fc2ブログ

グレムリン(1984)A〜子育て、甘やかすと

グレムリン(1984)A〜子育て、甘やかすと

★数行で映画紹介しなければ

珍しい生き物の子供を飼った行方

★ショウトしょうとSHORT

ファンタジーコメディですが
子供を甘やかすと、殺されてしまう。
恐ろしいと思いました。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Gremlins
Gremlins Logo.png
監督 ジョー・ダンテ
脚本 クリス・コロンバス
製作 マイケル・フィネル
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ
出演者 ザック・ギャリガン
フィービー・ケイツ
ホイト・アクストン
フランシス・リー・マッケイン
ポリー・ホリデイ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ジョン・ホラ
編集 ティナ・ハーシュ
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年6月8日
日本の旗 1984年12月8日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ
発明家のランダル・ペルツァーは、
息子のクリスマスプレゼントを選ぼうと、チャイナタウンの骨董店のドアを訪れた。
物色していると、布で覆われた籠から生き物が歌うのが聞こえた。
気に入り、店主に値段を聞くが、
「モグワイは売り物ではない」と販売を断られてしまう。
店主の孫が、家庭が貧窮しているので
店主に内緒でランダルにモグワイを売ってくれた。

冬の季節を迎えているキングトン・フェールズでは、豊かではないが互いに思いやりの心を持った妻のリンと、素直に育った息子のビリーが一緒にクリスマスを祝おうとランダルを待っていた。モグワイをプレゼントされ喜ぶビリーに、ランダルは骨董店の少年と交わした「3つの約束」を守って育てるように約束させる。一家は素直で愛らしい仕草を見せる利口なモグワイにギズモと名づける。しかし、偶然の重なりから3つの約束は一つずつ破られてしまい、その度に田舎町で不思議な事件が起こる。とうとうその原因がギズモから分裂した悪戯好きで残酷なグレムリン(小鬼)の群れによるものと分かった時には、街はグレムリンの暴走でパニックに陥っていた。ビリーとギズモ、それにビリーの恋人・ケイトは、グレムリンのリーダー格・ストライプ率いるグレムリン軍団を相手に奮闘する。

一夜が明け、町のいたるところが惨状となりながらもどうにか平穏が戻ったキングトンに、あのチャイナタウンの老人が訪れ、ランダルとビリーに「約束とはどういうものか分かったでしょう」と語りかける。再び引き取られていくギズモの心にも、ビリーの心にも確かな友情が残っていた。老人は語る。「いつか君たちにもモグワイを飼う資格を得る時がくる」と。


THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line