fc2ブログ

約束のネバーランド(2020)A〜食用人間を飼育する鬼

約束のネバーランド(2020)A〜食用人間を飼育する鬼

★数行で映画紹介しなければ

鬼のための食用児を育てる施設があった。

★ショウトしょうとSHORT
ノーベル賞作家石黒の作品「わたしを離さないで」をベースに
「鬼滅の刃」をスパイスした作品です。
よくできています。
========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
浜辺美波 城桧吏 板垣李光人
渡辺直美/北川景子
【原作】
「約束のネバーランド」白井カイウ・出水ぽすか(集英社 ジャンプ コミックス刊)
【監督】
平川雄一朗
119分
2020年12月18日公開

★概要ネタバレ
孤児院「グレイス=フィールドハウス」、通称“GFハウス”。
一見幸せに満ちた楽園であるかのように見えるこのGFハウスでは、
孤児たちから“ママ”と呼ばれて慕われるシスターのイザベラ(北川景子)の元、
各地から集まった孤児たちは血の繋がりはなくとも家族同然の関係を築き上げていた。

孤児たちはこのGFハウスで特殊な教育を受けて育ち、
6歳から16歳までの間に“里親”の元へと引き取られていくのです。
もうじき16歳になるエマ(浜辺美波)、レイ(城桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人は
孤児たちの中でもとりわけ頭脳明晰で優れた身体能力を持ち、
率先して年少の孤児たちの世話にあたっていました。

エマたちもまた、いつか自分たちも外の世界に出て幸せに暮らすことを夢見ていました。

“その日”までは…。

ある日の夜、孤児の少女コニー(浅田芭路)に里親が見つかり、彼女は晴れて外の世界に出ることになりました。エマとノーマンは笑顔でコニーを見送りましたが、その直後に二人はコニーが片身放さず持ち歩いていたぬいぐるみが食堂に置き忘れられていることに気付きました。エマとノーマンはコニーにぬいぐるみを届けるべく、彼女が向かった“門”へと急ぎました。

外の世界への唯一の出入り口である“門”は、決して近づいてはならないとイザベラから固く命じられていたところでした。エマとノーマンが目の当たりにしたのは、“鬼”と呼ばれる怪物に喰われるための“食肉”として出荷されるコニーの姿でした。

しかも立ち会ったイザベラの対応は妙に慣れた事務的なものであり、エマとノーマンは今まで“里親”に引き取られた孤児たちは実はみなそ“食肉”として出荷されていたことに気付きました。

実はGFハウスは楽園などではなく、“鬼”に献上されるための“食用児”を飼育する“農場”であり、イザベラの正体は最上級の“食用児”を育てるための飼育監だったのです。これまでの全てが偽りであることに気付いたエマとノーマンはレイにも真実を告げ、孤児たち全員を引き連れての脱獄計画を練り始めました。

一方のイザベラも“門”のそばにコニーのぬいぐるみが落ちていたことから孤児の誰かが真実を悟ったのではないかと考え、新たな補佐役兼監視役として“本部”からシスターのクローネ(渡辺直美)を迎え入れました。

クローネはイザベラに忠誠を誓う素振りを見せつつも、裏では下克上を起こしてイサベラを追い落とすことを目論んでいました。利害が一致した孤児たちとクローネは極秘裏に協力関係を築き、クローネは孤児たちの耳に超小型の発信機が埋め込まれているなどの情報を提供しました。しかし、クローネは裏切りがバレてイザベラに“食肉”として出荷されてしまいました。

更に追い打ちをかけるように、今度はレイが実はイザベラのスパイであったことが発覚しました。幼少時からの記憶があるレイは実は真実を知っており、口外しないことを条件にイザベラに協力することを条件に出荷を免れていたのです。

エマとノーマンはレイのまさかの裏切りにショックを受けましたが、ノーマンはレイは本当は決して裏切り者ではなく真の意味で仲間となりうる人物であり、脱獄計画を推し進められる同志を求め続けていたという真意を探り当てました。

着実に脱獄計画を押し進めるエマたちでしたが、運悪くイザベラに脱獄の下見をしたことがバレてしまいました。エマは足をへし折られ、ノーマンは出荷されることとなってしまいました。エマとレイはノーマンの発信器を無効化したうえで全員が脱獄するまではハウスの外に潜伏させる作戦を立てます。

ところが、ノーマンは脱獄計画に支障が出ることを恐れ、発信機を起動させたまま危険な“門”周辺の下見に向かいました。戻ってきたノーマンはエマやレイたちに得られた情報の全てを伝えたのち、イザベラによって出荷されていきました。エマやレイはただ見送ることしかできず、イザベラは運命には逆らえないという絶望的な真実を突き付けてきました。

そして、遂にレイも出荷されることとなりました。


レイは自らの身体に火を放ってイザベラに一矢報いようと決意しました。そこに足の怪我から回復したエマが現れました。密かに計画を進めていたエマはレイに焼身自殺を図ったフリをさせ、GFハウスに火を放ちました。

イザベラは発信機の反応から燃え盛る炎の中にレイがいると察知、慌てて消火作業を行いましたが、火の手があまりにも強いことからやむなく孤児たちをハウスの外へ避難させました。その際、イザベラは、炎に包まれるレイを呆然としながら見ていたはずのエマの姿がないことに気付きました。

実はエマはレイや孤児たちの耳から発信機を取り出し、それを火の中に投じてイザベラを欺いていたのです。

エマたちはノーマンが命がけで下見してくれた脱出ポイント、GFハウスと外の世界を隔てる対岸の崖が一気に狭まっている箇所に向かいました。イザベラは急いでエマたちの後を追いましたが、エマたちや孤児たちは既に密かに用意していたロープやハンガーなどを使って対岸に渡り始めたところでした。

イザベラは「外の世界にも安息の場はない」と言い放ちましたが、
エマは「ないなら作ればいい」と返して対岸へと辿り着きました。
既に夜は明け、エマたちは外の世界への一歩を踏み出した。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line