fc2ブログ

日の果て(1954)E〜日本兵の脱走の湯癖


日の果て(1954)E

★数行で映画紹介しなければ
軍医花田中尉は現地の女を連れて脱走してしまう。
部隊長から花田軍医射殺の指令が宇治中尉に下る。
宇治は、射撃の名手である高城伍長を伴って花田の行方を追う。
最初、花田の行動を許すことができない宇治だったが、
部隊を離れて孤独になっていくにつれて、次第に自分も脱走を考えるようになる。

★ショウトしょうとSHORT

個人的にイライラさせる展開で

脱走の勇気のない男らのウジウジ 女々しさ

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 山本薩夫
脚本 斎藤良輔、八木保太郎
製作 本田延三郎、八木保太郎
出演者
鶴田浩二、岡田英次、原保美、福田豊、大城有圭、
織本順吉、水島晋、信欣三、加藤嘉、神田隆、小林寛、殿山泰司、
木村功、金子信雄、高原駿雄、島崎雪子、利根はる恵
音楽 團伊玖磨
撮影 前田実
配給 松竹
公開 日本の旗 1954年2月3日 
上映時間 107分

★概要ネタバレ
軍医花田中尉は現地の女を連れて脱走してしまう。
部隊長から花田軍医射殺の指令が宇治中尉に下る。
宇治は、射撃の名手である高城伍長を伴って花田の行方を追う。
最初、花田の行動を許すことができない宇治だったが、部隊を離れて孤独になっていくにつれて、
次第に自分も脱走を考えるようになる。

花田と宇治は脱走するが高城伍長に撃たれる。
現地の女は高城伍長を射殺。高城伍長と相打ちで死に。
4名は死んでしまう。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line