fc2ブログ

イージーライダー(1969)D〜ヒッピー受難


イージーライダー(1969)D〜ヒッピー受難

★数行で映画紹介しなければ
麻薬の密売に成功し大金を稼いだ2人のヒッピーが
バイクに乗り、差別の激しい南部に旅に出る。

★ショウトしょうとSHORT
私的には、つまらないストーリーでした。

変形バイクとシーンチェンジなど撮影手法は斬新
印象に残るのはジャック・ニコルソン(アカデミー賞助演男優賞にノミネート)

音楽が最高
ステッペンウルフやジミ・ヘンドリクス
========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Easy Rider
監督 デニス・ホッパー
脚本 デニス・ホッパー
ピーター・フォンダ
テリー・サザーン
製作 ピーター・フォンダ
出演者 ピーター・フォンダ
デニス・ホッパー
ジャック・ニコルソン
音楽 ザ・バンド
ザ・バーズ
ホーリー・モーダル・ラウンダーズ(英語版)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
ロジャー・マッギン
ステッペンウルフ
撮影 ラズロ・コヴァックス
編集 ドン・キャンバーン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国 1969年7月14日
日本の旗 1970年1月24日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
ロサンゼルスから来たワイアット(ピーター・フォンダ)と
ビリー(デニス・ホッパー)はマリファナの密輸で金を稼ぐバイク乗りです。
2人の目的はニューオーリンズの謝肉祭に行くことでしたが、
2人はその外見などで差別を受けてホテルを取れず、
しばしば野宿をしていました。

タイヤのパンクを直すためにとある家族の家を訪れます。
その家族と別れて走っていると、ヒッチハイキングをする男性(ルーク・アスキュー)がいました。
ワイアットとビリーは男性を拾い荒野を走っていくと、大勢の旅人を受け入れているコミューンへとやって来ます。
そこでは、砂地で雨も降らない場所で懸命に種まきをする人々がいて、ヒッチハイカーはそこにいたサラという女性にかつて会ったことがあるようでした。

ワイアットは集落のリサという女性に好かれます。ワイアットは食事をさせてもらったお礼に、谷の向こうに連れて行って欲しいというリサの頼みに応え、ビリーとサラも連れて4人で出かけます。

ワイアットとビリーはヒッチハイカーやサラ、リサたちと別れ、とある町に到着しますが、マーチング・バンドにバイクでついて行ったことが無許可デモだと誤解され、警察に捕まってしまいます。
2人は酔っぱらって刑務所に入っていた、刑務官さえも味方につけている弁護士のジョージ・ハンセン(ジャック・ニコルソン)と同じ部屋になります。
彼の父親は警察でさえも手を出せない人物のようです。

彼に取り合ってもらい、刑務所から出してもらうことに成功した2人は、
ハンセンがずっと謝肉祭に行きたがっていることを知り、バイクに乗せることにします。
ワイアットとビリーは、ハンセンから南部随一と名高い娼家の名刺をもらうのでした。

3人はその夜に野宿をして過ごします。
ワイアットとビリーはマリファナを毎日吸い続けており、
ワイアットはハンセンにマリファナを勧めます。
ビリーはUFOを見たと主張しますが、ハンセンはマリファナの効果により、
ビリーに宇宙人の存在を長々と説いていました。

翌日、3人は途中でレストランへ入りますが、
保安官や男性客たちにずっと罵られて気まずくなったので、すぐに店を出ます。
その晩またも3人は野宿をすることになりますが、
ハンセンは、あの男たちはビリーたちに自由を見ているから嫉妬しているのだと2人を元気づけます。

その後、3人はあの店にいた仲間の暴漢に襲われ、運悪くハンセンが殺されてしまう。

ニューオーリンズへと着いた2人はハンセンの意を汲み取り、名刺にあった娼家へと向かいます。
メアリー(トニー・バジル)という女性に出会ったワイアットはビリーたちも連れて、
外へ出て謝肉祭へと繰りだし、ドラッグを使用します。
娼家を後にし、いつも通り走っていると、
アウトローかつ長髪であるビリーが気に食わない白人主義者の男たちが車で現れ、
猟銃を撃って脅かそうとしてきた。

放った銃が当たり、ビリーが倒れます。
衝撃を押さえられないワイアットはバイクに乗り、急いで車を追いかけますが、
結局撃たれて亡くなってしまう。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line