラは警察に押収されて、写真は現像された。

ネガには、親しげなモーリス・ロネとジャンヌ・モローが写った写真があった。

モーリス・ロネとジャンヌ・モローの関係を確信した警部は、

ジャンヌ・モローを、社長殺害の容疑で逮捕する。

ジャンヌ・モローは、モーリス・ロネに会えない長い年月を思い、呆然とする。

THE END

line

大人は判ってくれない(1959)C~トリュフォーの少年時代自伝

大人は判ってくれない(1959)C

★数行で映画紹介しなければ

監督の少年時代の自伝、少年院に入る、アントワーヌもの1作目

★ショウトしょうとSHORT

フランソワ・トリュフォーの長編処女作かつ、ジャン=ピエール・レオの俳優デビュー作。

カンヌ国際映画祭監督賞を受賞し、ヌーベルバーグの旗手として認められることになった。


完全あらすじ


★仕入れた情報

源題名は
直訳すれば「400回の殴打、打撃」


========

★基本情報
監督 フランソワ・トリュフォー
脚本
フランソワ・トリュフォー
マルセル・ムーシー
製作 フランソワ・トリュフォー
出演者
ジャン=ピエール・レオ
音楽 ジャン・コンスタンタン
撮影 アンリ・ドカエ
編集 マリー=ジョセフ・ヨヨット
配給 日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1959年6月3日
日本の旗 1960年3月17日
上映時間 99分
製作国 フランスの旗
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

大人は判ってくれない~概要ですが最後までネタバレ編

大人は判ってくれない~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

フランス・パリ。

フランソワ・トリュフォーの自伝です。

12歳のアントワーヌは、学校で先生に叱られてばかり。

今日も教室で立たされていた。

アントワーヌは父と母とのアパート暮らし。

父と母は共稼ぎ。

機嫌の悪い母は、アントワーヌに怒ってばかり。


アントワーヌは母の連れ子で、父とは血の繋がりがなかった。

母も望んで産んだ子じゃないので

「あの子を施設にでも入れたら楽になるわ」と言っていた。


“1人でがんばって生きていきます”と家に置手紙を残し、

親友ルネの叔父が営む印刷工場の片隅に身を寄せることにした。

アントワーヌは路上で牛乳を盗み、池で顔を洗って一夜をやり過ごした。

翌日、心配した母が学校に迎えに来た。

アントワーヌ学業成績は赤点で、学期末までの停学となる。

父は陸軍に入れると言っていて、

陸軍へ送られることを恐れたアントワーヌは家には帰らず、

裕福なルネの家にこっそりと居候することにします。

2人はルネの両親に気付かれないよう好き放題やって、隠れ家生活を満喫。

2人はアントワーヌの父の職場に潜り込み、タイプライターを盗んで売却し、

金を手に入れようとした。

売却は失敗してしまい、アントワーヌ1人で事務所にタイプライターを返しに行くことに。

守衛に見つかったアントワーヌは、父に報告されてしまう。

父は迷いもなくアントワーヌを警察に連行し、

少年鑑別所行きとなる。

拘置所で夜を迎えたアントワーヌは、

護送車に乗ると夜のパリの景色を見つめながら初めて涙した。

少年審判所へ送られたアントワーヌは、3ヶ月ほど少年鑑別所で様子を見る。

アントワーヌに面会さえしなかった母は、息子を鑑別所へ送り出した。

女医の調査官による面接が行われた。

アントワーヌは生い立ちを語った。

里子に出された後に祖母に育てられ、8歳の時に母のもとへ戻った。

祖母から盗んだ金や買ってもらった本を母に取り上げられてしまった。、

母に愛されていない。

未婚でアントワーヌを身籠った母は堕胎するつもりだった。

家族の面会日。

ルネも鑑別所までやって来てくれたが、

許可がおりずに門前払いされた。

事件以降初めて母もアントワーヌに会いに来たが、父の姿はなかった。

母は一方的にアントワーヌを叱責し、

「今後は引取らない。1人で生きていくんでしょ」と冷たく言い放った。

アントワーヌは、屋外での球技中に鑑別所を脱走した。

追手を撒いたアントワーヌは、山道をひたすらに走り続けた。

山を下ると海岸へ辿り着いた。

以前から来たがっていた海に足を浸したアントワーヌは、

海辺に立ちつくし、ふとこちらを向いたまま動きを止める

THE END

line

ゲットバック 人質奪還(2016)D~武器商人に狙われたFBI捜査官

ゲットバック 人質奪還(2016)D

★数行で映画紹介しなければ

武器商人に狙われたFBI捜査官

★ショウトしょうとSHORT

アクションがスマートかなので、D評価


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
ELIMINATORS

スタッフ
ジェームズ・ナン
監督

リチャード・ローウェル
製作総指揮

ボビー・リー・ダービー
脚本

ネイサン・ブルックス
脚本

クロード・フォイジー
音楽

キャスト
スコット・アドキンス
ウェイド・バレット

2016年製作/94分/アメリカ

Release Dates
 6 December 2016 USA
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ゲットバック 人質奪還~概要ですが最後までネタバレ編

