fc2ブログ

共謀家族(2019)A〜アリバイ工作の傑作


共謀家族(2019)A〜アリバイ工作の傑作

★数行で映画紹介しなければ

舞台はタイ。

家族を守る為に、完全犯罪を計画した男と、タイ警察の攻防を描く。

★本作は、2020年の「中国年間興収」で第9位という大ヒット

★ショウトしょうとSHORT

音楽効果ですね ぐいぐいひっぱる。

映画を千本観れば、この世にわからないものはない・

衣装とか外見は近代的だが

人の考え方は日本の明治時代の頃ですね。
賄賂横行

映画 アガサの映画

墓が掘り起こされた後に、一家は移住すればよかった。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督
サム・クワー
出演者
シャオ・ヤンタン・ジュオジョアン・チェンフィリップ・キョンオードリー・ホイチョン・プイ

中国
Color 112分

2015年のインド映画『ビジョン』をリメイク

★概要ネタバレ

幼き日に、タイへ移り住んできた中国人のリー・ウェイジエ。

彼は両親を失い孤児になった辛い過去がありますが、
現在は小さなインターネット回線会社を経営しています。

信心深く誠実な人柄のリーは、周囲の人に好かれ、
妻のアユー、高校生の娘ピンピン、まだ幼い娘のアンアンと幸せに暮らしています。

リーは映画好きで「映画を1000本観れば、
世界に分からない事は無い」が信条です。

リーは行きつけの食堂の店主、ソンに自分が考えた「棺桶に隠れて脱獄を企てる男」の物語を聞かせていましたが、
ソンは呆れた様子を見せます。

リーは映画『ショーシャンクの空に』の名場面について熱く語り出します。

ソンの食堂で聞き込みをしていた警察官、サンクンに「うるさい!」と恫喝されます。

サンクンは、殺人事件の捜査を行っていますが、警察の権力で住民を脅し、
賄賂を払わせている悪徳警官で、地域の住民に嫌われています。

タイ警察の女性警察局長、ラーウェンは「1000の事件を研究すれば、解決できない犯罪はない」が信条の敏腕警察官です。

事件解決の為なら、証拠品の捏造すらもしてしまう、危険な性格でもあります。

リーが自宅に戻ると、ピンピンが「サマーキャンプに行きたい」と、リーに書類を渡します。

リーは会社の社長ですが、決して裕福ではなく、墓地の隣にある安い自宅に住んでいます。

サマーキャンプの参加費を見たリーは、高額なことに驚きますが、
ピンピンの為に参加費を払います。

リーに、新たな仕事が舞い込みます。

増築されるタイ警察署の通信回線を担当することになり、
リーはソンの食堂で打ち合わせを行います。

数日後、キャンプから帰宅したピンピンは、家族を避けるような態度を取るようになります。

ピンピンはサマーキャンプで、ラーウェンの息子であるスーチャットに薬を盛られ、
意識がもうろうとしている中で、暴行されます。

暴行の様子を撮影されてしまい、
スーチャットに「逆らえば、動画をネットで拡散する」と脅されます。

スーチャットは、これまでも数々の暴行事件を起こしてきた問題児でしたが、
警察局長である母親ラーウェンと、議員である父親デゥポンにより、罪を揉み消されていました。

ですが、市長選に立候補したデゥポンは、これ以上スーチャットが問題を起こし、選挙に影響する事を危惧していました。

ピンピンは、権力者の両親を持つスーチャットに逆らうことができず、スーチャットに呼び出された倉庫へ、夜中に向かいます。

スーチャットはピンピンに、再び暴行しようとしますが、ピンピンの普段とは違う様子を察知したアユーも倉庫に現れ、スーチャットと揉み合いになります。

ピンピンは、スーチャットのスマホを壊そうと、倉庫にあった農具を振りかざします。

農具はスーチャットの頭に当たってしまい、スーチャットは死亡します。

その頃、リーはホテルの回線を修理する為、1泊の出張に出ていました。

仕事を終えたリーは、ムエタイを観戦し、家族に電話をしますが、全く電話回線が繋がりません。

異常を察したリーが帰宅すると、アユーが泣いているピンピンを抱きしめていました。

警察局長と議員の1人息子を殺してしまったことで「通報すれば、必ずピンピンが刑務所に入れられる」と考えたアユーは、スーチャットの死体を自宅の隣にある墓地に埋めていました。

