fc2ブログ

フランス映画を話そうよ(3)フランス男の恋愛至上主義

.

フランス人は 愛のために死ねる。

映画「紳士は金髪がお好き(1953)」で、
マリリンモンローが歌っています。

これは映画でもありますね。

まずは「望郷(1937)」です。

公開当時、日本人に圧倒的人気のあったフランス映画のひとつでしょう。

アルジェのカスバ、ペペ・ル・モコ、ジャン・ギャバン。

この映画で、恋する女性ガビイとのすれ違いの悲恋に、

ジャン・ギャバンは自ら命を絶ちます。

望郷

それはもうパリに戻れない望郷でもあります。

==


北ホテル(1938)
では

恋に破れた男が死を決意。

自分を殺そうとする男にピストルを渡す。

フランス男の恋愛至上主義、失恋は死に値する。

==

既述のフランソワトリュフォーの
「暗くなるまでこの恋を(1969)」

高校の頃 こんなに、女性に惚れてみたいと感動し、

トリュフォー監督を好きになった作品でもあります。

毒を持ったコーヒーを飲まされるシーンは一生のものになりました。

「ぼくは 君のために 死んでもいいよ」と飲もうとする。

ベルモンドーはドヌーブが毒をもったことに気づいている。
暗くなるまでこの恋を


ドヌーブは「やめて」とコーヒーの入ったカップを床に落とす。

「愛とは苦しいもの 大きな猛禽のように僕らの頭上を舞い、

ぴたりと止まり、僕らを脅かす。

でもその脅威は幸福の約束でもあるのかもしれない。

君は美しいよ。

君は美しすぎて、君を見るのは苦しみだ」

「昨日は喜びだと言ったわ」

「喜びでもあり苦しみだ」

美しすぎる女性との、恋はつらいです。

==

次はフランス男優ナンバーワンだったトランティニャン。

彼の代表作

離愁(1973)


男は愛のために死んでもいいと覚悟する。

戦争に翻弄されて、つかの間に出会った二人。

再び戦争で別れて3年後

ロミー・シュナイダーとトランティニャンは再会する。

ゲシュタポは、このユダヤ女と知り合いかと尋ねる。

しばらくは無視していたが、我慢できずに、

トランティニャンはシュナイダーを抱きしめてしまう。
離愁


それは死を意味する。

==

死ぬ男と言えば

鬼火(1977)
があります。


「リービングラスベガス」
という映画に似ていますが、

「鬼火」は死にたいと思った男(アラン)の生き様をえがく

「愛されたかった。みんなに、全ての人に愛されたかった」
鬼火2

初めて観たのは18歳の頃

観ているうちに、自分と似たような男がいると思って

我がことのように魅入ってしまった映画です。

==

最後に本ですが

サリンジャー「バナナフィッシュにうってつけの日」

「バナナフィッシュは、そのままバナナを食べ過ぎて
太ってしまうので二度と穴の外へは出られなくなり、
バナナ熱にかかって、死んでしまう」と言って、自殺する。


男の、愛に破れた生き様は映画になるようです。


===

つづく

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line