fc2ブログ

フランス映画を話そうよ(4)女性の不倫はあたりまえのフランス

国民性ジョークがあります。

奥さんと不倫相手の、浮気現場を発見すると

アメリカ人は銃を持って浮気した二人を脅すか射殺。

フランス人は浮気を許し3人でプレイしようとする。

==

妻の浮気は恋の都パリでは良くある。

相手はテニスか又はスケートの教師など。

そんな時に旦那は、どうすべきか? 

映画「恋の手ほどき(1958)」で

パリジャン(老紳士)が教えてくれる。

まず密会現場に踏み込み、妻を驚かせて、

「さよなら」と言って黙って立ち去ることだ。 

==

このケースで印象のある映画は

「タンゴ(1992)」

監督:パトリス・ルコント



一途に妻を愛していたセスナ機乗りの男は

妻の浮気を知って飛行機で追いつめて相手の男を殺してしまう。

そして妻も得意の曲芸飛行で空から放り出して葬ってしまった。

機上で、結婚記念日の薔薇の花束と共に安全ベルトを切る。


ルコント作品は

「仕立て屋の恋」「髪結いの亭主」「イヴォンヌの香り」などが印象的です。

特徴は90分台に凝縮して、男と女を、するどく切りますね。

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line