fc2ブログ

1917 命をかけた伝令(2019)B〜第一次世界大戦の塹壕戦


1917 命をかけた伝令(2019)B〜第一次世界大戦の塹壕戦

★数行で映画紹介しなければ

第一次世界大戦を舞台に
英国陸軍の若き兵士が辿るある1日を描いた物語

★ショウトしょうとSHORT

戦争の悲惨さをリアルに再現。

評価「第一次世界大戦の塹壕戦を驚くほどの生々しさで捉えきっている」

制作費用が、かかっていそう。
戦争の残酷さをえがくが戦争は一人の狂人によって起こる。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
1917

監督 サム・メンデス
脚本 サム・メンデス
クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
製作 サム・メンデス
ピッパ・ハリス
カラム・マクドゥガル
ブライアン・オリヴァー
製作総指揮 ジェブ・ブロディ
Ricardo Marco Budé
イグナシオ・サラザール=シンプソン
出演者 ジョージ・マッケイ
ディーン=チャールズ・チャップマン
マーク・ストロング
アンドリュー・スコット
リチャード・マッデン
クレア・デュバーク
コリン・ファース
ベネディクト・カンバーバッチ
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 リー・スミス
製作会社 ドリームワークス
リライアンス・エンターテインメント
アンブリン・パートナーズ
ニュー・リパブリック・ピクチャーズ
配給 イギリスの旗 エンターテインメント・ワン
アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開
アメリカ合衆国の旗 2019年12月25日
イギリスの旗 2020年1月10日
日本の旗 2020年2月14日
上映時間 119分
製作国 イギリス
アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
1917年4月、フランス北部。

トム・ブレイクとウィリアム・スコフィールドは英国陸軍の若き兵士。

ブレイクはパートナーを1人選び、陸軍司令官・エリンモアに会うよう命じられます。
傍でうたた寝をしていたスコフィールドを起こし、2人はエリンモアの所へ。

1600人の歩兵から成る英国第二大隊の指揮官・マッケンジーは後退するドイツ軍を
翌朝攻撃する作戦を準備していた。

上空を偵察した空軍からもたらされた情報により、
ドイツ軍が英国軍をおびき寄せる為に敢えて撤退し待ち伏せて奇襲する作戦だとエリンモアは説明。

通信網が破壊されている為、マッケンジーへ攻撃中止を直接伝える任務を司令官は2人に託します。

第二大隊に兄・ジョセフが居るブレイクは、緊張の面持ちでエリンモアに敬礼。
「諸君等が任務に失敗すれば、ブレイクの兄も含め1600人全員皆殺しになる」、
双方こう着状態にある土地を越え、ドイツ軍支配下のテリトリーを抜ける厳しいミッションでした。

2人は地図、信号灯、そして缶詰を渡されます。
スコフィールドは日が暮れるのを待って進んだ方が敵に察知されにくいと提案しますが、
兄の命が懸かっているブレイクは勇み足。

「およそ8時間の距離だ。まだ余裕がある」そう言葉をかけるスコフィールドに対し、
「そんな悠長なことを言うのは、お前の兄じゃないからだ」とブレイクは速足で塹壕を進んでいきます。

隊の最前線に着き梯子を上って首を出した2人は、
匍匐前進(ほふくぜんしん)。
死んだ馬にたかる無数の蠅を横目に有刺鉄線が張り巡らされたバリケードを抜け、
隊の陣地から踏み出します。

カラスやネズミが群がる兵士の遺体が転がるクレーターを、身を屈めながら進むブレイクとスコフィールド。
粘土化した足場の悪い地を周囲に視線を走らせながら前へ足を動かし、
ドイツ軍が陣取っていた塹壕へ到着。
情報通りに もぬけの殻だと分かった2人は息を整え、
身を隠して進める塹壕内のトンネルを抜ける。

ドイツ兵士達が生活をしていたであろう様子が窺える内部は簡易ベッドがたくさん備えてあり、
家族の写真が残されていました。
ドイツ軍が仕掛けていった爆弾を発見、ネズミが通って爆発。
ブレイクは吹き飛ばされ、スコフィールドは崩れた瓦礫の生き埋めに。

