fc2ブログ

ジュディ 虹の彼方に(2019)B〜ジュディ・ガーランドの悲壮な晩年

ジュディ 虹の彼方に(2019)B〜ジュディ・ガーランドの悲壮な晩年

★数行で映画紹介しなければ
ジュディ・ガーランドの晩年

★ショウトしょうとSHORT
アル中で、5回も結婚、多額の借金を抱えた晩年
可哀想なくらいに悲惨
落ち目のロンドンどさまわりで、公演でアル中の醜態を見せる

演出が理解不能だが最後は泣けたのでB評価

★晩年
1969年6月22日に滞在先のロンドンで、睡眠薬の過剰摂取にてバスルームで死去。
自殺とする説もある。47歳だった。

莫大な収入があったが浪費してしまっており、埋葬の費用にも事欠いたという。
長女のライザ・ミネリは、
「母はハリウッドが大嫌いだった」
「母を殺したのはハリウッドだ」と発言し、
ハリウッドではなくニューヨークで葬儀を執り行い、
ニューヨーク郊外の墓地にジュディを埋葬した
2017年になって遺族の意向によりハリウッドへ墓所が移されている。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Judy
監督 ルパート・グールド(英語版)
脚本 トム・エッジ
原作 ピーター・キルター(英語版)
『エンド・オブ・ザ・レインボー(英語版)』
製作 デヴィッド・リヴィングストーン
製作総指揮 ミッキー・リデル
リー・ディーン
チャールズ・ダイアモンド
エリス・グッドマン
アーロン・レヴェン
ローレンス・マイヤーズ
キャメロン・マクラッケン
アンドレア・スカルソ
ピート・シレイモン
出演者 レネー・ゼルウィガー
ルーファス・シーウェル
マイケル・ガンボン
フィン・ウィットロック
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 オーレ・ブラット・バークランド
編集 メラニー・アン・オリヴァー(英語版)
製作会社 BBCフィルムズ
パテ
カラミティ・フィルムズ
20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ロードサイド・アトラクションズ/LDエンターテインメント(英語版)
イギリスの旗 20世紀フォックス
日本の旗 ギャガ[1]
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年9月27日
イギリスの旗 2019年10月4日
日本の旗 2020年3月6日
上映時間 118分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ
ジュディ・ガーランドは『オズの魔法使』(1939年)でハリウッドのスターダムへと駆け上がったが、
薬物依存や神経症に苦しめられるようになる。
1960年代後半には家賃の工面にも難儀するほどの多額の借金をかかえて
子供3名を前夫にとられてしまう。

1968年、ジュディはロンドンで5週間にも及ぶ連続ライブを敢行することになった。
当初、精神的にボロボロになっていたジュディは舞台に立つことすら危ぶまれていたが、必死の思いで何とか一日目をやり通すことができた。
舞台に上がった瞬間、ジュディは往時の輝きを取り戻して圧巻のパフォーマンスを披露したのである。
しかし最後の方は酔ったままに舞台に上がり、物を投げつけられる醜態となる。
ロンドンのドサ回りの後、半年後に死亡 享年47歳。

本作は最晩年のジュディに焦点を当て、彼女の知られざる苦悩、
子供たちへの深い愛情、
ミッキー・ディーンズ(ジュディの5番目かつ最後の夫)との恋を描く。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line