fc2ブログ

俺たちに明日はない(1967)D〜米映画のノワール


俺たちに明日はない(1967)D〜米映画のノワール

★数行で映画紹介しなければ

実在の銀行強盗であるボニーとクライドの、
出会いと逃走を描く

★アメリカン・ニューシネマの先駆的作品の1つ。
画期的な映画と見なされている。
映画における多くのタブーを破った。
本作の成功により他の映画製作者は、
自作映画でセックスと暴力を表現するのをオープンにするようになった。
映画のエンディングは
「映画史上最も血なまぐさい死のシーンの1つ」として象徴化された。

★ショウトしょうとSHORT

「明日に向かって撃て」の現代版で
フランスのノワール映画が
米映画で表現されるようになっただけだと思います

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Bonnie and Clyde

監督 アーサー・ペン
脚本 デヴィッド・ニューマン
ロバート・ベントン
製作 ウォーレン・ベイティ
出演者 ウォーレン・ベイティ
フェイ・ダナウェイ
音楽 チャールズ・ストラウス
撮影 バーネット・ガフィ
編集 デデ・アレン
配給 WB7
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年8月13日
日本の旗 1968年2月17日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
クライド・バロウは刑務所を出所してきたばかりのならず者。平凡な生活に退屈していたウェイトレスのボニーはクライドに興味を持ち、クライドが彼女の面前で食料品店の強盗を働くことで更に刺激される。二人は車を盗み、町から町へと銀行強盗を繰り返すようになる。

やがて、頭の鈍いガソリンステーションの店員C・W・モス(マイケル・J・ポラード)が車の整備係として仲間入りする。更にクライドの兄バック(ジーン・ハックマン)と彼の妻ブランチ(エステル・パーソンズ)も一行に加わり、ボニーとクライドの強盗団はバロウズ・ギャングとして新聞で大々的に報道されるようになる。貧しい銀行の客からは金を奪わないそのスタイルは、世界恐慌時代のロビン・フッドとして持て囃された。

強盗団は捜査の網を掻い潜り逃走を続けていた。ある日、彼らはテキサス・レンジャーの一人ヘイマーを捕らえ、彼を辱めたのち手錠を掛けて池に漂流させる。一仕事を終えた後に空き家で寛いでいた強盗団は、テキサス・レンジャーたちに襲撃された。バックとブランチは逮捕され。ボニーとクライドも銃弾を受けるが、辛くもC・Wと共に逃走する。隠れ家を求めてボニーとクライドは、強盗団の中で唯一身元が判明していないC・Wの父親であるアイヴァン・モスの農場を訪ねる。一行はそこで傷が癒えるまで潜伏することになった。

アイヴァンの農場で束の間の安息を楽しむボニーとクライド。二人はここで初めて情を交わす。一方その頃、警察に拘留中のブランチは、復讐に燃えるヘイマーに言葉巧みに誘導尋問され、C・Wの本名を喋ってしまう。また、ボニーとクライドを匿うアイヴァンも内心は二人のことを快く思わず、我が子可愛さに警察と司法取引を交わす。

怪我から回復した後、買い物をするため隠れ家から出てきたボニーとクライドは、待ち伏せしていたヘイマーたちの一斉射撃を浴びて絶命するのだった。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line