fc2ブログ

ラストレター(2020)B〜福山雅治 初恋の人慕情

ラストレター(2020)B〜福山雅治 初恋の人慕情

★数行で映画紹介しなければ

亡き姉と間違われてから始まった恋愛模様

★ショウトしょうとSHORT
福山雅治がメガネはめて、別人みたい。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Last Letter
監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二
原作 岩井俊二『ラストレター』
製作 川村元気(企画・プロデュース)
水野昌
臼井真之介
製作総指揮 山内章弘
出演者
松たか子
広瀬すず
庵野秀明
森七菜
小室等
水越けいこ
木内みどり
鈴木慶一
豊川悦司
中山美穂
神木隆之介
福山雅治
音楽 小林武史
主題歌 森七菜「カエルノウタ」
撮影 神戸千木
編集 岩井俊二
制作会社 東宝映画
ロックウェルアイズ
製作会社 「ラストレター」製作委員会
配給 東宝
公開 2020年1月17日
上映時間 120分
製作国 日本の旗

★概要ネタバレ
姉の葬儀に参列した岸辺野裕里は、亡き姉のもとに同窓会の案内が届いていたと知る。

姉の死を知らせに同窓会に向かったが、姉本人と勘違いされた挙げ句、

初恋の相手(福山雅治)と再会。

人違いであると言い出せず、小説家となった福山雅治と手紙のやり取りを始める。

女性は夫がいるので、自分の住所を知らせずに、一方的に手紙を送る。

福山雅治は卒業名簿で実家に手紙を送る。

福山雅治の手紙を受け取ったのは、亡き姉の娘鮎美で、
なりすまして返事を送る。

福山雅治は最初から妹とわかっていて、姉の消息を尋ねに来る。

姉未咲は病気を気に自殺した。

福山雅治は姉の名前のタイトルで小説を書き、ちょっとした賞をとるが
次の作品が書けないでいた。

姉の未咲は豊川悦司と結婚し鮎美を生みますが、家庭内暴力に悩まされ、
やつれ果てた末、鮎美のSOSで実家に戻った。
何度となく手首を切った未咲はとうとう、一か月前に帰らぬ人となってしまった。

福山雅治は、未咲からの昔の年賀状にあった住所を訪ねた。
アパートにはおなかの大きな中山美穂がおり、
豊川悦司と同居していた。
豊川悦司に会い、未咲が死んだと伝えた。

「おまえは未咲にふられたから小説が書けたんだ」

福山雅治は高校を訪れると、偶然に鮎美らと会う。

鮎美は未咲そっくりで、鮎美の方もすぐに福山雅治とわかり

なくなった母(未咲)に線香をあげてくれて頼んだ。

福山雅治も念願がかなって、安堵して帰京する。

鮎美は母未咲の遺書を開封します。
高校の卒業式に生徒会長だった未咲がおこなった挨拶の文章が、原稿用紙のまま入っていた。
福山雅治に協力してもらって仕上げた文章を、鮎美は声に出して読み上げた。



THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line