fc2ブログ

手紙(2006)A〜東野圭吾のロングセラー小説

手紙(2006)A〜東野圭吾のロングセラー小説

★数行で映画紹介しなければ

東野圭吾のロングセラー小説『手紙』を映画化
社会派人間ドラマ。
殺人犯の弟という立場、心優しき殺人犯の苦悩、愛。
被害者遺族の苦しみにも焦点があてられていて、
悲しく切ない映画です。

弟と2人暮らしの武島剛志は、弟の大学進学のための金欲しさに空き巣に入り思いがけず強盗殺人まで犯してしまう。
高校生の武島直貴は、突然独りぼっちになり途方に暮れる。
とにかく謝罪しようと直貴は被害者の家を訪れるが、遺族の姿を見かけただけで逃げ出してしまう。
高校の卒業式の2日前の直貴の元に、獄中の兄から初めての手紙が届く。
それから月に一度、手紙が届くようになる。

獄中の兄の平穏な日々とは裏腹に、進学、就職、音楽、恋愛、結婚と、
直貴がもう少しで幸せをつかもうとするたびに、
彼の前には「強盗殺人犯の弟」というレッテルが立ちはだかる。

それでも、理解してくれる由実子と結婚して一時期、幸せが訪れる。
娘の実紀が仲間はずれにされ、正々堂々と生きて行く意味を考えてしまう。
そして、獄中の兄に宛てて手紙を出すのだった。

★ショウトしょうとSHORT

作品に好きな方が3人も関わると

その映画は、ほとんど好きになる?

一人目 原作 東野圭吾さん

 たぶん、この作品は泣けるだろうと予感。

 やはり涙ポロリでした。

 「秘密」=>大泣き 

 「流星の絆」良かった。もちろん「ガリレオ」も好きです。

二人目 監督 生野慈朗さん

 テレビ出の方で、「オレンジデイズ」、「男女7人夏物語」など、好きな作品です。

三人目 女優 沢尻エリカさん

 私生活で伝わる悪い情報が本当なのか?疑ってます。
 おそらく素でも優しい女性に思える。
 「パッチギ!」では、久々の美少女!とウナリマシタ。
 「間宮兄弟」では印象ない。
 今回の作品では吹石一恵役と交換でもいいのに、
 なぜエリカさんがこの役か、キャスティングが面白いですね。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 生野慈朗
脚本 安倍照雄
清水友佳子
出演者
山田孝之
玉山鉄二
沢尻エリカ
吹石一恵
尾上寛之
吹越満
杉浦直樹
音楽 佐藤直紀
撮影 藤石修
編集 川島章正
配給 ギャガ
公開 日本の旗 2006年11月3日
上映時間 121分

★概要ネタバレ
武島直貴(山田孝之)は、川崎にある工場で勤務しながら生活を送っています。けれども、周囲の人間とは距離を置きながら付き合っています。彼の実兄である剛志(玉山鉄二)が、直貴の大学の学費を盗ることを目的に押し入った家の人間を殺害し、刑務所に入っていることが理由です。兄弟は手紙を通じてやりとりを行っていました。彼には夢がありました。幼馴染であり親友でもある祐輔とコンビを組んで、プロのお笑い芸人になることです。食堂にて配膳係として働いている由美子(沢尻エリカ)は、そんな直貴の姿に惚れていて世話を焼きたいと思っています。

時を経て、二人の芸人は大ブレイクを果たします。直貴は、大きな企業の専務の令嬢、朝美に恋愛感情を抱くようになります。そんななか、ネット上に殺人犯の弟であることを示唆する書き込みがなされます。直貴は、自分の都合だけを理由に、お笑いコンビを解消しようとします。そして、朝美との結婚を願います。しかし、朝美の両親に真実が知れ渡り、二人の仲は切り裂かれてしまいます。勤め先にまで知られ渡った直貴が殺人犯の弟であるという事実は、彼をさかんに追いやります。兄弟による手紙のやりとりは途切れたように思われました。けれども、実際には続けられていました。由美子です。彼女は直貴のフリをしながら服役中である剛志に、手紙を送り続けていました。彼は由美子を意識するようになりました。直貴と由美子は結婚して娘を儲けました。


娘はすくすくと成長しましたが、
兄剛志のことが原因でもめ事が起きます。
真実を知った娘の友人の親たちが、娘の交友関係を破たんさせたのです。
直貴は兄への手紙のなかで、兄弟の縁を切りたいと、申し出ます。
彼は、遺族の元を訪れます。遺族の家には、兄が送ったたくさんの謝罪の手紙がありました。
遺族は剛志の償いを受け入れます。
刑務所慰問という形で、直貴と祐輔のコンビは、一度だけの復活ライブを行います。
刑務所が笑いの渦に飲み込まれてゆくなか、泣き顔で弟の舞台をみつめる兄の姿がありました。


THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line