FC2ブログ

鬼火~ルイ・マル監督、男が死にたいと思った気持ちに感銘

鬼火
Amazon.

鬼火(1963)A

★数行で映画紹介しようよ

アルコール依存症の男が自殺に至るまでの48時間。


★ショウトしょうとSHORT

ストーリーは
「リービングラスベガス」
に似ていますね。

自分と似たような男がいることを痛感してのAです。

「真夜中のカーボーイ」の主人公同様に、我がことのように思えます。


初めて観たのは18歳の頃

観ているうちに、映画に自分がいると思って

我がことのように魅入ってしまいました。

サリンジャーの愛読書
「バナナフィッシュにうってつけの日」は

「バナナフィッシュは、そのままバナナを食べ過ぎて
太ってしまうので二度と穴の外へは出られなくなり、
バナナ熱にかかって、死んでしまう」と言って、自殺する。

あまりにカフカ的で、理解できないところが、

かえって、ひかれてしまうが

「鬼火」は、主人公アランの心情が涙がでるほどわかる。


ねたばれ編


★仕入れた情報

ダダイスムの作家ジャック・リゴーの生涯をヒントにした
ピエール・ドリュ=ラ=ロシェルの小説 Le Feu follet (邦訳:『ゆらめく炎』)を
マルが脚本化

========

★基本情報

原題 Le Feu follet

監督脚本 ルイ・マル

出演 
モーリス・ロネ
ジャンヌ.モロー
 

上映時間 108分

製作国 フランス イタリア

============

オで、はじまる恋愛映画(洋画編)



恋愛映画めざせ2000本~タイトル、アイウ順索引



by 村上サガン
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line