fc2ブログ

はるヲうるひと(2019)E〜売春宿の女性たち

はるヲうるひと(2019)E〜売春宿の女性たち

★数行で映画紹介しなければ
売春宿の女性たち

★ショウトしょうとSHORT
脚本の練が足りないですね

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 佐藤二朗
脚本 佐藤二朗
原作 佐藤二朗
製作 飯塚達介
向井達矢
製作総指揮 吉田尚剛
出演者 山田孝之
仲里依紗
今藤洋子
笹野鈴々音
駒林怜
太田善也
向井理
坂井真紀
佐藤二朗
音楽 遠藤浩二
撮影 神田創
編集 難波智佳子
制作会社 ラインバック
製作会社 「はるヲうるひと」製作委員会
配給 日本の旗 AMGエンタテインメント
公開 ポーランドの旗 2019年10月16日(ワルシャワ国際映画祭)[1]
日本の旗 2021年6月4日[2]
上映時間 113分
★概要ネタバレ
架空の島の置屋「かげろう」。次男の得太と妹のいぶきは先代の妾の子で、正妻の子で現在の当主である兄の哲雄につらく当たられている。一方、娼婦たちは苛酷な生活を強いられている。先代当主は妾と心中し、それを目撃した正妻は自殺したとされ、そのために哲雄は得太らにつらく当たるのだとされている。哲雄はある時いぶきにフェラチオをさせ、得太との諍いに発展する。その時得太は心中事件の真相を口にする。実は正妻と妾はかねてより愛し合っており、それを得太は何度も目撃していたのである。心中は女2人が起こしたものであり、先代当主はそれを目撃して自殺、息絶える前に得太に事実を伏せるようにきつく言い聞かせていたのである。

娼婦の1人が常連客の男と結婚して「かげろう」を辞めることになる。得太といぶきは亡き母の思い出を胸に大声で叫ぶ。自分の仕事を恥じていた新入りの若い娼婦はようやく自分を「春を売る人」と言えるようになる。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line