fc2ブログ

エジソンズ・ゲーム(2019)C〜エジソンは驕り高ぶり、事業に負けてしまう様

エジソンズ・ゲーム(2019)C〜エジソンは驕り高ぶり、事業に負けてしまう様

★数行で映画紹介しなければ
1880年代のアメリカで、電力の供給方法を巡って直流送電派のトーマス・エジソンと
交流送電派のジョージ・ウェスティングハウスが繰り広げた電流戦争の様子

エジソンは天才ゆえに驕り高ぶり、事業に負けてしまう様。

★ショウトしょうとSHORT

字幕の訳が、ただの翻訳で話がわかりませんでした。
結局 エジソンが負けたんですね

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
The Current War
第42回トロント国際映画祭に出席するニコラス・ホルト
監督 アルフォンソ・ゴメス=レホン
脚本 マイケル・ミトニック(英語版)
製作 ティムール・ベクマンベトフ
ベイジル・イヴァニク(英語版)
製作総指揮 マーティン・スコセッシ
スティーヴン・ザイリアン
ギャレット・バッシュ
マイケル・ミトニック
アン・ロアク
ミシェル・ウォーコフ
ベネディクト・カンバーバッチ
アダム・アクランド
デヴィッド・C・グラッサー
デヴィッド・ハッキン
ボブ・ヤーリ
アダム・シドマン

出演者
ベネディクト・カンバーバッチ
マイケル・シャノン
キャサリン・ウォーターストン
トム・ホランド
タペンス・ミドルトン
マシュー・マクファディン
ニコラス・ホルト
音楽 ダスティン・オハロラン
撮影 チョン・ジョンフン
編集 デヴィッド・トラクテンバーグ
製作会社 サンダー・ロード・ピクチャーズ
フィルム・ライツ
バザレフス・カンパニー(英語版)
配給 アメリカ合衆国の旗 101スタジオズ
日本の旗 KADOKAWA
公開 カナダの旗 2017年9月9日(TIFF)
アメリカ合衆国の旗 2019年10月25日
日本の旗 2020年6月19日
上映時間 108分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
1880年アメリカ。
電気によって「夜を葬る」と宣言した人物がいた。
トーマス・エジソン(ベネディクト・カンバーバッチ)。
アメリカ中から天才発明家と崇められ、大統領からの仕事でさえ、
気に入らなければ断る傲慢な男でした。

技術者で裕福な実業家ジョージ・ウェスティングハウス(マイケル・シャノン)は
エジソンの力を買い、手を組もうと晩餐会に招待した。
金に興味のないエジソンはすっぽかしてしまう。

1882年ニューヨーク。エジソンは自らが発明した電球を光らせることに成功しました。
ウェスティングハウスは、大量の発電機が必要なエジソンの“直流”送電方式より、
安価で発電機1基だけで遠くまで電気を送れる“交流”方式のほうが優れていると考えた。

エジソンの会社「エジソン・エレクトリック」で働くオーストラリア移民の発明家テスラ(ニコラス・ホルト)
も“交流”のほうが効率的だと提案したが、エジソンからは一蹴されてしまいます。

1886年。ウェスティングハウスは“交流”式の実演会にエジソンを招待しました。
しかしエジソンは無視。ウェスティングハウスの実演会は大成功を収め、
ニュースで大きく取り上げられました。
しかしそこで使われたのはエジソンの電球。エジソンはそれを知って激怒しました。

エジソンは怒りに任せて新聞記者を集めて、ウェスティングハウスに発明を盗まれたと訴え、
ハゲタカと罵ったうえに、“交流”は感電しやすく死を招くと攻撃しました。

エジソンと出資者のJPモルガン(マシュー・マクファディン)に訴えられたウェスティングハウスは、
電球の特許部分をうまく作り変えて争いから逃げることができました。

やがてアメリカ各地に“交流”方式の勢力を広げていきます。プライドをずたずたにされ、
開発資金も底をつき窮地に立たされたエジソン。
さらには最愛の妻メアリー(タペンス・ミドルトン)まで病気で亡くしてしまいます。

追い込まれたエジソンは馬や羊などの動物実験で“交流”式の危険性を訴えるネガティブキャンペーンをするも、
実際の人的被害は出ていませんでした。

ウェスティングハウスにずっと力を貸していた技術者フランクリン・ポープ(スタンリー・タウンゼント)が
事故により命を落とす出来事が起こりました。
エジソンは待っていましたと言わんばかりに、“交流”式の危険を訴えます。

ウェスティングハウスはビジネスを売りに出す。

エジソンの元を離れ、“交流”モーターを開発したテスラは世の中から関心を集めていました。
ウェスティングハウスはそんなテスラのもとを訪れ、手を組む提案をします。
2人はシカゴで開催される万博の出展をすることにしました。

エジソンは開発資金の捻出に苦労していた。
長年エジソンに寄り添う助手のインサル(トム・ホランド)の提案で蓄音機フォノグラフを発売し、
瞬く間に人気に火がつきましたが、開発資金としては到底足りません。
そこでエジソンは望まない発明にも手を染めていきます。
生まれたのが、死刑執行に使われる電気椅子でした。
秘密裏に作られたが、
ウェスティングハウスはマスコミに暴露。
エジソンはさらに窮地に追い込まれました。

シカゴ万博が開幕された。
戦いに勝利したのは、ウェスティングハウス提唱の“交流”送電方式でした。
理由はコストがかからない。
エジソンは電流戦争から事実上の撤退する。
エジソンとウェスティングハウスは会場で偶然顔を合わせた。
エジソンは電流戦争の負けは認めた。

エジソンが発明した映写機キネトフォンが残った。
映画の発明。

ウェスティングハウスとテスラはナイアガラの滝の発電事業をはじめた。
エジソンも数々の発明を世に残し、1931年、ウエストオレンジの自宅にて84歳で死去。

テスラには電気工学の栄誉であるエジソンメダルが受賞。
1943年。テスラはニューヨークのホテルで、86歳で死去。孤独死でした。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line