リーは愛する家族を守る為、犯罪映画のトリックに関する知識を使い、完全犯罪を計画します。

次の日、リーはスーチャットの車とスマホを処分しに行きます。

スマホは工事現場の粉砕機の中に入れ、車は湖の底に沈めます。

誰にも気づかれず、完璧にこなしたつもりでしたが、
スーチャットの車に乗る所を、サンクンに見られていました。

スーチャットの車とスマホを隠滅したリーは、
次に家族を連れてムエタイ観戦に出かけます。

遠出をするバスの中で、知り合いに会ったリーは積極的に会話をし、
ホテルでは予約の手続きが上手くいっておらずトラブルを起こします。

さらに、ムエタイの会場では売り子のポップコーンを落としてしまうなど、
さまざまな場所で、リーと家族がいた痕跡を残していきます。

それは、4月2日から3日の昼にかけてのことでした。

帰宅したリーは家族に、警察から尋問を受けた際の、振る舞い方を練習させます。

スーチャットの殺害を隠蔽して以降も、
リーは普通に仕事をこなしており、新たに増築される警察署の下見に来ていました。

建設担当者の説明を聞きながら、リーは工事中の床に、大きな穴が開いていることに気付き、無言で眺めます。

建設担当者との打ち合わせが終わったリーでしたが、サンクンが現れ、自分に逆らった建設担当者を殴り始めます。

リーが止めに入ると、サンクンは拳銃を出し、
近くにいた山羊を撃ち殺して、その場を立ち去ります。

スーチャットが行方不明になり数日が経過した為、
タイ警察はスーチャットの捜索を始めます。

捜査会議に参加したサンクンは、数日前にリーが、
スーチャットの車に乗っていたのを思い出します。

サンクンは、学校に向かいピンピンを尋問しますが、
事前にリーと練習をしていたピンピンの証言に矛盾はありませんでした。

サンクンは、自宅にいたリーとアユーを取り調べますが、
証言に矛盾はありません。

数日後、湖の底に沈んでいたスーチャットの車が発見されます。

スーチャットが行方不明である。
事件性を確信したラーウェンは、サンクンの助言に従い、
リーの家族を強制連行し、一斉に取り調べを行います。

一家の証言に矛盾はなかった。
逆に、何の証拠も無くリーと家族を連行したと、リーの知人たちが抗議します。

ラーウェンはリーと家族を釈放しますが、
代わりにリーの知人たちに事情徴収を行います。

結果、4月2日と3日は、リーの家族は遠出しており、
スーチャットを殺害し証拠隠滅を図るのは
「不可能」という結論になりました。

「警官の勘」で、リーを疑い続けるラーウェンは、リーが映画好きであることを知ります。

ラーウェンは、リーの自宅からコレクションの映像ソフトを押収し、
犯罪に繋がりそうな映画を研究します。

結果、リーは大ヒットした韓国映画『悪魔は誰だ』に用いられたトリックを、応用したことが分かります。

リーが家族と遠出をし、ホテルに宿泊してムエタイを観戦したのは事実でしたが、
リーは知人たちの記憶を巧みに操り、時間の感覚を狂わせていたのです。

つまり、4月2日と3日に、リーは家族で遠出はしていたが、
関わった人達の時間の感覚が曖昧な為、スーチャットが死亡した時刻の、
リーと一家のアリバイを立証したとはなりません。

リーはホテルのカメラの映像まで偽造して、
3日のアリバイを2日のアリバイに仕立てたと、推理したラーウェンだが。
確証する証拠がない。

アメリカに滞在していたスーチャットの友人がタイに帰国し、タイ警察署を訪れます。
ラーウェンに「サマーキャンプで、スーチャットがピンピンに暴行をし、
映像を撮影した」と伝え、撮影した動画も見せます。

ラーウェンは、この動画が原因で「ピンピンがスーチャットを殺害した」と確信し、
再びリーと家族を拘束します。

ラーウェンは「本当の事を言わないと、この動画を拡散する」とピンピンを脅し、
サンクンにリーを痛めつけるように命令します。

サンクンに殴られるリーの姿に耐えられず、泣き始めるアンアンに、
ラーウェンは「本当のことを言えば、お父さんを助けるが、言わないならここで殺す」と脅します。

耐えられなくなったアンアンは、スーチャット殺害の事実を話してしまい、リーと家族は逮捕されます。

始まった現場検証。

容赦なく墓地を掘り起こすタイ警察に住民の怒りは爆発し、
リーの無実を信じる人達の訴えがテレビで流されます。

サンクンが「スーチャットを埋めた場所」と確信した墓を掘り起こすと、
あったのは、スーチャットの死体ではなく、サンクンが撃ち殺した山羊の死体でした。

先祖の墓を荒らされた市民の怒りが爆発し、タイ警察に向けて暴動が起きます。

暴動は街を飲み込んだ為、ラーウェンは責任を取り警察局長を辞任、
デゥポンも議員の職を奪われます。

数日後、リーはラーウェンとデゥポンに偶然会い、
強引だった取り調べを謝罪されます。

「子供を心配する親の気持ち」を受け取ったリーは、
スーチャット殺害の罪を全て被り自首します。

リーが自首したことで、街は騒然としますが、街の人達は全員、
家族を守ろうとしたリーに同情し、釈放を要求します。

刑務所に収監されたリーは、刑務所内を掃除している際に、
運ばれる棺桶に気付き、何かを考えたような素振りを見せます。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line