FC2ブログ

映画マディソン郡の橋~偏見で観て驚いたクリントイーストウッドの作品



映画「マディソン郡の橋(1995)」

オースティンの作品に
「プライドと偏見」がある。
好きな作品だ。 

彼女は毛嫌いしていたのは
偏見だと気づき、
それまで嫌いだった男に恋してしまう。

しかし、どうして人は
偏見を持つのだろう。

私も映画で偏見ばかりだ。

本作「マディソン郡の橋」 を初めて観た。

これは不倫もの、男として許せない。
ずっと観るのを避けていた。

観てみて、偏見だったことがわかった。

大ベストセラーの映画化らしく
それも熟年の不倫。

この映画って日本的、フランス的。

おそらくアメリカでウケタのは、
今までにない、偲ぶ・忍ぶ恋だからだろう。

クリントイーストウッドの作品は
ハリウッド風より日本的。
これはタランティーノも同様。
二人の作風は日本的に思えてならない。

ストレートな表現を好むアメリカ人には
この抑制が理解できそうにないと思う。

しかし、それを理解できるように表現されている。

「ゴースト」も東洋的で死んだ後の話しなど、
アメリカ人に目新しく感じただろう。

====

本作の要点は

「長いあいだ、わたしはあなたに向って、
あなたはわたしに向って歩いてきたのです」

「はるか昔から、この世に生まれる前から、
わたしたちは互いに相手に向って旅をしていたのです」

ロバートは後の手紙にこう書いている。
互いの結びつきを
これほど確信しながら、
フランチェスカは
これまでの生活を捨てることを選ばず、
ロバートは独りウィンターセットを去る。

