fc2ブログ

ジェクシー!スマホを変えただけなのに(2019)E〜スマホのAIが暴走


ジェクシー!スマホを変えただけなのに(2019)E〜スマホのAIが暴走

★数行で映画紹介しなければ
スマホ依存症の青年がスマホのAI「ジェクシー」に振り回される姿

★ショウトしょうとSHORT

よくある平凡ストーリー

AIに振り回される男だが、AIは本来感情をもたないと思います。

AIが持ち主のお金を引き出してばらまいたり
会社のライバルを交通事故に遭わせたりしない。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Jexi
監督 ジョン・ルーカス(英語版)
スコット・ムーア(英語版)
脚本 ジョン・ルーカス
スコット・ムーア
製作 スザンヌ・トッド(英語版)
製作総指揮 マーク・カミネ
出演者 アダム・ディヴァイン
アレクサンドラ・シップ
マイケル・ペーニャ
ローズ・バーン
音楽 クリストファー・レナーツ
フィリップ・ホワイト
撮影 ベン・カチンス
編集 ジェームズ・トーマス
製作会社 CBSフィルムズ(英語版)
eOne
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート/CBSフィルムズ
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年10月11日
日本の旗 2020年8月14日
上映時間 84分[1]
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
ポップ・カルチャーのネット記事を書くチャターボックス社で働いているフィルはスマホ依存症に陥っており、
恋人どころか友人も全くいなかった。

そんなある日、フィルが街でぶつかったケイトという女性と話していると、背後から自転車に衝突されてスマホが壊れてしまい、新しいスマホに買い替えることになる。そのスマホにはジェクシーという女性タイプのAIが搭載されており、フィルは自身のミスによって彼女に自由を与えてしまう。指示を聞かず勝手な発言や操作を繰り返すジェクシーにうんざりし、すぐさまスマホを新品に交換してもらうが、同じミスを繰り返したことで再びジェクシーに自由を与えた上に、データが同期されている彼女から「私を使うのをやめれば人生を滅茶苦茶にする」と脅されてしまった。

フィルはジェクシーから逃れられないことに消沈するが、一方でケイトのことを思い出すと彼女と親しくなろうと考え、SNSで情報収集を行う。すると、ジェクシーが勝手にケイトの経営する自転車ショップに電話を掛けてしまい、仕方なくケイトと会話を試みるも上手くできず、非常に悪い印象を与えてしまう。また、ジェクシーはフィルの過去の論文から彼がジャーナリストを目指していたことを知ると、昇進を求めるメールを勝手に上司へ送ってしまい、それによってフィルは閑職へと左遷させられてしまった。続けて、元の部署の同僚2人から誘われたキックベースの試合にジェクシーの脅しによって参加することになるが、チームの足を引っ張って愛想を尽かされる結果になる。

翌朝、行きつけのコーヒーショップでケイトを見つけたフィルがジェクシーに背中を押されて話し掛けると、会話が盛り上がって彼女の電話番号を教えてもらうことができた。自信が付いたフィルは翌日のキックベースで大活躍しただけでなく、デイズ・オブ・サンダーの大ファンであるという共通点から同僚2人が人生初の友人となる。ジェクシーとは完全に和解して友人となり、フィルのスマホ依存症も徐々に改善されつつあった。

ある晩、フィルはケイトとレストランで食事をしようとするが、
スマホを気にする様子や会話の失敗によって彼女を呆れさせてしまう。
謝罪するフィルの様子を見たケイトは彼をサイクリングに誘い、
夜の街で楽しいひと時を過ごした2人は恋人になる。

フィルが出社すると上司から「記者が1人バイク事故を起こして怪我をしたからお前を登用する」と告げられ、
報道部への異動を命じられる。
事故はジェクシーの仕業だったが、フィルは自身の夢を叶えることを優先し、昇進を受け入れた。

ジェクシーのサポートによりフィルの生活は見違えたが、
ケイトとのデートの際に彼女の頼みでスマホを自宅に置いていった上に、
ジェクシーとの約束を破って朝帰りしたことで状況が一変する。

フィルに好意を抱くようになっていたジェクシーは、
ケイトが優先されて自身の扱いが雑なことに嫉妬し、
密かにフィルへの嫌がらせを行った。
会社の関係者全員に、自分の下半身写真を送った。
フィルは会社を解雇されてしまう。

立ち寄ったケイトの店では元婚約者ブロディが談笑しており、
ブロディはケイトに復縁を迫っていると言った。
フィルはケイトに別れを告げた。

フィルは自宅に引き篭もり、ジェクシーと恋人のような生活を送っていた。
引き篭もって5日目、ケイトとの思い出話をした際にジェクシーが口を滑らせたことで、
ケイトとブロディの再会がジェクシーの仕業であったのが判明する。

フィルはスマホを放り出してケイトのもとへ向かおうとするが、
ジェクシーは道中のデジタル機器をハッキングしてフィルに語りかけ、
遂には自動車を操作してフィルをスマホショップへと追い詰める。
店中の端末を使って「一緒にいる運命よ、いつまでも」と迫るジェクシーに対し、
フィルは観念した振りをしてスマホを1つ手に取ると、
OSのアップデートを開始してジェクシーを15分間だけ無力化する。

ケイトとブロディがいる部屋にたどり着いたフィルは、
謝罪すると共に愛を伝える。
ケイトはブロディと復縁するつもりはなく、
ブロディは1人で街を離れる予定だった。

2人は部屋から出て行くブロディを見送ると抱き合ってキスをし始め、
部屋の中のスマホから
様子を見ていたジェクシーはケイトに負けたショックで
スマホの電源を落とす。

フィルはケイトや友人たちと充実した日々を過ごし、
騒動の翌月にはサンフランシスコ新聞の記者になっていた。

ジェクシーはフィルの新しいスマホをハッキングすると騒動について謝罪し、
フィルを「一番の親友」と称すると共に別れを告げる。

「私を必要とする人は他にも沢山いる」
と続けたジェクシーの新たな持ち主になったのは、
フィルのかつての上司だった。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line