fc2ブログ

アイネクライネナハトムジーク(2019)B〜10年同棲してプロポーズ、女性からイエスがこない。



アイネクライネナハトムジーク(2019)B

★数行で映画紹介しなければ

10年同棲してプロポーズするが、女性からイエスがこない。

★ショウトしょうとSHORT

2時間は長く 余計な話が多いですね

邦題はモーツァルトが作曲したセレナードのひとつ。

「この人の父は関わってはいけない方です」という嘘が
多用される。 面白ですね

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 今泉力哉
脚本 鈴木謙一
原作 伊坂幸太郎
『アイネクライネナハトムジーク』
製作 宇田川寧
遠藤日登思
松下剛
製作総指揮 小竹里美
千葉伸大
出演者 三浦春馬
多部未華子
矢本悠馬
森絵梨佳
恒松祐里
萩原利久
成田瑛基
八木優希
こだまたいち
MEGUMI
柳憂怜
濱田マリ
藤原季節
中川翼
祷キララ
伊達みきお
(サンドウィッチマン)
富沢たけし
(サンドウィッチマン)
貫地谷しほり
原田泰造
音楽 斉藤和義
主題歌 斉藤和義「小さな夜」
撮影 月永雄太
編集 相良直一郎
制作会社 ダブ
製作会社 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
配給 ギャガ
公開 日本の旗 2019年9月20日
上映時間 119分

★概要ネタバレ

佐藤(三浦春馬)会社の上司・藤間(原田泰造)と残業をしていた。

、佐藤は藤間の様子がおかしいと気付くと、藤間は突然気が動転したかのように突然大声をあげて机を蹴り出し、
止めに入った佐藤は誤ってコーヒーを室内のコンセントにこぼしてしまった。
事務所内の全てのパソコンの電源が落ち、入力中だったデータが全て消えてしまう。
藤間はどうやら妻が子供を連れて実家に帰ってしまったのだった。
佐藤は失ったデータの補充のための街頭アンケートを命じられた。

寒空の下の仙台駅前。
多くの人々が大型ビジョンに映し出される、
日本人初の世界ヘビー級王座を賭けたボクサーのウィンストン小野(成田瑛基)のタイトルマッチに釘付けになるなか、
街頭アンケートの仕事をしているマーケティングリサーチ会社の会社員・佐藤(三浦春馬)は、
道行く人々に声を掛けるも誰も見向きもしませんでした。

やっと本間紗季(多部未華子)がアンケートに応じてくれた。
紗季と談笑し、現在フリーターで就活中であると知った。

一方
美容室では美容師の美奈子(貫地谷しほり)が常連客の板橋香澄(MEGUMI)の髪にドライヤーをかけながら、格闘技の話題をしていました。

美奈子に彼氏がいないことを知った香澄は唐突に「私の弟がいるんだけどさ、どうかな?」と持ちかけてきました。
困惑する美奈子に、香澄は弟の人の良さをアピールしはじめました。

一方、この日が休日の佐藤は、大学時代の同級生で今では居酒屋で働く織田一真(矢本悠馬)と、妻の由美(森絵梨佳)の家に遊びに行きました。
由美はかつては学校屈指のマドンナ的存在でしたが、佐藤は由美とは付き合うことなく、
由美が伴侶に選んだのは適当な性格の一真でした。
二人には5歳になる長女の美緒と産まれたばかりの赤ん坊がいました。

一真は佐藤に、彼女はいないのか尋ねてきました。
佐藤は「いねぇよ」と笑いますが、一真は「出会いがないから」と彼女がいないことを伝えると、一真は「まさかお前、落ちてたハンカチを届けたのがきっかけ、みたいなドラマチックな出会いを期待してるんじゃないだろうな」と佐藤の本心を見抜き、「そういうドラマチックな出会いで結婚する奴はドラマチックな出会いそのものに引かれてるんだよ。例えばそこで全く別の奴と出会ってたら、そいつと結婚するのか? そんな出会いをした奴は後から後悔するんだよ」と持論を述べました。佐藤の耳には一真の言葉が印象的に残りました。

