fc2ブログ

我が家の楽園(1938)A

我が家の楽園(1938)A

軍需工場の経営者カービーは、敷地を拡張するために住民を立ち退かせようとするが、
ヴァンダーホフ老人の抵抗に遭う。
副社長をしている実直な息子トニーの秘書アリスがヴァンダーホフ老人の娘だったので、
トニーを説得に行かせる。

第11回アカデミー作品賞

今回は短いコメントです。 また追記します。

キャプラの大名作、スバジン( 素晴らしき哉、人生!) は、
本作品から始まっているのを発見。
大事なのは仕事ではなくて友人。
監督フランクキャプラの訴える
「人のあり方」が、溢れています。
ハーモニカが重要な小道具となっている。

現実には好きな仕事だけして暮らせる
というのはありえない話しだと思います。

基本情報
You Can't Take It With You
監督 フランク・キャプラ
脚本 ロバート・リスキン
製作 フランク・キャプラ
モス・ハート
ジョージ・S・カウフマン
出演者 ジェームズ・スチュワート
エドワード・アーノルド
ジーン・アーサー
ライオネル・バリモア
アン・ミラー
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ジョセフ・ウォーカー
編集 ジーン・ハヴリック
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1938年8月23日
日本の旗 1939年4月
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line