fc2ブログ

アマデウス(1984)B〜モーツァルトを殺したのは私です


アマデウス(1984)B〜モーツァルトを殺したのは私です

★数行で映画紹介しなければ
自殺をはかった老人・アントニオ・サリエリが、精神病院に運ばれた。
「許してくれ、モーツァルト!君を殺したのは私だ」と言い続けていた。
神父が話を聞きだす。

★ショウトしょうとSHORT
天才であるゆえに、他人に無礼で高慢
故に極貧でもあるモーツァルト

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Amadeus

ブロードウェイの舞台『アマデウス』の映画化

アカデミー賞
作品、監督、主演男優、脚色、美術、衣裳デザイン、
メイクアップ、音響の8部門を受賞

監督 ミロス・フォアマン
脚本 ピーター・シェーファー
原作 ピーター・シェーファー
製作 ソウル・ゼインツ
製作総指揮
マイケル・ハウスマン
ベルティル・オルソン
出演者
F・マーリー・エイブラハム
トム・ハルス
音楽 ジョン・ストラウス
撮影 ミロスラフ・オンドリチェク
編集 マイケル・チャンドラー
ネーナ・デーンヴィック
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年9月19日
日本の旗 1985年2月2日
上映時間 158分
180分(ディレクターズ・カット版)
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ

1823年、年老いた元宮廷音楽家・アントニオ・サリエリが
剃刀で自殺を図ります。
病院へ運ばれる間、意識が混濁しながらも、
モーツァルトを殺したのは自分だと言い続け、
盛んに謝罪の言葉を口にします。
精神病院に収容された彼は、フォーグラーという若い神父の訪問を受けます。
自殺未遂に至った理由を聞こうというのです。
初めは不機嫌だったサリエリもやがて口を開き、長い長い”告白”を始めます。

若い頃、サリエリは音楽家を目指しつつも、
息子を商売人にさせたい父親のせいで志望を一旦は放棄。
父親が急死したため、本来の希望を叶えました。
皇帝・ヨーゼフ2世にも気に入られて宮廷音楽家となり、栄光は頂点に。
自分は天才作曲家と有頂天になる。
神童モーツァルトがウィーンにやってきた。
サリエルはモーツァルトの音楽に圧倒される。

モーツァルトは、やることなすことが礼儀を外れていた。
おならまでしてしまう。下品で苦労を知らないお坊ちゃま。
サリエルがモーツアルトへ捧げた自作曲も勝手に改変されるという屈辱を受け、
サリエリの戸惑いは怒りへと変わります。
しかも改変された方が優れた曲になっていた。

無力感も交って憎悪がさらに募るのです。
サリエリは自分の地位を利用し、
皇帝の姪の音楽教師の口をモーツァルトに与えるという提案を邪魔したり、
「フィガロの結婚」の上演に関して皇帝の不興を買うように仕向けたり、
モーツァルトの生活を困窮に追いやった。

精神的にも肉体的にも疲労したモーツァルトを変装したサリエリが訪問。
レクイエムの作曲を依頼します。
金のために仕事を引き受けるモーツァルト。
「魔笛」上演中に倒れ、
サリエリ自身がモーツァルトを家へ運び込んだ。
病床についたモーツァルトは、サリエリの申し出に従い、
助手にしてレクイエムの作曲を続けます。
翌朝、最後の力を使い果たしたモーツァルトは永眠。
何の敬意も払われず、共同墓地に葬られます。
長い告白を終えたサリエリは相変わらずモーツァルトへの謝罪を口にしながら、
間もなく訪れるはずの死を虚しく待つのでした。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line