ブレイクは埋もれたスコフィールドの腕を引っ張り出し、
2人は連鎖崩壊を始めたトンネルを何とか脱出。

危うく死にかけたスコッフィールドは、
なぜ自分をパートナーに選んだのかと恨み節。
ブレイクは、任務の内容を知らなかったと言い返し、
戻りたければ好きにしろと反論しながらも、不安げな表情をした。

水筒に入っていた水を使い切って目を洗浄したスコフィールドは、
ブレイクから貰った水で喉を潤し、気を取り直します。

先を進んでいくと、目の前に大平原が広がり、荒れ果てた民家が見えてきます。

2人は偵察する。
無人で人の姿は無く、1頭の牛だけが取り残されていた。
バケツに入ったミルクを口に含むとまだ飲める状態だった。

スコフィールドが空になった水筒にミルクを入れていると、
上空で戦闘機が飛来する音が聞こえてきます。
母屋から出てきたブレイクも空を見上げます。
英国軍とドイツ軍の戦闘機が低空で交戦中でした。

英国の攻撃に被弾したドイツ軍戦闘機は落下し一瞬平原の向こう側へ姿を消すものの、
再び浮上し2人が佇む民家に向かって墜落。

ブレイクとスコフィールドは、操縦席で身動きが出来なくなっているドイツ兵を救助します。

大怪我をしているドイツ兵を見たスコフィールドは、慈悲の殺害を示唆しますが、
ブレイクは水を飲ませるべきだと主張。
水を汲みに井戸へ行ったスコッフィールドが目を離した瞬間、
ドイツ兵は隠し持っていたナイフでブレイクの腹を刺してしまいます。

振り向きざまにドイツ兵を銃殺したスコフィールドは直ぐ駆け寄りますが、
致命傷を負ったブレイクは顔面蒼白。
「しっかりしろ。兄貴を見つけるんだろう?」
「僕とそっくりだから直ぐ分かる。僕の代わりに母へ手紙を書いてくれないか?」

スコッフィールドが大きく頷くと、
「怯えてなんかいなかったって、家族を愛しているって、そう伝えてほしい」
そう絞り出したブレイクは、第二大隊の駐屯地までの道のりをスコフィールドに復唱させます。

必ず任務を遂行し、ブレイクの兄を見つけると約束するスコフィールドの腕の中で、
ブレイクは静かに息を引き取ります。

スコフィールドは唇をかみしめ、ブレイクが司令官から受け取った伝令書を胸にしまい、
ブレイクが身に着けていた指輪を外してポケットにねじ込みます。

墜落した戦闘機の黒煙を追ってきたスミス大尉率いる英国部隊がスコフィールドを発見。

任務の内容を聞いた大尉はスコフィールドを途中までトラックに乗せます。
同年代の兵士達が交わす世間話を聞き流しながら、民家の庭へ残したブレイクに思いを馳せ、
肩を落とすスコフィールド。

橋が破壊されていた為大尉の部隊は迂回しなければならず、
その時間を失えないスコフィールドは単独で橋の欄干を渡って先を急ぐことにします。

そこへスナイパーから狙撃され、スコフィールドは応戦しながら建物の中へ。
狙撃手を仕留めるものの相討ちになり、スコフィールドは跳弾を受けて気絶。

意識が戻ると辺りはすっかり日が暮れ夜になっていました。
おぼつかない足取りで建物を出ると遠くに戦火が広がっています。

照明弾が次々に上がり、上空から戦闘で崩壊した町が光と影の中に浮かび上がり、
スコフィールドはゆっくり歩き始めます。

しかし、残存するドイツ兵達がスコフィールドを狙い銃撃。
銃を握りしめながらスコフィールドは縫うように走り猛る炎で燃え盛る町へ辿り着きますが、
複数のドイツ兵に追いかけられ、地下へ逃げ込みます。

