fc2ブログ

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019)B〜姉妹が実家を離れた後


ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019)B

★数行で映画紹介しなければ

若草物語を10回以上過去に戻ったりの時系列が入り乱れる構成

★ショウトしょうとSHORT

本作は姉妹が実家を離れた後に焦点を当て、次女であるジョーが、
過去を振り返る形で、時系列が入り乱れる構成で
若草物語を知らない人には何がなにかわからないシーンの洪水でしょう。
せっかく役者が名演技しているのにもったいないです。

ぼくは若草物語の大ファンです。

『若草物語』(Little Women)で、ルイーザは自身をもとにして主人公のジョーを描いたが、
ジョーが物語の終わりに結婚するのに対して、ルイーザは生涯を通して独身のままであった。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Little Women
監督 グレタ・ガーウィグ
脚本 グレタ・ガーウィグ
原作 ルイーザ・メイ・オルコット
『若草物語』
製作 エイミー・パスカル
アーノン・ミルチャン
デニス・ディ・ノヴィ(英語版)
ロビン・スウィコード
出演者 シアーシャ・ローナン
エマ・ワトソン
フローレンス・ピュー
エリザ・スカンレン(英語版)
ローラ・ダーン
ティモシー・シャラメ
メリル・ストリープ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 ヨリック・ル・ソー
編集 ニック・ヒューイ
製作会社 ニュー・リージェンシー・ピクチャーズ
ディ・ノヴィ・ピクチャーズ
コロンビア ピクチャーズ
パスカル・ピクチャーズ
ソニー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年12月25日
日本の旗 2020年6月12日[1]
上映時間 135分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ

4人姉妹

長女  メグ  お隣さんと結婚

次女  ジョー 作家

三女 ベス   ピアノ好き

四女 エイミー 絵描き

1869年、ニューヨークに住む教師ジョー・マーチは編集者ミスター・ダッシュウッドのもとに短編小説を持ち込み採用される。

末の妹エイミーはマーチ伯母さんとパリに住み、子供時代の友人かつ隣人ローリーとパーティに出席する。

エイミーはローリーの酒癖を非難するが、彼が荒れる原因となったジョーへの失恋に話が及ぶと、裕福な実業家フレッド・ヴォーンの財産を狙って過ごしているだけだと揶揄される。

ニューヨークのジョーは、彼女に好意を持つ教授フリードリヒ・ベアから作品への建設的な批判を受け、傷つき、絶交することになる。

手紙で妹ベスの病気が悪化したことを知り、ジョーはマサチューセッツ州コンコードの家に戻る。

7年前、姉メグと一緒に行ったパーティでジョーはローリーと知り合う。

クリスマスの朝、母は近所に住む貧しいフンメル夫人と空腹の子供たちに自分たちの朝食を贈ろうと姉妹を説得する。帰宅した彼女たちは、隣に住むローリーの祖父ミスター・ローレンスから贈られた食べ物でいっぱいのテーブルを見つける。

母はその後、南北戦争に従軍している父からの手紙を朗読する。

メグ、ジョー、ローリー、ローリーの家庭教師でのちにメグの夫となるジョンが劇場に出かけると、

妬んだエイミーがジョーの原稿を燃やしてしまう。

翌朝、腹を立てているジョーと仲直りしたいエイミーは、湖でスケートをするジョーとローリーを追う。

氷が割れエイミーが湖に落ち、彼らはエイミーを救う。ミスター・ローレンスはベスの静かな物腰に目を止め、亡くなった娘のピアノを弾くよう家に招く。

現在、メグは分不相応な高価な生地を買った後、ジョンと話し合い、貧しさを悲しむ。

ローリーはエイミーを訪ね、彼の態度を詫び、フレッドではなく彼と結婚するよう促す。

ローリーを愛しているにもかかわらず、エイミーはいつもジョーの2番目にされることに耐えられないと断る。

それでも彼女はフレッドのプロポーズを断る。

過去、ミスター・ローレンスはピアノをベスに贈り、彼女がフンメル家で猩紅熱にかかったことに気づく。
予防のため、エイミーはマーチ伯母さんの家に送られ、良い結婚をして家族を養うようアドバイスされる。

現在、ジョンはメグを喜ばせるため、生地をドレスにするよう促す。メグは生地を売ったことを打ち明け、彼の妻で幸福なのだとジョンを安心させる。過去、クリスマスの時期にベスは猩紅熱から回復し、父も帰宅する。

現在、病状が悪化した後、ベスが亡くなる。過去、メグの結婚式の日、ジョーはメグに逃げようと説得を試みるが、メグはジョンとの結婚がとても嬉しいのだと話す。マーチ伯母さんはヨーロッパ旅行を発表するが、ジョーでなくエイミーを連れていく。結婚式の後、ローリーはジョーにプロポーズするが、ジョーは自分が結婚することは考えられないと断る。

現在、母はジョーに、エイミーと病気のマーチ伯母さんがローリーに付き添われヨーロッパから帰ってくると知らせる。孤独を感じるジョーはプロポーズを断ったことは早計だったのではと考え、ローリーに手紙を書く。出発の支度をするエイミーは、フレッドのプロポーズを断ったことをローリーに告げる。彼らはキスし、のちに帰国の旅の途中で結婚する。ローリーとただの友人でいることに合意した後、ジョーは彼に宛てた手紙を処分する。

ジョーは彼女と姉妹の生活をもとにした小説を書き始め、第1章をミスター・ダッシュウッドに送るが、
彼は関心を示さない。ベアはカリフォルニアへ向かう途中でマーチ家に立ち寄り、ジョーを驚かせる。

ニューヨークで、娘たちから話の続きを知りたいとせがまれたミスター・ダッシュウッドはジョーの小説の出版に同意するが、主人公が未婚のままの結末は受け付けない。

ジョーは譲歩し、彼女自身である主人公がカリフォルニアに出発するベアを止める結末にする。

彼女は著作権と印税をめぐりミスター・ダッシュウッドと交渉し、成功する。

マーチ伯母さんが亡くなった後、ジョーは彼女の家を相続し、メグ、エイミー、ベアが教師をする学校を開く。
ジョーは彼女の小説が印刷される様子を見ている。
タイトルは『若草物語』(Little Women)である。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line