fc2ブログ

一日だけの淑女(1933)A〜キャブラが自他共に好きな作品

一日だけの淑女(1933)A〜キャブラが自他共に好きな作品

★数行で映画紹介しなければ
街でリンゴを歩きの老女アニー。
スペインにいる娘が結婚する。
娘はアニーは貴婦人だと思っている。
アニーが嘘の手紙を書いていた。
娘に来られたら、嘘がばれてしまう。
娘の伯爵との結婚も破談になるだろう。
途方に暮れたアニー。
手を差し伸べたのは、カジノに棲みつき賭博で生計を立てるならず者たちの親分、デーヴだった。
親分はアニーの林檎のおかげで賭博で勝っていて、守護神だった。
デーヴのもと「一日だけの淑女」に生まれ変わるアニー。
はたして、うまくいくのだろうか?運命の日。
アニーやデーヴらは、伯爵や警察や行政を巻き込み、大騒動を巻き起こす。

★ショウトしょうとSHORT

O・ヘンリーの再来と称されるデーモン・ラニョン作の小説

監督キャプラがリメークしたほどのお気に入りだ。

リンゴ売りのお婆ちゃん 
賭け事の幸運の女神
ギャングの親分は、お礼に 一日だけ 淑女に

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Lady for a Day
監督 フランク・キャプラ
脚本 ロバート・リスキン(脚色)
原作 デイモン・ラニアン
製作 ハリー・コーン
音楽 ハワード・ジャクソン
撮影 ジョセフ・ウォーカー
編集 ジーン・ハヴリック
製作会社 コロンビア ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1933年9月13日
日本の旗 1934年5月
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ
ニューヨークブロードウェイ街頭の乞食仲間のりんご売りアニーという寡婦は
りんごを売って1人娘のルイズを遥かスペインに留学させている
アニーは身分を隠し、マーベリー・ホテルに止宿する上流夫人で、
金満家の後妻となっている様に娘に思わせた。そのためにホテルの門番からホテル用便箋をもらって娘と文通していた。ところが娘から、スペインのロメロ伯爵の息子カーロスと恋におち、3人同道でニューヨークの母を訪れる旨の手紙が来た。現実を暴露する位なら死んでしまおうとアニーは思った。彼女の煩悶を見かねた乞食たちは、常々アニーを贔負にする賭博者の親分「殿様」デーヴに訴えてアニーを救う様に頼んだ。

婆さんは 俺の守り神なんだ。


デーヴは気乗りしなかったが一肌脱ぐこととなり旅行中の友人の家を借受け、
ナイトクラブの女将ミズーリ・マーティンをしてアニーを淑女に仕立て挙げさせる。

そしてアニーの架空の良人は賭玉突きの名人「判官」ブレークのやく回りとし用意万端整った頃、
ルイズと伯爵父子の船が到着した。

新聞記者が伯爵に会見記事を取りにくると、暴露を怖れてデーヴは記者たちを監禁してしまった。

新聞紙は記者3名の疾走、警官の無能、と書き立て市長に探偵方要求する。

一方テーヴの肝いりでアニーのパーティーに貴紳淑女に化けて出席するはずのデーヴ配下の無頼感等が、

ミズーリ・マーティンのナイトクラブに勢揃いすると、

怪しいとにらんだ当局は警官隊をしてクラブを包囲させる。

デーヴは自ら警察に出頭して、警視総監を脅迫したが成功しない。

8時のパーティーに9時過ぎても来客が1人も来ないので、

アニーは観念して伯爵父子に事実を告白する決心をして、

自分の身分とこの大芝居のいきさつを打ち明けようと口をきり始める。

市長を始め貴兄名流が、デーヴから真相を聞いてアニーの母性愛に動かされて、

デーヴと共にアニーの招待会に乗り込んでくる。

知事夫婦も出席する。

時間には遅れたがニューヨークの社交界が集まったのを見たロメロ伯爵は、アニーにかけていた疑いも晴れ、
ルイズが伯爵家の嫁に恥ずかしからぬ身分と信じた。

スペインで晴れて結婚式を挙げんと即夜出帆の船に、ルイズと息子を伴って乗り込んだ。

アニーは嬉し涙を流しながら娘の幸福を祈ってハンカチを振った。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line