翌日の夜。美奈子の元に見知らぬ男から電話がありました。男は香澄の弟であり、香澄は本当に弟に美奈子の電話番号を教えていたのです。美奈子は困惑して電話を切ろうとしたところ、部屋にゴキブリが出現して美奈子は思わず悲鳴を上げてしまいます。驚いた香澄の弟は美奈子に大丈夫かと声をかけ、これがきっかけで二人は打ち解け合いました。

それからというもの、美奈子は毎晩香澄の弟と電話を楽しんでいたのですが、ある日突然、香澄の弟は「仕事が忙しくなるから電話できなくなる」と告げてきました。美奈子はこのことを香澄に相談すると、香澄はこの日のタイトルマッチでウィンストン小野が勝ったら、彼からプロポーズされるかもしれないと語りました。事情の呑み込めない美奈子は「そんなのは嫌。他力本願じゃないですか」と動揺してしまいます。

同じ頃、美奈子は部屋でウィンストンの試合中継を見ていました。そして試合はウィンストンの劇的なKO勝ちに終わり、ウィンストンは日本人初となるヘビー級王座に輝きました。美奈子は、香澄の言った言葉は本当なのか疑心暗鬼でいると、美奈子の携帯に香澄から電話がかかってきました。香澄は自分は結婚していて旧姓は「小野」であること、そして弟はなんとウィンストン小野本人であることを打ち明けました。美奈子はそのことに大いに驚くも、ウィンストンと交際を始めることになりました。

試合からしばらく経ったある日、美奈子はウィンストンを伴い、大学時代からの友人である一真と由美の元を訪れました。一真は佐藤も招待していたのですが、その頃、佐藤は途中の公園でいじめられていた少年(中川翼)を助けていました。耳の不自由な少年はウィンストンのファンであり、姉(祷キララ)と共にウィンストンと対面しました。
ウィンストンは次の防衛戦で必ず勝利すると少年に約束しました。

佐藤はウィンストンからもらったサインを藤間に渡し、たまたま道路工事の作業員をしていた紗季と偶然にも再会しました。佐藤は先日買ったシャンプーを紗季に渡しました。その後、ウィンストンは初の防衛戦に臨みましたがまさかの敗北を喫してベルトを失い、少年の姉から「弟ががっかりしています。期待させないでください」との葉書を受け取って落ち込んでしまいました。

アイネクライネナハトムジークのネタバレあらすじ:転
それから10年後の仙台。
一馬と由美の娘・美緒(恒松祐里)は高校生になっていました。ある日、合唱の授業中に教師に叱られている生徒を同級生の久留米和人(萩原利久)が庇い、その様子を見た美緒と友人で藤間の娘・亜美子(八木優希)は感心しました。その夜、和人は父・邦彦(柳憂怜)や母・マリ子(濱田マリ)と食事に出かけますが、和人は会社の上司からの電話に応じる邦彦の姿を見て、マリ子に「俺は絶対父さんみたいにはならない。社会の歯車にはならない」と言いました。

そんなある日の放課後、帰路につこうとした和人は美緒に呼び止められました。和人は美緒に連れられて駅の駐輪場に向かい、美緒はそこで自分の自転車に貼っていた駐輪シールが何者かに剥がされて別の自転車に付け替えられたことを伝えました。

その場に居合わせた男が他の自転車からシールを剥がしているのを見かけた美緒は、この男こそが犯人だと断定、和人は美緒を庇って男にとっかかりましたが、ねじ伏せられてしまいます。
そこにたまたま邦彦が現れ、言葉巧みに男を説得してその場を収めました。
あれだけ軽蔑していた邦彦に助けられた和人でしたが、美緒には邦彦が自分の父だとは言い出せませんでした。

その夜、佐藤は紗季を夜景の見えるレストランに招いていました。出逢ってから10年、紗季とアパートで同棲生活を送っていた佐藤は、意を決して婚約指輪を渡そうとしましたが渡しそびれ、アパートの近くでようやくプロポーズしましたが、紗季は佐藤の煮え切らない態度に業を煮やし、置き手紙を遺して実家に帰ってしまいました。

翌日、佐藤は仕事を休みました。その日の夜、テレビのスポーツ番組には10年ぶりに王座に挑戦することになったウィンストンが出演していました。ウィンストンは美奈子と結婚しており、子供も生まれていました。

