FC2ブログ

フランス映画を話そうよ(2)フランス恋愛映画の代表作

フランス映画=恋愛もの。

おそらく七割以上の映画は恋愛がからんでいる。

フランス恋愛映画の代表作と言えば

「男と女」をあげる人は多いだろう。

カンヌ国際映画祭グランプリ

アカデミー賞外国語作品賞

フランシスレイの映画音楽で、
つぶやく「シャバダバダ」は世界中で有名になった。


恋愛映画の感動アイテムは、良い音楽と俳優ですね。

男優は、その当時アランドロンより人気のあった
ジャン=ルイ・トランティニャン

女優は
カトリーヌドヌーブに負けない魅力のアヌーク・エーメ



この二人のバツイチ同士の恋愛の行方

話しは意外にあっさりとしていて、

すてきな絵を観るような作品だと思っています。

一度突き放せば、戻ってくる。

「男はゴムバンド、ブーメラン」理論どおりのエンディングとなっています。

女性が一度突き放すが、男はあきらめない。

過去の名作「港のマリー(1949)」にもある、男の行動


まあ これは男だけでなく、女性でも一度つきはなされると

追いかけたくなるものですね、


監督はクロード・ルルーシュで、

「男と女」より以下の作品が好きです。

パリのめぐり逢い Vivre pour Vivre (1967)


男と女の詩 La Bonne Annee (1973)

流れ者 Le Voyou (1970)



==
つづき

その3~フランス男の恋愛至上主義
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line