fc2ブログ

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~(2020)B〜太宰治の遺作


グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~(2020)B

★数行で映画紹介しなければ

太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』を独自の視点で解釈した

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作の舞台劇の映画化。

★ショウトしょうとSHORT

最後の20分 ひとひねり いいですね

ラブコメです。 

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 成島出
脚本 奥寺佐渡子
原作 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
(太宰治『グッド・バイ』より)
製作 武部由美子
池田史嗣
製作総指揮 木下直哉
出演者 大泉洋
小池栄子
水川あさみ
橋本愛
緒川たまき
木村多江
皆川猿時
田中要次
池谷のぶえ
犬山イヌコ
水澤紳吾
戸田恵子
濱田岳
松重豊
音楽 安川午朗
撮影 相馬大輔
編集 今井剛
制作会社 キノフィルムズ
松竹撮影所
製作会社 木下グループ
「グッドバイ」フィルムパートナーズ
配給 キノフィルムズ
公開 2020年2月14日
上映時間 106分

★概要ネタバレ

舞台は終戦直後。
文芸雑誌の編集長・田島周二は優柔不断な男。

女にモテるため、何人もの愛人を抱えていた。

愛人たちと別れることを決意する。

各々好きな女性たちなので、なかなか別れを切り出せないでいた。

そんな彼に、親友がある提案をする。それは1人の女性を偽の妻に仕立て上げ、妻に愛人の存在がばれたことにして別れを告げるというものだった。田島は金にがめつい担ぎ屋の永井キヌ子を偽の妻として雇う。キヌ子が泥だらけの顔を洗うと、誰もが振り返るほどの美女になった。

こうして田島は愛人と別れるため、キヌ子は金のために偽夫婦を演じることになる。

戦後間もない頃、復興へと向かう昭和の日本。文芸雑誌「小説浪漫」の編集長・田島周二(大泉洋)は、ケチで優柔不断にもかかわらずなぜか女性にモテる性質で、気付けば十数人の愛人を抱えていました。疎開中の妻・田島静江(木村多江)と娘・幸子のために愛人たちと別れる決心を固めますが、良案が思いつきません。

作家の漆山連行(松重豊)に相談すると、綺麗な女性に妻のふりをしてもらい、愛人たちに紹介して別れを告げれば良いという助言を受けます。田島が闇屋で見知った顔である永井キヌ子(小池栄子)が、実は誰もが振り返るほどの美人であることを知った田島は、キヌ子に事情を説明して妻のふりをしてほしいと懇願。金にがめついキヌ子はそれを引き受け、2人は偽夫婦を演じることになります。



グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇のネタバレあらすじ:承
美しく着飾ったキヌ子と田島は、1人目の女性の所に向かいます。戦争で未亡人となり、花屋で働いている青木保子(緒川たまき)です。キヌ子を妻だと信じた保子は、別れを覚悟して思いつめた様子を見せます。その姿に心が揺らぐ田島ですが、彼女のポケットに札束をねじ込み「グッドバイ」と呟いて別れを告げるのでした。

愛人清算に早くも心が折れ始める田島を、漆山は適当な助言であしらいます。漆山が、妻と娘の疎開先である青森に取材旅行に行くことを知った田島は、娘にプレゼントする人形を代わりに渡して欲しいと頼みます。

2人目の女性は文芸雑誌の挿絵画家・水原ケイ子(橋本愛)です。田島とキヌ子が家を訪ねると、同じ建物の2階に花屋の保子が住んでおり、最近男性に振られて2度も自殺未遂を図ったということを知ります。ケイ子の屈強な兄・健一(皆川猿時)は、「そんな男性は俺が殺してやる!」と息巻く始末。思わぬ偶然と、ケイ子の兄の剣幕に怯え、田島が話をそらして帰ろうとすると、保子が2階から飛び降り自殺を図ります。命に別状はありませんでしたが、「3回目の自殺未遂だ!」と一同は騒然とします。

3人目の女性を訪ねる約束の日の朝、静江から田島宛てに電報が届きます。そこには、愛想が尽きたから離縁する、もう仕送りは要らないと記されていました。それを読んだ田島は、突然胃の痛みに苦しみ始めます。キヌ子が田島を担いで、3人目の女性である医師・大櫛加代(水川あさみ)の元を訪れると、加代は慣れた様子で田島に注射を打って落ち着かせます。



田島は胃腸が弱く、すぐ胃痙攣を起こすのだそうです。加代のところにも静江から手紙が届いていましたが、加代は田島と真剣に付き合うつもりはなく、キヌ子が妻のふりをしていることもあっさり見抜きます。目覚めた田島に向けて、加代は「グッドバイ」と別れを告げました。

一方、編集部には怒り心頭のケイ子の姿がありました。もう挿絵は描かないというケイ子に対し、編集部員の清川(濱田岳)が説得を試みますが、「田島さんに『グッドバイ』とお伝えください」と言い残してその場を去ってしまいます。

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇のネタバレあらすじ:転
困り果てた田島が漆山の自宅を訪ねると、そこに静江と幸子がやって来ました。漆山は青森を訪れた際に田島の女遊びのことをすべて話し、静江と良い仲になっていたのです。漆山のことを「お父さん」と呼ぶ幸子を見て、田島は愕然とします。せめて幸子にだけは今後も会わせて欲しいと漆山に頼みますが、静江が嫌がっているため、娘と会うことは禁じられました。

1人残された田島の元に、警察からキヌ子を引き取りに来て欲しいと電話が入ります。闇場の縄張り争いで男性陣と揉め、力自慢のキヌ子は男性を10人ほど投げ飛ばしたそうですが、その顔には傷がついていました。その夜、2人は食事に出かけますが、田島は大酒を飲んで自暴自棄になり、もう金など要らないからくれてやると酒場やキヌ子に向かって札束をばら撒き、店を出てフラフラと夜道をさまよいます。

歩を進めると、謎の易者(戸田恵子)に出会い、名前や仕事、現状をぴたりと言い当てられたうえ、本当に好きなのはキヌ子だと告げられます。目が覚めた田島はキヌ子に会いに行こうとしますが、易者の導きとは逆の道を進んでしまい、暴漢に襲われて命を落としてしまいます。


2年が経ち、田島の思い出を語る女性の会が執り行われていました。
皆田島についてあれこれ語り合い楽しそうな様子ですが、キヌ子はうつろな表情を浮かべるばかりです。

一方、とある採掘場に、亡くなったはずの田島の姿がありました。
暴漢に頭を殴られて記憶喪失になり、そのまま採石場に送られて働いていたのです。
遺体はトラックに轢かれて顔の判別がつかない状態であり、
所持品から田島だと判定されましたが、実は別人だったのです。

すべてを思い出した田島が清川の元を訪ねると、
彼は易者の予言が当たって宝くじ一等を引き当て、さらに金貸し事業で大金持ちになっており、
人が変わったようになっていました。
キヌ子と婚約中だという清川に、田島は少しだけでも会わせて欲しいと頼みますが、追い返されてしまいます。

家に戻ったキヌ子が結婚式の衣装合わせをしていると、窓から田島が覗いていました。
「グッドバイ」と切なくつぶやいて田島は走り去っていきます。
キヌ子はドレスがボロボロになるのも気にせず全速力で田島を追いかけます。
互いに好きという気持ちを確認した2人は、涙を流しながら抱き合うのでした。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line