一真は東京で行われるウィンストンの王座挑戦試合のチケット3枚を確保しましたが、誰と一緒に観に行くかを巡って、美緒と由美は口論になってしまいます。美緒はだらしのない一真を毛嫌いしており、納得のいかない美緒は家を飛び出していきました。美緒は薬局で買い物をしていた佐藤と会い、一真の愚痴をこぼし始めました。佐藤は「あいつも変わらないな」と苦笑いしながらも、美緒に一真と由美が結婚した経緯を語り始めました。

かつて佐藤はクラスのマドンナであった由美に想いを寄せていましたが、由美は一真に想いを寄せていることに気付いて自ら身を引いたのです。やがて由美が美緒を身籠った時、一真は佐藤に「生まれてくる子供のためにもしっかりしねえとな」と語っていました。その話を聞いた美緒は父への誤解を解き、改めて自分が両親に愛されていると感じました。帰宅した美緒は由美に、なぜ一真と結婚したのか尋ねてみると、由美は笑いながら「わからないけど、放っとけないんだよね」と語りました。

いつものようにソファで寝転がっている一真は、東京へ行く準備を進めていました。その頃、進学塾で働く紗季はこの塾に通う亜美子と言葉を交わしました。亜美子は離婚した父・藤間が10年前にウィンストンからもらったサインを自慢げに紗季に見せ、今度の試合は勝ってほしいと語りました。

やがてウィンストンの試合の日になり、一真・美緒・亜美子の三人で東京に行くことになりました。
亜美子はバス停で会った紗季に、今日の試合でウィンストンが勝ったら和人は美緒に告白することを打ち明けました。

その日の夜、部屋で一人きりで過ごしていた佐藤は居てもたってもいられなくなり、寒空の仙台駅前にやってきました。そこでは10年前と同じように街頭ビジョンにウィンストンの試合中継が映り、同じように斉藤が弾き語りをしていました。10年前の出来事を思い出していた佐藤は帰りのバスターミナルで紗季の姿を目撃しますが、紗季はそのままバスに乗って行ってしまいました。佐藤は次のバス停まで先回りすることを決心して走り出しました。

しかし、なかなか紗季に追いつくことはできず、佐藤はひたすら次のバス停に向かって走っていると、公園のベンチ付近で泣いている一人の少年の姿を見かけました。佐藤が少年に声をかけ、現れた母親に少年を引き渡しますが、その様子をバスから降りた紗季が見つめていました。佐藤は紗季にプロポーズの返事はゆっくり考えてほしいと告げると、困惑する紗季を次のバスに乗せて帰らせました。

同じ頃、東京の試合会場では一真、美緒、亜美子らが見守るなかウィンストンの王座挑戦の試合が始まっていましたが、全盛期を過ぎていたウィンストンは劣勢を強いられていました。その時、ウィンストンは客席に一人の青年(藤原季節)の姿を見つけました。この青年こそが10年前にウィンストンに憧れていた耳の不自由な少年だったのです。青年の姿に勇気をもらったウィンストンでしたが、結果は惜しくも判定負けでした。帰り道、美緒は一真の愚痴を聞きながら歩いていると、偶然にも青年と出くわした亜美子は互いに一目惚れしていました。

その翌日、落胆した和人はファミレスで両親を待っていると、この店でバイトをしている美緒が客に絡まれているのを目撃しました。和人は以前邦彦が自分を助けてくれたように言葉巧みに男を説得、何とかその場を収めました。和人は美緒に「好きです」とだけ言葉をかけて店を飛び出し、そのまま仙台駅前で弾き語りをしている斉藤の歌声に聞き入っていました。そこにバイトを終えた美緒が現れ、二人は笑顔で斉藤の歌を聴いていました。

仕事を終えた佐藤が帰宅すると、紗季が戻ってきており、夕食の支度をしてくれていた。

佐藤は戸惑いながらも紗季の作った料理に口をつけると、紗季は「(結婚)良いですよ」と答えた。
何のことかと問うと、紗季は呆れながらも「結婚!」と返しました。
喜んだ佐藤は紗季に「末永くよろしくお願いします」と伝え、
二人は笑いながら食卓を囲んだ。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line