ゲットバック 人質奪還~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

FBI捜査官のトーマスは、

苦しめた武器商人クーパーに命を狙われていた。

保護観察で身を隠すためロンドンに移住。

偽名で警備員の仕事をしながら娘と2人でひっそり暮らしていた。

ある日、番地を間違って襲ってきた強盗を返り討ちにしたトーマスは、

殺人事件の容疑者として指名手配されてしまう。

事件の報道でトーマスの居場所を知ったクーパーは、殺し屋ビショップを送り込む。

FBIは英国警察に介入して、指名手配解除。

レイが応援にくる。

殺し屋ビショップと、トーマスとレイ。

二対一だが、殺し屋は強い

レイは撃たれる。 

アクション映画だから殺し屋を撃退。

クーパーは、娘は人質に。

アクション映画だからクーパーを撃退。

THE END

line

名探偵ピカチュウ(2019)E~行方不明の父探し



名探偵ピカチュウ(2019)E

★数行で映画紹介しなければ

行方不明の父探し。

★ショウトしょうとSHORT

主人公はアフリカ人系。 なぜ?

白人にうけない映画にしたいのだろうか?


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
Pokemon Detective Pikachu
監督 ロブ・レターマン
脚本
ダン・ヘルナンデス
ベンジー・サミット
ロブ・レターマン
デレク・コノリー(英語版)
原作
任天堂
ポケモン
クリーチャーズ
『名探偵ピカチュウ』
田尻智
『ポケットモンスター』
製作
メアリー・ペアレント
ケイル・ボイター
片上秀長
ドン・マッゴーワン
製作総指揮
ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr
アリ・メンデス
石原恒和
大久保賢司
宮原俊雄
松岡宏泰
植田浩史

出演者
ライアン・レイノルズ
ジャスティス・スミス
キャスリン・ニュートン
スキ・ウォーターハウス
オマール・チャパーロ(英語版)
クリス・ギア(英語版)
渡辺謙
ビル・ナイ
音楽 ヘンリー・ジャックマン
撮影 ジョン・マシソン
編集
マーク・サンガー(英語版)
ジェームズ・トーマス
製作会社
ワーナー・ブラザース
レジェンダリー・エンターテインメント
ポケモン
配給 世界 ワーナー・ブラザース
日本 東宝
公開
日本 2019年5月3日
台湾香港 2019年5月9日
アメリカ合衆国中華人民共和国ベトナム 2019年5月10日
上映時間 104分
製作国
アメリカ合衆国
日本
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

名探偵ピカチュウ~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

ポケモンに関する事件で調査に向かった

父親ハリーが家に戻ってこなかった。

ティムに、

ハリーが事故で亡くなったという知らせが。

父が調査に向かったポケモンと人が共存するライムシティへ

ポケモンのピカチュウと出会う。

ピカチュウは記憶喪失になっていた。

父親のパートナーだと言い、話せるピカチュウ。

ふたりは、父親の死の真相を探る。

**

ポケモンを凶暴化させるRという謎の薬品。

ハワード博士という人物が浮かび上がった。

車椅子のハワードは人間とポケモンとが一体化することで

新たなポケモンの世界を創り出そうと考えていた。

ハワードはミュウツーに乗り移って、支配しようとしていた。

二人は、

ミュウツーとハワードを引き離すことに成功。

ハワードは警察に連行され、計画はご破算となり

ピカチュウは記憶が戻り、ハリーがピカチュウに乗り移っていた。

ミュウツーの力で、分離したハリーは、ティムと抱き合って喜ぶ。

父子はライムシティに残り

一緒に暮らすことを決めた。

ピカチュウも二人のそばで嬉しそうに鳴き声を上げた。

THE END
line

ユナイテッド93(2006)C~アメリカ同時多発テロの機内様子

ユナイテッド93(2006)C

★数行で映画紹介しなければ

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロでハイジャックされた4機のうち、

唯一目標に達しなかったユナイテッド航空93便の離陸から墜落までの機内の様子や、

地上の航空関係者たちのやりとりを描いた映画である。

★ショウトしょうとSHORT

乗客に操縦できる人がいて、

テロリストの操縦者を排除しようとして、失敗、

爪楊枝を首に刺すだけでも即死なのに、残念。


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
United 93
監督 ポール・グリーングラス
脚本 ポール・グリーングラス
製作
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ポール・グリーングラス
ロイド・レヴィン
製作総指揮
ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
音楽 ジョン・パウエル
撮影 バリー・アクロイド
編集 クレア・ダグラス
リチャード・ピアソン
クリストファー・ラウズ
製作会社 ワーキング・タイトル
スタジオカナル
SKEエンターテインメント
配給
アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 UIP
公開
アメリカ合衆国の旗 2006年4月28日
日本の旗 2006年8月12日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ユナイテッド93~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ

