FC2ブログ

理想の恋人.com~バツイチ同士の恋愛の行方



バツイチ同士の恋愛の行方

理想の恋人.com(2005)

Must Love Dogs

監督・脚本 ゲイリー・デイヴィッド・ゴールドバーグ
出演者 ダイアン・レイン ジョン・キューザック
日本公開 2005年10月1日 
上映時間 98分


私の映画ショートしょーと

本作は
お互い離婚して立ち直れない男女が
新たな理想の相手を見つける。

昔のフランス映画「男と女」のような
前提だが、やはりハリウッド映画は違う。

男は好きになった理由を言う
「あなたはユニークさの結晶そのもので、ハレー彗星みたいだ」

くすっと笑える箇所が5場面あった。

アイルランド人は大家族で、
家族に干渉したがる。
________

二股恋愛はやらないほうがいい。
いつも必ず肝心なところで二股がばれてしまう。
何度も経験してそれがわかった。
これを守ると最高の女性を得る。

________

妻を亡くした父の言葉は感動した。

ダイアン
「どうして何人も女性とつきあえるの?」


「愛した女性は一人だけだ。
それにかなう人はいない。
今はただ時間つぶしだ。
タップダンスしているのだ。
必死に踊っていないと喪失感に負けてしまう」

この父(クリストファー・プラマー)
の演技が際立つ
渋いし、かっこいい。
彼はフォン・トラップ大佐なんですよ。
あの「サウンドオブミュージック」の。
______

★おもしろいシーン

セックスした後に、
相手が浮気な男だと気づくシーン。
つまり男のクールさでわかる。
自分もすぐわかった。

コンドーさんを探しに
深夜のドラッグストアをめぐり
やっと入手したら、ダイアンが言う
「魔法が消えちゃった」
あとでお姉さんが言う
「私はサランラップを代用したわ」

ゲイの男って、
女性にとって親友になることが多い。
例:美川けんいち、ピーター

_____

★気になるセリフ

1.ダイアンが
「愛とは決して後悔しないことって男は言うわ」

これは以下の名作の名セリフ
『ある愛の詩(うた)』
“Love means never having to say you're sorry”
「愛とは決して後悔しないこと」 
字幕の名訳だ。訳がうまい。

2.パソコンって偉いは24時間働いてくれているの。

____



★再チェックしたくなったこと

1.茶色の銅貨
サラの父親が朗読する
アイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツ
の詩「茶色の銅貨(Brown Penny)」

2.ドクトル・ジバゴ
デヴィッド・リーン監督の「ドクトル・ジバゴ」
主人公(ジョン・キューザック)は
この映画を毎日のように観る

3.パートリッジ・ファミリー
アメリカのテレビドラマでデヴィッド・キャシディが長男を演じた
「パートリッジ・ファミリー(The Partridge Family)」
映画の中でこの人気ドラマのテーマソングを合唱する


4.南北戦争のリー将軍の話し

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line