fc2ブログ

按摩と女(1938)B〜盲人視点の世界

按摩と女(1938)B

★数行で映画紹介しなければ

盲目の按摩と東京から来た女が温泉地で繰り広げるほのかな恋の物語

★ショウトしょうとSHORT

大好きな清水監督の作品です
盲人視点が面白いですね

清水監督の『簪』(かんざし)1941年は続編ですね。

2008年、石井克人監督、草彅剛主演で
『山のあなた〜徳市の恋〜』としてリメイクされた。
役者的には草薙の方がいいですね。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 清水宏
脚本 清水宏
出演者
高峰三枝子
徳大寺伸
日守新一
音楽 伊藤宣二
撮影 斎藤正夫
製作会社 松竹
配給 松竹
公開 1938年7月7日
上映時間 66分

★概要ネタバレ

山奥の温泉地を按摩さんの視点から捉えた人間ドラマです。

按摩の徳さんは、健脚で感が鋭く、ケンカも強ければ飛び込みも上手という頼もしい存在。
何事もない静かでのどかな温泉地に、事件が起こります。
旅館で、入浴中にお金を盗まれた人が連発しはじめたのです。
最初は従業員の取り調べだけしていたのですが犯人が見つからず、
警察が宿泊客への調査に乗り出したのです。
これを聞いた徳さんは、以前から疑っていた“東京の女”の逃亡を助けてやります。
徳さんのカンによると、女がいつも足音や人影にビクビクして、
何かに怯えているという事に気付いていたのです。

ところが、“東京の女”は温泉旅館の窃盗とは無関係でした。
彼女はある男の妾であり、その男の追っ手に怯えていたのです。


THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line