ハイジャックされた4機のうち、

唯一目標に達しなかったユナイテッド航空93便の離陸から墜落までの機内の様子、

地上の航空関係者たちのやりとり

他の3機は時間通り離陸したので、二機はワールドトレードセンターに激突。

残り一機はペンタゴンに激突。

30分遅れて離陸した93便。

携帯電話で続々、テロの様子が伝わる。

乗客は暴動を起こして、

テロリストの飛行操縦者を排除しようとする。

操縦できる乗客がいたからだ。

しかしうまくいかずに海中へ。

全員死亡。

THE END

line

ねこタクシー(2010)C~猫付きタクシーを始めたら

ねこタクシー(2010)BC

★数行で映画紹介しなければ

タクシーに猫を乗せることを考えた男の行方

★ショウトしょうとSHORT

邦題では思いもつかない、深い話でした。


完全あらすじ


========
★基本情報
監督 亀井亨
脚本
永森裕二
イケタニマサオ
原作 永森裕二
製作総指揮 吉田尚剛
出演者 カンニング竹山
音楽 野中"まさ"雄一
主題歌 水木一郎「ソラノワダチ」
配給 AMGエンタテインメント
公開 日本の旗 2010年6月12日
上映時間 1時間46分

=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ねこタクシー~概要ですが最後までネタバレ編


概要ですが最後までネタバレ

40歳のタクシー運転手・間瀬垣勤は、

以前は中学の英語の教師をしていたが、

生徒とのコミュニケーションがうまくとれずに辞めてしまい、

地元・むかで市のアサヒタクシーという会社に転職。

コミュニケーションがうまくとれず

営業成績は当然、万年最下位。

勤には、学校の教師の妻・真亜子と、中3になる娘・瑠璃がいた。

娘ともコミュニケーションがうまくとれず、親子断絶。

**

公園で出会った猫に気に入られて、タクシーに乗り込んでしまう。

ずうずうしくも、助手席に座り込んできました。

お客様、勤も心が和みだし。

招き猫で、営業成績が上がっていく。

猫を連れて帰ると。

妻は猛反対。 なぜか娘が賛同して、飼いはじめた。

**

勤は支店で営業成績トップの沼尻崇に土下座して頼み込み、

仕方なくタクシーに猫を乗せることを許可してもらった。

沼尻は「会社にばれたら一発退職ですから。

俺はあくまで知らないということで」と言い、承諾しました。

勤はタクシーに猫を乗せて、お客さんを乗せるようになり、

お客さんと猫談義などでうまく対応できるようになり、

猫好きのお客さんには喜ばれ、勤の売上成績は今までの嘘のように、ぐんぐん良くなりました。

ある日、勤が出勤すると会社はいつもの様子と違っていた。

不安を抱えながら事務所にはいると、女性事務員からある雑誌を見せられました。

それには「猫を乗せたタクシー」のことが取り上げられていた。

勤ではなく、女性運転所の丹羽でした。

雑誌に取り上げられ、朝から事務所には電話が鳴りっぱなしで、

本社からも通達がきて問題になっていた。

丹羽は猫を2匹抱きながら迷惑をかけた事に謝罪しましたが、
「売り上げが伸びて、会社に利益を還元できたと思っている」と開き直りました。

女性事務員は今日だけで100件を超える「ねこがいるタクシーに乗せろ」

と言うお客さんからの電話を断るのに大変だと丹羽を責めました。

沼尻は「これだけ反響があるんだったら、逆にチャンスなんじゃないんですか」と進言しました。

そこにむかで市保健所の宗形誠二が会社に調査にやって来ました。

宗形から色々質問され、

タクシーもサービス業なのにどうして猫を乗せてはいけないのかと質問した丹羽に対し、

宗形は「あなたは動物取扱責任者ですか」と問い、

支店長・真泉平には「会社は動物取扱業の登録をされていますか」

「登録していない場合には、法律で30万以下の罰金になります」と通告してきました。

宗形は「それ以前にタクシーも認可事業で。
猫を乗せた営業は監督官庁に認められるのですか」と突きつけてきました。

丹羽は宗形に「動物取扱責任者になるには?」と質問すると、

宗形はその資格を取るために必要な条件を説明しましたが、

「猫を連れたタクシーなど本来、認められるはずがない」と明言して去っていきました。

丹羽は謹慎処分を受けました。

トイレで落ち込む勤に、こんな日が来ると予想していた沼尻は

、「(猫を)家族にできたんだから、これ以上は望み過ぎ」と言い、

今後、タクシーに猫を乗せることをやめるよう勧めました。