その後二人が会うことは
二度となかったが、
共にすごした短い時間が、
互いの人生にどんな意味をもたらしたか、
フランチェスカは子供たちに宛てた手紙に残した。

いつもお互いを思うだけの思いが、
今の生活を支えていたと。

==

私の映画ショートその1

4日間だけ彼女は少女に戻った。

ア賞を、とれなかったのは、
不倫だからだろう。

私の中にも、
はたしてこれでいいのだろうか? 
社会モラルに反する。

母は不倫してはいけないのだ。

母は、いつも良い母であってほしい。

妻はたった4日間の不在で不倫する。
これは旦那には痛まれない。

そんな不倫を
賛美するかのような映画は、
あってはならないと思う気持ちが片方にある。
しかし、この映画はよくできている。

========

この映画の裏話

========

名作ができるためには
常に対立があるものだ。

絶対妥協しない。
だから名作となる。

1.脚本の対立

★原作に忠実であるべきだ。

最初の監督はクリントではなかった。

映画化にあたっては
複数の脚本家が書いた。

監督は、ある脚本家の脚本で
映画を進めることを決めた。

製作者側(スピルバーグ)は、
その脚本に疑問を持った。

監督の採用した脚本は
原作から逸脱しすぎていた。

製作側はリチャード・ラグラヴェネーズが
書いた脚本がふさわしい。

製作側と監督側で、もめた。

おそらく不倫して
二人はハッピエンドの、
いつものハリウッドの話しに
なってしまっていたのだろう。

クリント・イーストウッドは
リチャード脚本の支持派だった。

自分採用の脚本でなければと、
その監督は降りてしまう。 

それでクリントが監督をやることになった。

クリントは言う。

本作は原作に忠実な脚本の方がいい。

原作のファンを大事したい。
そして本作は、
誰にでも起こりうる出会いが
あるべき関係を超えた
愛へと深まっていく物語だ。

====

★脚本家リチャードは原作を語る

30歳未満の女友達は
皆、結末を、もどかしがった。
彼女たちは意のままに
生きられる時代に育ったからだ。

1965年の片田舎に暮らす主人公は違う。
あきらめるしか選択肢はなかった。


2.撮影場所でもめた

本作のロケーションは
全て小説に描かれたマディソン郡の実在の場所で行われた。

このロケーションも対立した。

この実在の橋を使うには、
一部撮影のために
橋を壊さなければならないので
セットで行うべきたと。

しかしクリントは、この実在の橋に、
こだわり、歴史協会と話し合い、
この橋を再び修復すること、
そして他の橋も修復するということで
撮影の許可をえる。

しかし撮影終了後に、
この橋は焼失して、
今あるのは再建された橋である。

撮影当時、日本人観光客が
何台ものバスで観光に来ていた。

撮影日は、お引き取りいただいた。
日本人らは、お目当てはクリントでなくて、
原作の聖地めぐりで、
原作本をバイブルのようにかかえていた。


3.配役

男優

★主人公はクリントそのものだ。

クリントはその当時65歳。
イメージがあわない。

しかしクリントを知っている人は、
みな思った。

この主人公はクリントそのものだ。
性格も考え方も、
本物の彼そっくりだ。

突然に野の花を摘むシーンがある。
これは本当に彼の癖だ。

クリントは言う、
主人公は僕そのものなので
地の演技ができた。


★もめた女優

イザベラ・ロッセーニが最有力候補だった。

クリントは、この役は
メリル・ストリープしかいないと思った。
しかしイメージがあわないという意見が多数だった。

彼女は作品ごとに
別人に変わる「カメレオン」と異名をとる。

クリントは直々に初対面のメルリに電話して要請した。

彼女は言う
本作は、近年まれにみる、
大人のラブストーリー
それぞれ人生経験を積んだ。

実を結ばずに終わった二人の夢物語

===

編集担当は言う

40年代の恋愛映画のような味わい深さを

クリントが見事にカメラに収めた。

あの有名なダンスシーン
メリルのキスしそうで、しない、ためらう、ためらう
じれったい演技、うまい。

====

クリント監督のやりかた

メリルはクリント映画に
初出演して驚いた。

常に、ぶっつけ本番でやるの?

「ほとんどそうだ。

最初のテイクをつかう、
二度撮影することはない。」
と関係者が言う。

「それは嬉しい 同じ演技はできないわ」
とメリルが答えた。

クリントは言う。
人生にも映画にも完璧はない。
最初のテイクがすべてだ。

監督はアクションとか、カットとか言わない。

「いつでもいいよ。始めようか」
と小声で言うそうだ。

演技に注文をつけることはない。
役者に演技は全面的に任せる。

お互いが知り合う前は、
画面のアップはしない。
親しくなるまでは
距離感を持たせるロングショットで。


=====

私のショートその2

不倫なので 
男としては 
うかうかしていられない。

たった4日間の不在で。

でも、もう以前から 
彼女はいつでも 
燃えそうになる直前だったのですね。

女性の立場になってみると
この物語は素晴らしい。

こんな誠実な男もいるんですね。

男の家のドアの閉め方だけで判断される。

母もひとりの女なんですね。
主人公カメラマンの愛用カメラは
ニコン社製ですね。

★息子と娘の反応の違い

母が初めて男と結ばれる告白日記を読んで、
息子は、たまらなくなり外へ抜け出す
娘は共感をえて、
その情景を思い浮かべて、ひたる。

★彼女のドアのノブためらい

雨の中、彼は最後の顔を見せる。
運悪く、彼の車の後方に、
夫と乗る車が着いて、信号待ち。
おもわず彼女が車を降りようと、
ドアのノブに手が。。。
ここは話題のグットくる場面ですね。

===

★名セリフ

「自分でも分かっている。

初めて言う言葉だ。

これは生涯に一度の確かな愛だ」

===

意外な話し

★男泣き

クリントが台所で男泣きするシーン。

これはメリルも映画関係者らも、
彼の一大名シーンだと言う。
しかしクリントは最終版で
カットを指示したそうだ。

★タバコ嫌い

クリントはタバコが嫌いで、
吸うシーンは苦手。

★クリントの息子

ジャズクラブでクリントの実の息子が弾いている。

======

★マディソン郡の橋には続編がある。

終楽章

よみがえる<永遠の四日間>。

あのときの感動を、
あなたは覚えていますか?
1981年、ロバート・キンケイドは68歳になり、
すでにフリー・カメラマンの仕事を引退し、
小島の小屋でつつましい暮らしをしている。

しかし、あの運命の四日間から
16年経ったいまも、
フランチェスカへの秘めた想いは
消えることがない。

それを確かめるためにも、
最後にもう一度マディソン郡の橋を見に行こう、
と彼は思い立つ。

いっぽう、一年前に夫を亡くし、
60代になったフランチェスカは、
いまも日課としてローズマン・ブリッジへの散歩
を欠かしたことがない。
ひょっとして、
いつかまたロバートがやってくるかもしれないという
はかない願いを抱えながら・・・。

大ベストセラー小説
「マディソン郡の橋(1992)」の完結編
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

なかなか映画生活に戻れずにいる私ですが‥
こちらのブログもとても雰囲気があって
mixiの方とはまた少し趣が違ってステキです。

この続編があったなんて知りませんでしたね。
でも、どこかですれ違ったり行き会ったりするかも‥
という想いはすっごくわかりますね~
別にその人への想いが残っていてもそうでなくても
いつまでもそういう気持ちって、ふとした瞬間に
湧いてくることがあるものなんですよね。

Re: こんにちは

コメントありがとうございます。

ミクシー日記のアップ版です。

メルリと大人になった息子、娘とは

映画では会わないので

メルリが彼らの撮影シーンに登場して

二人を抱きしめて 帰っていったそうですね。

その話しに感動しました。

「私の子供達ね」
line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line