fc2ブログ

刑事ジョン・ブック(1985)B〜アーミッシュの人々


刑事ジョン・ブック(1985)B〜アーミッシュの人々

★数行で映画紹介しなければ
事件をきっかけに特殊な生活様式に従って
生活するアーミッシュの人々と触れ合うことになる
刑事ジョン・ブックの姿を描く

★ショウトしょうとSHORT
なかなか良くできた作品で、監督が言うように
恋愛映画ですね。

★アーミッシュは、スイスからの移民集団で、
アメリカ合衆国のペンシルベニア州や中西部、カナダのオンタリオ州などに居住する。
移民当時の農耕や牧畜の自給自足の生活スタイルを現在も維持している人々です。
原則として、電気や電話を使わない生活スタイルで、
移動には自動車ではなく馬車を用います。
========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Witness
監督 ピーター・ウィアー
脚本 ウィリアム・ケリー
アール・W・ウォレス
原案 ウィリアム・ケリー
アール・W・ウォレス
パメラ・ウォレス
製作 エドワード・S・フェルドマン
出演者 ハリソン・フォード
ケリー・マクギリス
ルーカス・ハース
音楽 モーリス・ジャール
撮影 ジョン・シール
編集 トム・ノーブル
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年2月8日
日本の旗 1985年6月22日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
夫を亡くしたレイチェルと息子サミュエルは、ペンシルベニア州ランカスター郡のアーミッシュの村から親族のいるボルチモアへ行く途中だったが、乗り換えの駅のトイレでサミュエルは2人組による殺人を目撃する。

事件を担当する刑事ジョン・ブックは母子を半ば強引に警察署へ連れて行き面通しを行うが、そこには殺人犯の姿はなかった。面通しには時間がかかるため、ホテルに宿泊させると勝手に帰られる恐れがあり、ジョン・ブックは自分の妹の家に母子を宿泊させる。しかし署内に掲示されている新聞の切り抜きをたまたま見たサミュエルが犯人の1人が署内の麻薬課マクフィー刑事であることに気づく。ジョン・ブックは、すぐシェイファー本部長に相談し犯人逮捕の善後策を練り、マクフィーが指揮した捜査で麻薬の原料P2P(フェニルアセトン)が大量に押収されたが、紛失していたことを本部長に報告する。しかし、その日のうちにジョン・ブックは駐車場でマクフィー刑事の襲撃を受け負傷してしまう。

マクフィーが犯人であるという事実は、シェイファー本部長以外には口外していない、すなわち本部長もグルで母子が非常に危険な状況であると判断したジョン・ブックは、妹にも行き先を言わず、自分の車と妹の車を取り換え、母子を秘密裏にアーミッシュの村に送り返すが、彼自身も傷が深くその場で倒れてしまう。

銃創を病院で治療すると警察に通報されてしまうため母子の家で傷を癒す事にしたジョン・ブックはアーミッシュの生活に入り込み、酪農作業や大工作業を手伝う一方で、相棒の刑事とコンタクトをとり、彼らの村がどこにあるか特定できないようサミュエルの調書を隠すように依頼し時間を稼ぐ。しかし何度目かの電話で相棒が殉職したことを知り、本部長による暗殺であると確信したジョン・ブックは苛立ちのあまりアーミッシュをからかう観光客に対し暴力をふるってしまう。

平和主義者のアーミッシュによる暴力事件は前代未聞であり、この事件を契機にジョン・ブックの潜伏する家を特定したシェイファー本部長は、殺人犯の2名を引き連れ目撃者とジョン・ブックの暗殺に乗り込んでゆく。殺人犯2名はジョン・ブックにより倒されるが、シェイファー本部長はレイチェルを人質にとりジョン・ブックを追い詰める。しかし隙を付いてサミュエルが鐘楼に登り鐘を鳴らし危機を知らせたため村人が大勢集結し、シェイファー本部長もこれまでと観念し銃を下ろす。

事件が解決し村に留まる理由がなくなったジョン・ブックは、レイチェルと互いに思いを寄せていることをわかっていたが、住む世界が違うこともまたわかりあっていた。2人は交わす言葉もなく別れて、ジョン・ブックだけが村を出ていく。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line