勤は『ねこタクシー』をやめました。

ある日、勤は盲導犬を連れた目に障がいを持つ少女をタクシーに乗せました。

勤は少女に以前はこのタクシーに猫を乗せて走っていたが、

法律違反で、会社にも迷惑をかけ、やめたことを告白しました。

少女「本当に迷惑なんでしょうか。猫を楽しみにしていたお客さんがいたんですよね。

法律なんかに負けちゃダメですよ」と勤に言った。

言葉に勇気づけられた勤は、宗形がいる保健所に行きました。

勤は宗形に会い、猫を乗せてタクシーを開業するにはどうすればよいかを質問しました。

宗形は個人で資格を取り、会社で登録を果たせばよいと告げました。

宗形は、「私から言わせれば、(動物の)愛護的見地からみて許可されるべきではない!」と語気を強めて言った。

勤はそう言う宗形に「私も動物の味方でありたいと思ってます。

私の“相棒”と仕事がしたいだけなんです」と訴えた。

言葉が言えない動物を勝手に“相棒”と思うことが傲慢だと、宗形は言い返した。

その夜、勤は真泉支店長に相談すると、

真泉支店長も昔、お客さんにレンタルビデオで映画のビデオを借りて車中で見せる『シアター・イン・ドライブ』をやり、

大問題になり会社に迷惑をかけたことを話し、

勤の『ねこタクシー』を応援すると励ました。

勤は、資格を取るために試験の日まで猛勉強した。

ある日の深夜、勤は、ダンプに乗った丹羽と偶然、再会した。

事件以来、突然タクシー会社を退職した丹羽は、噂で勤が資格試験を受けることを知っていた。

丹羽はそんな勤を尊敬しました。

丹羽は「私ね、憧れだったの。タクシーの運転手」と告白し、

「自分に負けてる。自分に嘘ついてるなと思って。だから、何でもいいから、

前に思い切って行こうと思って」と吐露しました。

丹羽は猫を乗せて『ねこトラック』をしていた。

猫に癒されて微笑む丹羽を勤は羨ましく思った。

丹羽は勤に「すぐ復活できますよ」と励ましました。

勉強を始めて1年、勤は晴れて試験に合格しました。

勤は、宗形の所に動物取扱責任者の資格を取得したことを報告に行き、

アサヒタクシー会社も動物取扱業の登録し、

晴れて猫を乗せてもよいタクシーになりました。

しかし、宗形は反対しました。

勤は「タクシー好きな『御子神さん』を乗せてあげるためだけに資格を取り、会社を説得した」と主張しました。

それでも宗形は「同業他社が真似をして猫を仕入れて、

ブームが過ぎたら大量の捨て猫が出るという最悪の事態を考えるのが私の仕事だ」と言い席を立ちました。

勤は宗形を追いかけ、一度でいいから私のタクシーに乗ってくださいと頼みました。

宗形は母と一緒に勤のタクシーに乗りました。

母親は猫を抱いて喜びましたが、宗形は予防接種、皮膚疾患、猫アレルギー対策などと勤に質問をしてきました。

母親は宗形に猫を抱かせました。

宗形は「間瀬垣さん、この子は、反則だ」と言うと、微笑んで猫を勤に返しました。


ある秋の日、猫は眠るように息を引き取りました。

亡き後、自分も変わらないといけないと覚悟した勤は、タクシー会社を辞め、

元の中学校の英語教師に戻りました。

THE END

line

お嬢さん、お手やわらかに(1959)C~アラン・ドロンを競う三人の女性

お嬢さん、お手やわらかに(1959)C


★数行で映画紹介しなければ

アラン・ドロン主演の青春系ハーレム式ラブ・コメディ

一人のドン・ファンにあやつられた親友同士の三人娘
ジャクリーヌ・ササール
ジャクリーヌ・ササール
パスカル・プティ
パスカル・プティ
ミレーヌ・ドモンジョ
ミレーヌ・ドモンジョ


女流作家ソフィー・カタラの原作小説「カナリヤの殺人」の映画化

★ショウトしょうとSHORT

アランドロンも駆け出しの頃で、

三名の可愛いフランス女優の競演


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
Faibles Femmes
監督 ミシェル・ボワロン
脚本
ミシェル・ボワロン
アネット・ヴァドマン

出演
アラン・ドロン
パスカル・プティ
ミレーヌ・ドモンジョ
ジャクリーヌ・ササール

音楽 ポール・ミスラキ
撮影 ロベール・ルフェーヴル
公開
フランスの旗 1959年2月11日
日本の旗 1959年4月23日
上映時間 75分
製作国 フランスの旗
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line