fc2ブログ

僕のワンダフル・ジャーニー(2019)D〜魂を引き継ぐ犬たち

僕のワンダフル・ジャーニー(2019)D〜魂を引き継ぐ犬たち

★数行で映画紹介しなければ

最初のご主人との約束 
孫娘を守る

犬は何度も死んで魂だけは引き継いで
孫娘を助ける

★ショウトしょうとSHORT

やりすぎのストーリーで何でもあり
納得感なしでした

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
A Dog's Journey
監督 ゲイル・マンキューソ
脚本 W・ブルース・キャメロン(英語版)
キャサリン・ミション(英語版)
マヤ・フォーブス(英語版)
ウォレス・ウォロダースキー(英語版)
原作 W・ブルース・キャメロン
『A Dog's Journey』
製作 ギャビン・ポローン(英語版)
製作総指揮 セス・ウィリアム・マイヤー
ラッセ・ハルストレム
ファン・ルーユアン
チャン・ウェイ
出演者 ジョシュ・ギャッド
デニス・クエイド
マーグ・ヘルゲンバーガー
キャスリン・プレスコット
ベティ・ギルピン
ヘンリー・ロウ(英語版)
アビー・ライダー・フォートソン
ジェイク・マンリー(英語版)
音楽 マーク・アイシャム
エミリー・ベア(英語版)
撮影 ローヒエ・ストファーズ(英語版)
編集 ロバート・コマツ
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
リライアンス・エンターテインメント
アリババ・ピクチャーズ
ウォールデン・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年5月17日
日本の旗 2019年9月13日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
老犬ベイリーは飼い主のイーサンとハンナの夫妻に可愛がられた。
ベイリーは夫妻の孫娘であるクラリティ(CJ)と遊ぶのが何よりも好きだったが、
CJの母親(グロリア)は犬嫌いであった。

グロリアはCJの世話をまともにしようとせず、
義理の親であるイーサンとハンナとの関係も悪化の一途を辿っていた。
最終的に、グロリアはCJを連れてモンゴメリー夫妻の家を出た。
孫娘と離ればなれになった夫妻は悲しみに暮れたが、
ベイリーの胃に大きな腫瘍が見つかった。
ベテランの獣医でも手の施しようがなかったため、ベイリーは安楽死させられる。

別れ際、イーサンは「どうかCJのことを見守ってやって欲しい」とベイリーに言った。
ベイリーは愛する飼い主の願いを聞き入れた。

ベイリーの魂は、モーリー(子犬)に移った。
モーリーは少女に育ったCJに再会した。

CJは母に黙ってモーリーを飼ってしまう。
母はシングルマザーで、家にいないので、
CJとモーリーはますます友好を深める。
母に見つかるが、ほとんど留守なので、母は飼うのを許す。

CJは十代になった。歌手希望。
母とのいざかいは続いた。
CJはストーカーに追われて、モーリーは巻き込まれて死んでしまう。

次に犬の魂はマックスに移り、CJを探し

CJの幼なじみにも会わせて、とうとう飼い主のイーサンとハンナの夫妻に会わせる。

CJの母は絶対に夫妻(祖父母)に会わせようとしなかった。
犬が引き会わせたのだ。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line