fc2ブログ

國民の創生(1915)D〜米映画最初の長編


國民の創生(1915)D〜米映画最初の長編

★数行で映画紹介しなければ
1915年公開の無声映画
アメリカ映画で最初の長編映画
内容は黒人差別と南北戦争

★ショウトしょうとSHORT

KKKは最初は善良な団体だった??
本作では
現存する人種差別組織KKK(クー・クラックス・クラン)が英雄的に、
黒人を悪役として描いている。

★映画表現を基礎づけた作品と言われる。
「映画の父」D・W・グリフィスがニューヨークから
カリフォルニアに製作拠点を移動した。
ハリウッドの誕生?

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
The Birth of a Nation
監督 D・W・グリフィス
脚本 フランク・ウッズ
D・W・グリフィス
トーマス・ディクスン
原作 トーマス・ディクスン(英語版)
製作 D・W・グリフィス
製作総指揮 ハリー・E・エイトキン
出演者 リリアン・ギッシュ
ヘンリー・B・ウォルソール(英語版)
メエ・マーシュ
音楽 ジョセフ・カール・ブレイル(英語版)
撮影 ビリー・ビッツァー(英語版)
D・W・グリフィス
編集 D・W・グリフィス
ジョセフ・ヘナベリー
ジェームズ・スミス
ローズ・スミス
ラオール・ウォルシュ
配給 アメリカ合衆国の旗 エポック・プロデューシング
日本の旗 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1915年2月8日(ロス)
アメリカ合衆国の旗 1915年3月3日(NY)
日本の旗 1924年4月25日
上映時間 165分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
北部の有力国会議員オースティン・ストーンマンの息子フィルは、
弟のトッドを連れて寄宿学校の友人であるベン・キャメロンが住む
南部サウスカロライナ州ピードモントを訪れた。

ベンはフィルの妹エルシーに恋をした。

南北戦争が始まる。
北部のストーンマン家、南部のキャメロン家は、子息が兵隊になる。

南部のピードモントは攻撃を受け、キャメロン家も被害にあう。

トッド・ストーンマンとデューク・キャメロンは
敵味方として再会したが両者戦死する。
キャメロン家の次兄も戦死するが、
前線で奮戦し負傷した長兄ベンは、フィル・ストーンマンに助けられる。

ベンの入った軍の病院にはエルシーがナースとして働いていた。

ベンは彼女にフィルから失敬していた彼女の写真を見せた。
母(キャメロン夫人)が南部からはるばる面会に来たが、
「ベンを処刑せよ」という圧力がかかってのを知る。
キャメロン夫人はエルシーにリンカーン大統領の執務室へと連れられて
大統領に息子の助命を願い出ると受け入れられた。

リー将軍がグラント将軍に降伏し南北戦争は終わる。
除隊になったベンが帰郷する。
小さかった下の妹フローラはすっかり娘らしくなっていた。

1865年4月14日、観劇中に大統領が撃たれる。
観客席にいたフィルとエルシーは目撃する。
寛大な大統領の死は再建を始めた南部に暗い影を落とす。

リンカーンの死によって、南部の急進的改革を唱えるストーンマン議員は
国政において絶大な影響力をもつようになる。

ストーンマンは白人・黒人混血の青年サイラス・リンチを
黒人優遇政策の実行のために南部に派遣し、
リンチはピードモントを拠点に活動した。

ストーンマン自身も病気療養のために
子供たちと共にピードモントに行きキャメロン家に部屋を借りる。

フィルの妹エルシーはフローラ・キャメロンとすぐ仲良しになる。
ベン・キャメロンはリンチと握手すらしない。
弟二人を失ったマーガレット・キャメロンはフィルに対してまだわだかまりがあった。

南部の政治は無知な黒人たちと一旗揚げようと
から移ってきた白人たちに牛耳られる。
リンチが知事代理に選ばれる。

裁判では白人に不公平な判決が下り、黒人が多数派を握った州議会は混乱し、
黒人兵が暴虐をはたらく。
南部の秩序を回復するためにベン・キャメロンは同志と共に、
秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)を結成する。

ベンは白人の子供が白い布をかぶって幽霊の格好をして黒人の子供を怖がらせているのを見て、
KKKの白装束を思いつく。

黒人兵ガスがフローラに目をつけキャメロン家の周りをうろつくようになる。
ベンの警告を無視して外に遊びに出たフローラにガスが近づいて求婚するが、
フローラはガスをぶって、森の中を逃げる。
崖の上に追いつめられてしまう。
フローラを心配してベンが探しに来るが一足遅く、
フローラは崖下に身を投げ、兄の腕の中で息を引き取る。

町の白人たちはガスを捜索しつかまえる。
KKKの公平な裁きにより処刑されたガスの死体は
サイラス・リンチのオフィスの前に投げ捨てられる。

キャメロン家でKKKの装束が発見されベンの父が逮捕される。
エルシーはキャメロン氏の助命嘆願のために
一人でリンチの元に行く。
リンチはエルシーに自分との結婚を強制しようとする。
拒否したエルシーは監禁される。

ベンの率いるKKKの大騎馬隊がピードモントの町を襲う。
黒人兵たちから解放し、ベンがエルシーを救出する。
他の被害者も助け出す。
町の人々はパレードするKKKの騎馬隊は歓迎する。
ベンとエルシー、フィルとマーガレットの二組は夫婦となり新婚旅行に行った。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line