隠れていたフランス人女性と彼女が助けた赤ん坊に出会い、
スコフィールドは水筒に入れておいた牛乳と所持していた食料全てを渡します。

彼女と片言の言葉でやり取りしながら、先にある川の向こう側が目的地だと確認。
夜明けが近づいていると気が付いたスコフィールドは、
ドイツ兵に発見されやすくなると案じる女性の制止を振り切り外へ足を踏み出します。

警戒しながら進むもドイツ兵と遭遇し、スコフィールドは相手を絞殺。
一目散に走り始めたスコフィールドをドイツ兵達が銃撃しながら追随。

空は群青色に染まり、まだ視界がはっきりしない中、スコフィールドは壁を越えて向こう側へ大きくジャンプ。
着地した先は流れの早い川で、激流にもまれスコフィールドの体は流されていきます。


滝つぼへ落下してやっと緩流になり、泳いで進んでいくとおびただしい数の死体が浮いています。
数々の遺体を乗り越え岸辺へ這い上がったスコフィールドは、抑えていた感情が溢れ地面に手をつき思わず号泣。

辺りはすっかり夜が明け、風に乗って聞こえてくる歌声を頼りに、
スコフィールドは斜面を登り始めます。
英国陸軍の軍服を着た若い歩兵達が円陣を組んで座り、中心で1人の兵士が美しい声で歌を歌っていました。

スコフィールドは、彼らが探していた第二大隊であり、攻撃開始の直前だと知ります。

最初の突撃部隊が塹壕で隊列を整える中、
スコフィールドは伝令書を渡すためマッケンジーを求め兵士を押しのけて進み始めます。

途中、今にも塹壕から飛び出す姿勢で待機する歩兵達に檄を飛ばす上官にスコフィールドは駆け寄ります。

「司令官の命令で作戦は中止です」
「大佐に言え」
「大佐は何処ですか?」
「塹壕の先だ。300メートル先だ!」

戦闘直前で高揚する上官は耳を傾けず、
兵士達で行く手が詰まっているのを見つめたスコフィールドは、
斜面を登り塹壕の外へ飛び出していきます。

時を同じくして最初の突撃部隊も塹壕外へ。
おびき寄せるようなドイツ軍の砲弾が次々に着弾し爆発。

真横に走るスコフィールドは
ドイツ軍の陣地目掛けて走る兵士達に倒されながら何度も起き上がり、
必死に走ります。

第二の突撃部隊が準備を始める中、
スコフィールドは遂にマッケンジーの居る場所へ辿り着きます。

「作戦中止命令が出ています。直ぐ中止してください!」

「お前は何者だ」

スコフィールドは敬礼し身分と名前を伝えます。
既に攻撃は開始されたと冷たく背を向けるマッケンジーに対し、

「これは軍の命令です。ドイツの罠です」

「ドイツ軍は撤退したんだ!」

「英国陸軍司令官が託した伝令書です」

勝利を確信するマッケンジーは訴えを無視しますが、
スコフィールドは、
大隊の全滅を狙うドイツ軍が何ヶ月も掛けて練った作戦だと説得。

「ドイツは攻撃を待ち受けているんです。手紙を読んでください」

スコフィールドに向き直り伝令書に目を通したマッケンジーは顔色を変えます。

「ちきしょう! これでドイツを叩けない。 お前は失せろ!」

攻撃中止を部下に命令するのを聞き安堵して大きく息を吐いたスコフィールドは、
ブレイクの兄・ジョセフ大尉を探しに出かけます。

平地に設営された野戦病院へ来たスコフィールドは、ジョセフを発見。
弟の訃報を聞いたジョセフは、
涙を堪え食事をしていくようスコフィールドを気遣います。

ブレイクの形見を手渡したスコフィールドは、
彼が一人ぼっちで息を引き取らなかったと手紙で母親へ伝えたいとジョセフに許可を求め、
ブレイクに命を助けてもらったことを話します。

「弟が君と一緒で良かった」

涙を堪えるジョセフと固く握手。

木にもたれて座り込んだスコフィールドは、胸から家族の写真を取り出し、
自分の母親が写る写真の裏に
「私のもとへ帰ってきて」と書かれたメッセージに視線を落とし、
静かに目を閉じます。(一睡もしていないので)
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line