fc2ブログ

60歳のラブレター(2009)B〜実話からのドラマ

60歳のラブレター(2009)B〜実話からのドラマ

★数行で映画紹介しなければ

人生の節目を迎えた3組の夫婦の愛と人生

★どんな人向けか?

団塊世代向け 中年若者が観ても、どうだろう?

★ひと言

人生の一つの転機の60歳前後を迎えた2組の夫婦と

1組の恋愛の物語で実話からのドラマのようです。

ありえない点もありましたが、ホロリとしました。

熟練の方がしみじみ共感する話しですね。

★役者の演技はどうだったか

戸田恵子さん、綾戸智恵さん、イッセー尾形さん 演技最高

金澤美穂という女の子に注目、以前「容疑者Xの献身」出演

★簡単紹介
3組の60歳前後のカップル

建設会社の重役にまで上り詰め家庭を顧みなかった夫とひたすらついてきた妻。
定年を迎え、お互いが別々の道を歩むことにする。
(中村雅俊と原田美枝子)

町の魚屋を夫婦二人で切りもししてきた下町の夫婦。
糖尿を持病に持つ夫を支える明るい気丈な妻が病に倒れる。
(イッセー尾形、綾戸智恵)

がむしゃらに仕事をこなしてきた女流翻訳家は、ふと気づくと婚期を逃していた。
研究に先を越され、妻の死病にも気づいてやれなかった冴えない医師と恋に落ちる。
(井上順、戸田恵子)


=============== 
★メジャーな映画紹介引用

監督は『真木栗ノ穴』の深川栄洋が務め、
脚本を『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの古沢良太が手掛ける。
出演は、中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵と豪華キャストが集結。
さまざまな人生経験を積み重ねてきた登場人物たちが、
夫婦のあり方や、これからの人生をどう生きるのか模索する姿が共感を誘う。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 深川栄洋
脚本 古沢良太
出演者 中村雅俊
原田美枝子
井上順
戸田恵子
イッセー尾形
綾戸智恵
音楽 平井真美子
主題歌 森山良子「candy」
撮影 芦澤明子
編集 坂東直哉
製作会社 『60歳のラブレター』フィルムパートナーズ
公開 日本の旗 2009年5月16日
上映時間 129分

★概要ネタバレ
長年勤めた会社を定年退職した孝平は、妻のちひろと離婚し、愛人と暮らし始めます。
専業主婦だったちひろは、離婚を機に働くことを決意し、翻訳家の麗子の元で働き始めます。
地味な専業主婦から一転、華やかな世界に足を踏み入れたちひろは、
麗子の影響を受け、別人のようにあか抜けます。
一方、愛人の会社で働き始めた孝平は、新しい仕事がうまくいかず、自信をなくす日々を過ごしています。

独身の麗子は、医師の静夫のことが気になっています。5
年前に妻を亡くした静夫は、娘のりかと2人暮らしです。
静夫をデートに誘った麗子は、真面目だけど穏やかな静夫の人柄に惹かれていきます。
静夫の患者には、糖尿病を患う正彦という患者がいました。
魚屋を営む正彦は、長年連れ添った妻の光江に尻に敷かれっぱなしです。
ある日、正彦の健診に付き添う光江のちょっとした異変に気付いた静夫は、
光江に脳の検査をするよう勧めます。
結果、光江の脳腫瘍が見つかり、光江は手術をすることとなりました。

手術前に、正彦は光江から押し入れのふすまを直しておくよう言われます。
正彦がふすまを開けると、中には正彦が前々から欲しがっていたマーチンのギターが入っていました。
正彦は、自分を想ってくれる妻の気持ちに胸がいっぱいになります。

一方、娘の出産を機に、妻のちひろと再会した孝平は、急にあか抜けた妻の姿に驚きを隠し切れません。
偶然、ちひろが男にデートに誘われているのを見てしまった孝平は、なぜか動揺してしまうのでした。

静夫との交際が順調に進み、娘のりかに会うこととなった麗子は、
りかからこっぴどく拒絶されて意気消沈します。
しかし、静夫との別れを考えていた麗子と静夫の仲を取り持ってくれたのは、
他ならぬ静夫の娘のりかでした。

別れてから妻への愛に気づいた孝平は、ちひろのデート先まで押しかけて、自分の想いを伝えます。
お互いの本当の気持ちに気づいた2人は、もう一度、2人でやり直すことを誓い、固く抱き合うのでした。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line