fc2ブログ

トップガン マーヴェリック(2022)E〜教官になるが・・・


トップガン マーヴェリック(2022)E〜教官になるが・・・

★数行で映画紹介しなければ

1986年の『トップガン』の36年振りの続編

主人公は教官になるが・・・

★ショウトしょうとSHORT

「スター・ウォーズ」より迫力無し

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Top Gun: Maverick

監督 ジョセフ・コシンスキー
脚本 アーレン・クルーガー
エリック・ウォーレン・シンガー(英語版)
クリストファー・マッカリー
原案 ピーター・クレイグ
ジャスティン・マークス(英語版)
製作 ジェリー・ブラッカイマー
トム・クルーズ
クリストファー・マッカリー
デヴィッド・エリソン
出演者 トム・クルーズ
マイルズ・テラー
ジェニファー・コネリー
ジョン・ハム
グレン・パウエル
ルイス・プルマン
エド・ハリス
ヴァル・キルマー
音楽 ハロルド・フォルターメイヤー
レディー・ガガ
ハンス・ジマー
主題歌 レディー・ガガ
「Hold My Hand」
撮影 クラウディオ・ミランダ[1]
編集 エディ・ハミルトン(英語版)
製作会社 パラマウント・ピクチャーズ
スカイダンス・メディア
TCプロダクションズ
ニュー・リパブリック・ピクチャーズ
ドン・シンプソン/ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・ピクチャーズ
日本の旗 東和ピクチャーズ
公開 フランスの旗 2022年5月18日 (カンヌ国際映画祭)
アメリカ合衆国の旗日本の旗 2022年5月27日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐は、
米海軍の過去40年間において空中戦で3機の敵機撃墜記録を持つ唯一のパイロットである。
本来なら将官になっていてもおかしくない輝かしい戦歴だが、
ひたすらに現場主義を貫き昇進を拒み続けている彼は部隊で一悶着起こした関係で左遷され、
スクラムジェットエンジン搭載の極超音速テスト機「ダークスター」のテストパイロットを務めていた。

最高速度がマッハ10に達していないのを理由に、計画が凍結されると伝えられる。
マーヴェリックは、チェスター・“ハンマー”・ケイン海軍少将が計画凍結を言い渡しに来る前に
マッハ10を達成すべく離陸し、見事成功させるが、
独断でそれ以上に記録を伸ばそうとした結果、ダークスターを空中分解させてしまう。

無事脱出し帰還したマーヴェリックは飛行禁止を言い渡されてもおかしくないが、
以前のノースアイランド海軍航空基地の「トップガン」の教官職を命じられた。
三十数年ぶりにノースアイランド海軍航空基地戻る。

ならず者国家がNATO条約に違反するウラン濃縮プラントを建設し稼働させようとしていた。
米国は破壊すべく特殊作戦が計画した。
マーヴェリックは、特殊対地攻撃作戦の訓練を施す教官として抜擢された。

基地周辺の強力な防空網を避けるために険しい渓谷を超低空・超高速で飛行しなければならず、
電磁波妨害も行われているため、GPSを用いる最新鋭機のF-35は役に立たないという極めて困難な任務であった。

マーヴェリックは、参加するパイロットの中にかつて事故で亡くなった
親友ニックの息子ルースターがいるのを知る。

マーヴェリックはルースターの母に請われ、彼をグースと同じ目に遭わせないため、
海軍兵学校への志願書が受理されないように工作していた過去があった。

ルースターは、グースがマーヴェリックの後席に乗っていて事故死したことを知って以降、
マーヴェリックが父の死の原因を作ったとして一方的な恨みを募らせていた。

マーヴェリックは、電磁波妨害に左右されないレーザー誘導爆弾を運用できるF/A-18E/F スーパーホーネットを任務に使用する機体として定め、ルースター達若きパイロットに厳しい訓練を課すが、
彼らは作戦を成功に導けるだけの練度に達せず、
ルースターは過去の因縁からマーヴェリックに対して反抗的な態度を取るばかりだった。

僚機を見捨てるなどの行動から問題児扱いされていたジェイク・“ハングマン”・セレシン海軍大尉が、
マーヴェリックとグースの過去を知り仲間に言いふらす。

自らの過去が招いたトラブルに悩むマーヴェリックを自宅に呼び出したアイスマンは、
闘病中の体に鞭打ってマーヴェリックと面談し「過去は忘れろ」という助言を与え、
数日後に息を引き取った。

若きトップガン達を所要練度に到達させられなかったのを理由に、マーヴェリックは教官職を剥奪されてしまう。

マーヴェリックは元ガールフレンドのペニー・ベンジャミンに悩みを打ち明け、
二度とグースのような犠牲者を出さないと誓うとともに、
一人のパイロットとしてルースターと向きあうため、そして作戦が必ず成功させられることを証明するために、
無断でF/A-18Eを使用して作戦のデモンストレーションを行い見事に成功、
パイロットたちの信頼を勝ち得て、任務の際に編隊長として飛ぶ許可を上層部から取り付ける。

訪れた特殊任務の日、マーヴェリックたちは空母セオドア・ルーズベルトから飛び立ち、
プラント破壊に成功するが、プラント周囲に配置された大量の対空ミサイルからの攻撃にさらされる。
マーヴェリックとルースターはお互いをかばう形で撃墜されてしまい、
敵の航空基地近くに脱出装置を利用して機体から脱出する。

森で再会した2人は敵基地に無傷で残っていたF-14を強奪し離陸、
迎撃にやってきた敵の第5世代戦闘機との性能差を腕前とコンビネーションでカバーし撃墜していくが、
最後の1機を相手にするときには武装を使い果たしており、さらに脱出装置も故障し進退窮まってしまう。

ルースターを死なせてしまうことをグースに詫び、
撃墜されるのを待つばかりのマーヴェリックだったが、
そこに空母で待機していたハングマンが駆けつけて敵を撃墜し、
窮地を免れる。
無事に空母に帰還した2人は過去を払拭して真の和解を果たし、
若き頃のマーヴェリックとグースのように親友となった。

マーヴェリックはペニーの店を訪れるが、彼女はあてもなくヨットでのクルーズに出ていた。
自らの家でルースターと共にP-51の整備等をしながら過ごしていたが、
ペニーが娘と共に訪ねてくる。
2人はお互いの帰還を噛みしめるように見つめあい、キスを交わす。
マーヴェリックはP-51にペニーを乗せ、夕日に向かって飛び立って行く。
一方ルースターは、若い頃のグースとマーヴェリックが写った写真の横にピン留めされた、
ミッション成功時の自分たちの写真を見つめ、笑顔で亡き父に思いを馳せるのであった。

THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line