fc2ブログ

フェイブルマンズ(2022)C〜スピルバーグの自伝


フェイブルマンズ(2022)C〜スピルバーグの自伝

★数行で映画紹介しなければ
スピルバーグ自身の話 映画小僧になるまで。

★ショウトしょうとSHORT
スピルバーグの子供時代155分 
ご勘弁と思ったが。
始まって50分頃から注目できる展開に。
C評価で残念。前半はカットだといいですね・

映画が好きから母の不倫を知ってしまう。残酷ですね。

少年の頃から作り手側の視線で映画を見ているんですね

「映画は喜びを得られるが、痛みを伴い孤独になっていく」

「芸術は麻薬だ。俺たちはそのジャンキーなんだよ」

「芸術に生きるならお前は『黒い羊』になる。痛みを伴う覚悟はあるか?」

ジョン・フォード
「地平線が上にあっても下にあってもいい!真ん中にあるのはクソだ!」

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 スティーヴン・スピルバーグ
トニー・クシュナー
製作 クリスティ・マコスコ・クリーガー
スティーヴン・スピルバーグ
トニー・クシュナー
出演者 ミシェル・ウィリアムズ
ポール・ダノ
セス・ローゲン
ガブリエル・ラベル(英語版)
ジャド・ハーシュ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
リライアンス・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2022年11月11日
日本の旗 2023年3月3日
上映時間 151分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
第二次世界大戦直後の1952年。
ニュージャージーに住むユダヤ人の一家・フェイブルマン家の長男サミーは、
小学校低学年にして両親と共に初の映画鑑賞を体験した。
映画館に響き渡る列車の激突シーン(『地上最大のショウ』)に
夢中になったサミーは、父の8ミリカメラで撮影する映画少年に成長して行く。

サミーの父バートは最新技術であるコンピューターの優秀なエンジニアだが、
生活は厳しく、元ピアニストの母ミッツィはサミーや妹たちの世話に忙殺された。
やがて時代がコンピューターを認知すると、父バートは大企業に引き抜かれ、
一家はアリゾナに転居する。
助手は招かれていないと聞き激怒するミッツィ。
助手のベニーは父バートの親友であり、
サミーたちにとっても家族同然の独身男だったのだ。

ベニーも共に就職する形でアリゾナに移る一家。

高校生になったサミーは撮影の腕を磨き、映画監督になる夢を膨らませて行った。
家族のファミリーキャンプの映像を編集したサミーは、
母ミッツィと助手ベニーのキスシーンが写り込んでいるのに気が付いた。
予期せぬものを撮影してしまい、
一時は映画への情熱まで失いかけるサミー。

父バートは滅多に怒らず、母ミッツィを深く愛する優しい男だが、
感情を表すのが苦手で、人の話しを黙って受け止めるタイプだった。

芸術家で感性が人一倍豊かなミッツィは、
喜怒哀楽を表に出すベニーに惹かれてしまったのだ。
父バートの更なる転職が決まり、
一家はベニーを残してカリフォルニアに引っ越した。

1964年、カリフォルニアで高校3年の最後の数ヶ月を過ごすサミー。
新しい高校にはユダヤ嫌いを公言するローガンら男子がいて、いじめられるサミー。
たが、サミーにキリストを信じさせたいクリスチャンのモニカと恋仲になり、
高校の行事である「おサボり日」(卒業学年の海岸への遠足)の撮影も任された。

母ミッツィはついにベニーと暮らしたいと口にし、
父バートは静かに離婚を受け入れた。
妹たちは母と去り、サミーは高卒で映像の仕事を探す決心をした。
高校最後のプロムの夜に、モニカに一緒にハリウッドへとプロポーズするサミー。
だが、大学進学が決まっているモニカは断った。

プロムの出し物として「おサボり日」の記録映画を上映しながら涙するサミー。
映画の主役は、いじめっ子のローガンだった。
美男子な上に逞しいスポーツマンで、
見るからに主役タイプのローガンを、
サミーは作品の要として使わずにいられなかったのだ。

映画は大好評だったが不機嫌そうなローガンは、
無人の校舎で座り込むサミーを見つけて「いじめのし返しか!」と詰め寄った。
自分の足の速さは努力して身に付けたと叫ぶローガン。
だが周囲の人々はヒーローだから当然としか見ず、
正当に認められない事がローガンの悩みだったのだ。
泣いて本心を吐露したローガンは、
映画のためなら大嫌いな反ユダヤ主義者とも
友達になると言うサミーを少し見直し、立ち去った。

一年後、父の許しを得て大学を中退したサミーは、ハリウッドで就職活動に励み、
テレビ映画制作の下っ端の仕事にありついた。
撮影スタジオでサミーを面接し、熱心な彼を向いのオフィスに連れて行くプロデューサー。
そこで巨匠のジョン・フォード監督に会ったサミーは、
ほんの数分の会話だったが、将来への希望に包まれた。
THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line