fc2ブログ

パッチ・アダムス(1998)A〜無償クリニックの構想

パッチ・アダムス(1998)A〜無償クリニックの構想

★数行で映画紹介しなければ

実在の医師パッチ・アダムスの半生

★ショウトしょうとSHORT

無償クリニックの構想

再見したい作品です

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Patch Adams
監督 トム・シャドヤック
脚本 スティーヴ・オーデカーク
製作 バリー・ケンプ
マイク・ファレル
マーヴィン・ミノフ
チャールズ・ニューワース
製作総指揮 マーシャ・ガーセス・ウィリアムズ
トム・シャドヤック
出演者
ロビン・ウィリアムズ
モニカ・ポッター
フィリップ・シーモア・ホフマン
音楽 マーク・シャイマン
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 ドン・ジマーマン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年12月25日
日本の旗 1999年3月20日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ
舞台は1969年のアメリカ。
自殺未遂を起こしたパッチ・アダムスは、フェアファックス病院神経科に入院します。
病院にはそれぞれ精神に問題を抱えた患者が入院しており、パッチは困惑してしまいます。
冷淡な態度の医師にも心を開けず落ち込みますが、彼を救ったのは患者達でした。
患者達との交流の中で、笑ったり楽しんだりすることで人生の質が上がると気付いたパッチは自主的に退院。
2年後、ヴァージニア医科大へ入学します。
学部長ディーン・ウォルコットから医師としての正しい心構えを叩き込まれますが、
パッチはその考えに納得がいきませんでした。
更に3年生になるまで患者と接することすら出来ないと知ったパッチは、
仲良くなった同級のトルーマンを連れ、3年生のふりをして大学病院に潜り込みました。
彼は病床の子ども達をあの手この手で笑わせます。
それをウォルコットに知られてしまい、厳重注意を受けてしまうのでした。

懲りずに病院に潜り込んでは患者や病院スタッフの笑顔を引き出すパッチ。
彼は常に張り詰めた雰囲気の同級生カリンに惹かれていました。
彼女は男嫌いを公言しパッチを拒絶します。
なかなか笑顔を見せてくれないカリンでしたが、
パッチが非常に成績優秀だと知って彼を見直します。
トルーマンと一緒に、笑顔を広げるパッチの活動を手伝うようになりました。
パッチの度重なる校則無視に激怒したウォルコットは退校処分を言い渡します。
納得出来ないパッチは学長アンダーソン博士に直談判し、今回だけは処分を取り消して貰いました。

病院のシステムに疑問を持ったパッチは、無料病院の構想を練り始めます。
医科3年目に入り、パッチは山小屋で「家」と称する無料診療所を開く。
カリンやトルーマン、多くの友人達が集まり、皆で協力して小屋を修理し診療所を開設します。
診療所には多くの人が訪れました。
その中に、ラリーという青年がいました。
彼は父親が死亡したショックで自傷行為を繰り返し、大学病院にも数度運ばれています。
カリンは危険を感じますが、パッチはいつものようにユーモアで彼の心を癒そうとしました。
献身的なパッチの姿に自分自身も癒されていると感じたカリンは、辛い過去とパッチへの愛を告白。
2人は結ばれますが、幸福は一瞬で終わってしまいます。

電話で助けを求めるラリーの家に1人で向かったカリンは、彼に殺害されてしまったのです。
直後にラリーも自殺しました。
責任を感じたパッチは医者の道を諦めようとします。
カリンとの思い出に慰められ、再び医師を目指して邁進します。

パッチはウォルコットから退学を言い渡されてしまいます。
憤るパッチは自分の優秀な成績を武器に医師会に不服を訴え出ました。
後日審査委員会が開かれ、様々な人が傍聴に押しかけます。
委員会は医師免許も無く患者を治療したのは重大な犯罪だとパッチを批難した。

パッチは、患者は「患者」であると同時に「医者」でもあると主張します。
彼らは癒される患者でもあり、他の患者達を癒す医者でもあるのだと。
現在の医師の在り方について間違いを指摘し、
患者に寄り添う心こそが大切だと熱弁するパッチ。
委員会はパッチの問題を指摘しながらも、彼の卒業の許可を出しました。
多くの人が立ち上がって拍手を送ります。

パッチは無事大学を卒業し、医師としての道を歩み始めた。
卒業以降12年間でパッチは1万5千人以上の治療を無料で行った。
無料病院「お元気で(ゲズント・ハイト)クリニック」の設立など彼の功績を伝え、
映画は終わる。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line