fc2ブログ

決算!忠臣蔵(2019)A〜お金次第で歴史は回る

決算!忠臣蔵(2019)A

★数行で映画紹介しなければ

★ショウトしょうとSHORT
125分は長すぎだが、面白いですね

何をやるにもお金なんですね

関西から江戸まで13泊。江戸にゆくのに一人につき約400万。

討ち入り費用は約一億円

すべてはお金がないと成し遂げられない。


========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
決算!忠臣蔵
監督 中村義洋
脚本 中村義洋
原作 山本博文『「忠臣蔵」の決算書』
製作 池田史嗣(企画プロデュース)
古賀俊輔(企画プロデュース)
中居雄太
木本直樹
製作総指揮 大角正
岡本昭彦
吉田繁暁
片岡秀介
出演者 堤真一
岡村隆史
濱田岳
横山裕
荒川良々
妻夫木聡
大地康雄
西村まさ彦
木村祐一
小松利昌
沖田裕樹
橋本良亮(A.B.C-Z)
寺脇康文
鈴木福
千葉雄大
鈴鹿央士
荻野由佳
上島竜兵
堀部圭亮
山崎一
波岡一喜
宮本大誠
芦川誠
山口良一
近藤芳正
桂文珍
村上ショージ
板尾創路
滝藤賢一
笹野高史
竹内結子
西川きよし(特別出演)
石原さとみ
阿部サダヲ
音楽 髙見優
撮影 相馬大輔
編集 小堀由起子
制作会社 松竹撮影所
製作会社 「決算!忠臣蔵」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗 2019年11月22日
上映時間 125分

★概要ネタバレ

赤穂藩筆頭家老の大石内蔵助(堤真一)は江戸の火消しを担当する藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲ)から「火事は戦」と言われて感銘を受けていました。

10年後の1701年(元禄14年)3月14日。内匠頭は自分に賄賂を贈らなかったという理由で苛め抜かれていた幕府重臣・吉良上野介に江戸城松の廊下で刃傷沙汰に及んでしまいます。負傷した吉良上野介はお咎めながなかったものの、内匠頭は即日切腹となり、赤穂藩はお取潰しとなってしまいました。

赤穂城の幕府への明け渡しの日が近づき、足軽頭・原惣右衛門(木村祐一)や大目付・間瀬久太夫(寺脇康文)ら一部の血気に逸る武闘派の番方たちは城を枕に討ち死にする決意を固める一方、内蔵助と同い年の勘定方・矢頭長助(岡村隆史)ら勘定方・事務方らは藩士に支払う退職金の工面に追われていました。

長助は金のことも考えずに好き勝手なことばかり言う番方に呆れ果てており、番方中で誰一人本物の戦を経験した者はいないだろうと突っ込んでいました。内蔵助や次席家老・大野九郎兵衛(西川きよし)らはお家再興の望みを賭け、内匠頭の弟・大学を藩主に迎え入れる案を出して番方たちをなだめようとしましたが、結局赤穂城は明け渡されることとなりました。

赤穂城の明け渡しに訪れた浅野本家の広島藩家老・井上団右衛門(山口良一)と大垣藩家老・戸田権左衛門(板尾創路)は、内蔵助らに「お家再興も立派な戦」だと諭しました。こうして赤穂藩士は全員浪人となり、内蔵助は吉良討ちを宣言してはばからない浪士たちの世話を何かと焼いて回り、残務整理により城内の武器などはことごとく売却されていきました。

それでもいよいよ金が足りなくなり、内蔵助は長助に相談したところ、内匠頭の正室・瑤泉院(石原さとみ)の嫁入り時の持参金を元手に始めた塩田事業による利益およそ5千両があることを知らされました。

内蔵助は資金を預かっている塩問屋の前田屋茂兵衛(村上ショージ)から金を取り戻そうとしましたが、前田屋は浪人を用心棒に雇っており金を返す気はありませんでした。そこで元赤穂家臣の不破数右衛門(横山裕)が内蔵助に加勢して、何とか金を取り戻すことに成功しました。

内蔵助は資金を元手にお家再興に乗り出すことにしましたが、幕府重臣への工作費や使いの者の江戸と赤穂の往復の旅費などであっという間に資金は目減りしていきました。



その頃、世間では民衆は時の将軍・徳川綱吉の「生類憐みの令」に不満を抱いており、鬱憤晴らしとしていつ赤穂浪士が仇討ちに動くのかということが人々の関心の的となっていました。内蔵助もまた浪士たちに押される形で内匠頭の命日である3月14日に討ち入りするか決めると約束しました。

その後も内匠頭の供養費用、浪士たちが江戸での拠点として購入した古屋敷の費用、お家再興の工作費、浪士たちの結束のための費用など次々と金が飛んでいき、長助は内蔵助に出費の多さをなじりました。やがて内蔵助は討ち入りした際に万が一家族に罪が及ばぬよう、妻の璃玖(竹内結子)を実家へ帰しました。

世間の討ち入りへの関心がより一層高まり、幕府や浅野の親戚筋から監視されるようになった内蔵助は、討ち入りの意思がないことをアピールするためわざと遊郭通いをしてみせましたが、事情を知らない息子・主税(鈴木福)に責められ、内蔵助はつい討ち入りすると漏らしてしまいました。

この話は監視役の耳に入り、浅野家の親戚筋は内蔵助をこれ以上問題を抱えないためにも内蔵助を消す決意を固めました。折しも大学は浅野本家へ幽閉となり、お家再興の望みは完全に断たれていました。そのことを知った内蔵助は長助と共に駕篭に分乗して出発しますが、駕篭は親戚筋が放った刺客に襲撃されました。

しかし襲われたのは内蔵助ではなく長助でした。虫の息の長助は内蔵助に討ち入りの意思を確認、軍資金を大切に使うよう言い残して息を引き取りました。内蔵助は遂に討ち入りを決心、内匠頭の三回忌に決行することにしました。

1703年(元禄15年)。
内蔵助や赤穂浪士たちは着々と討ち入りの準備を進めていたが、
浪士全員を江戸に呼ぶためには金が足りず、武器や用具を調達するのにも金がかかっていきました。

江戸に呼ぶ費用 13泊 で 一人400万(現在換算)も かかるのだ。

何よりも隠居した吉良上野介がここの所外出が多くなっており、果たして討ち入り当日に屋敷にいるのかも怪しくなっていました。

内蔵助らは吉良が予定日よりも3ヶ月早い12月14日に茶会を開くため確実に屋敷にいるという情報を掴みました。
もはや資金は底減りしており、内蔵助は計画を前倒しして12月14日に討ち入りを決行する決断を下しました。

前倒しすることで、三ヶ月の生活費用が浮いて討ち入り費用が捻出できたのだ

討ち入り前日、内蔵助は瑤泉院にこれまでの費用の内訳を記した決算書と共に、
浪士たちの家族が罪に問われないようにと工作費100両を託しました。
12月14日、内蔵助率いる赤穂浪士四十七士は雪の中を吉良邸へと討ち入りに向かいました。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line