fc2ブログ

恋多き女(1928)D〜グレタ・ガルボの悲恋

恋多き女(1928)D〜グレタ・ガルボの悲恋

★数行で映画紹介しなければ
親の反対で恋人と別れたグレタ・ガルボは
結婚するが、夫は自殺。
七年後に恋人に再会するが。

★ショウトしょうとSHORT

邦題が不満足です。

「糸」みたいな映画ですかね

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
A Woman of Affairs
監督 クラレンス・ブラウン
脚本 ベス・メレディス
原作 マイケル・アーレン
出演者
ジョン・ギルバート
グレタ・ガルボ
音楽 ウィリアム・アクスト
撮影 ウィリアム・H・ダニエルズ
編集 ヒュー・ウィン
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1928年12月15日
日本の旗 1930年10月
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
ダイアナ・メリックは両親が病没して以来
弟のジェフリーと2人で莫大な遺産で豪奢な生活を送っていた。

ダイアナはサー・モートン・ホルダネスの息子ネヴィルと年少の頃から愛し合っていた。

2人が年頃になるとサー・モートンは息子とダイアナの結婚に反対した。
ネヴィルは父が承認しなくとも結婚すると言った。

父サー・モートンはダイアナとの結婚は絶対に許さぬと言い渡し
息子をエジプトに行かせた。

ダイアナは恋慕しているデヴィッド・ファーネスと結婚しカンヌに新婚旅行に行った。

デヴィットはダイアナの愛を得るために小切手を偽造していた。
警察がやってきた。
彼は窓から飛び降りて自殺を遂げた。

ダイアナは小切手の代金を弁償して故人の罪を償った。
デヴィッドの自殺の原因を不問にしたので
ダイアナは世の疑惑と糾弾を受けた。
恋人ネヴィルさえ彼女を信じなくなつた。

ダイアナは事件以来7年間欧州大陸に住んでいた。
弟が重体だというのでロンドンに行く。
危篤のジェフリーは姉の面会を拒んだ。
ジェフリーはデヴィッドの自殺が姉に原因があると思っていたのだ。

ネヴィルと再会してしまう。
コンスタンスと婚約していたネヴィルの心は矢張りダイアナにあつた。
2人の恋の焔は激しく燃えた。

弟ジェフリーが死んだ。
ネヴィルを不幸にしないように、彼から消えた。

ネヴィルはコンスタンスと結婚した。

ダイアナが病床に就いて、ネヴィルの名を連呼したので、
医師はネヴィル夫妻を枕頭に呼んだ。

ネヴィルはコンスタンスと別れてもダイアナと再婚しようと決意した。
父サー・モートンは激怒したが死去した。

ダイアナはネヴィルと共に南米へ行く約束をしたが、
自分のために多くの人々を死なせた事を悔い、
あの想い出深い愛の誓いの樹に自動車を衝突させて自ら死んだ。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line