fc2ブログ

悲しい色やねん(1988)E〜森田芳光のヤクザもの


悲しい色やねん(1988)E〜森田芳光のヤクザもの

★数行で映画紹介しなければ

小説「悲しい色やね」からヤクザ抗争に発展

★ショウトしょうとSHORT
初々しい二人 仲村トオル 石田ゆり子
特に大好きな石田ゆり子さんは少女時代だ。
仲村トオルは演技はまだまだだが、光っている。
イッセー尾形が出てますが、まだ素人っぽい。

脚本が雑ですね。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 森田芳光
脚本 森田芳光
原作 小林信彦
製作 黒澤満、青木勝彦
出演者
仲村トオル
髙嶋政宏
藤谷美和子
石田ゆり子
音楽 梅林茂
主題歌 上田正樹「悲しい色やね」
撮影 前田米造
編集 冨田功
製作会社 東映、サンダンス・カンパニー
配給 東映
公開 日本の旗 1988年12月10日
上映時間 102分

★概要ネタバレ
夕張組組長の1人息子である夕張トオルは、浪花銀行に勤めている。
父はこれまでの懺悔と称してお遍路に出るが、
元三池組の山田にバットで殴られて負傷する。

トオルは友人である三池組の桐山と、
両方ともに手出しはしないと約束を交わす。

トオルが担当していたゲーム会社クリスは、
社長が夕張組のカジノで負け続けたことが原因で、
株券の大半を夕張組に譲渡していた。

トオルはクリスの社長に就任すると決めた。
銀行はやめる。
夕張組を解散させて組員を会社で働かせる。

トオルはカジノハウスを広げ、日本のラスベガスを作ろうと考えていた。
夕張組の解散と同時にヤクからは完全に手を引いたはずだったが、
幹部だった盛山は黒浜温泉で密かにヤクを流し始める。
知った桐山は盛山を殺害する。

トオルは黒浜温泉に日本のラスベガスを作る計画を立てる。
三池組は計画を潰そうと、組長は桐山に潰せと命じるが、
桐山は拒否する。
襲われる桐山。 
トオルの仕業だと思わせる。
夕張組元組長は三池組長の頭をとると宣言するが、逆に殺される。
トオルは単身のりこむが元夕張組も加勢する。
三池組長を射殺

THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line