fc2ブログ

喜びなき街(1925)D〜グレタ・ガルボ 米騒動のウィーン版


喜びなき街(1925)D〜グレタ・ガルボ 米騒動のウィーン版

★数行で映画紹介しなければ
第一次世界大戦後の貧乏どん底のウィーンをえがく。
スウェーデンから招かれたグレタ・ガルボ出演。
ガルボの唯一のドイツ映画。
グレタ・ガルボ1925

★ショウトしょうとSHORT

大正時代の米騒動のウィーン版でしょうか?

グレタ・ガルボとは思えない顔です

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 ゲオルク・ヴィルヘルム・パープスト
脚本 ヴィリー・ハース
原作 フーゴー・ベッタウアー
出演者
アスタ・ニールセン
ヴェルナー・クラウス
グレタ・ガルボ
撮影 ロベルト・ラッハ
クルト・エールテル
グイド・ゼーバー
編集 アナトール・リトヴァク(クレジットなし)
マルク・ソルキン(クレジットなし)
配給 日本の旗 メルカトル商店
公開 ドイツの旗 1925年5月18日
日本の旗 1928年9月28日
上映時間 175分(最長版)
製作国 ドイツ

★概要ネタバレ
1921年ウィーン。
大戦に敗れたドイツ・オーストリアはインフレの嵐に巻き込まれていた。

肉屋には連日長い列ができているが、店主は富裕層に高額で売りつけるため、
貧乏人には肉を売らない。
列の中にグレタ(グレタ・ガルボ)とマリアいう二人の美しい娘の姿があった。

洋品店のグライファー夫人は、洋品店のほかにナイトクラブやホテルも経営し、
借金のカタに若い娘を自分のクラブで働かせ、売春のあっせんをしていた。
クラブでは、経済の混乱に乗じて財産を築き上げた成金たちが
夜な夜なパーティを開いた。
考えるのは金と女のことばかり。
出入りするマダムらはひとときの情事にふけるのでした。

マリアはエゴンという恋人がいたが、
彼には他にも複数人の恋人がいた。
エゴンに金を貢いでいて、クラブに身売りする。
マリアが客とホテルにいた夜、
隣室でエゴンが他の女と密会しているのを見てしまう。
エゴンが帰った後、嫉妬で逆上したマリアは、
相手の女を殺した上に、犯人はエゴンだと証言する。
我に返ったマリアが自首したため、エゴンの冤罪は晴れた。

グレタはタイピストとして働きながら、
官吏を退職した父と幼い妹を養っていたが、
上司のセクハラに耐え切れず会社を辞めてしまった。

父は退職金を相場につぎ込み一山当てようとしたが、
株の大暴落によって全財産を失った。

一家は自宅を下宿屋とし、米国士官デーヴィーに部屋を貸すが、
妹がデーヴィーの部屋から缶詰を盗んだのが発覚し、
デーヴィーは部屋を出ていく。
60ドルの借金返済が迫った。
グレタはクラブで働く。

クラブに来たデーヴィーはグレタを見つける。
グレタは60ドルのためにクラブで下着を来て踊るはめに
なって控室で悲しんでいた。
デーヴィーは控室に入って、グレタに尋ねた。
「君は、いったいここで何をしているんだ?」
「家族のためです」
デーヴィーはがっかりしてクラブを出る。
グレタの父とばったり会う。
「娘はどこにいますか?」
「クラブの控室にいます」
「そうですか、60ドルの小切手を見せて、
娘に不憫なことをした。やめさせます」
聞いたデーヴィーは一緒にクラブの支配人にかけあい。
グレタはお役御免となった。
デーヴィーは言った。
「良かった。結婚してくれないか?」
(YOUTUBEの100分カット版より)
〜〜〜
不確かですが175分版は以下の結末らしいです。

貧しい民衆は蜂起し、金持ちが集う高級サロンを襲った。

混乱の中、肉屋の主人は血みどろの死体となっていた。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line