fc2ブログ

山の音(1954)C〜川端康成の小説。戦後日本文学の最高峰と評された


山の音(1954)C

★数行で映画紹介しなければ
『山の音』(やまのおと)は、川端康成の長編小説。
戦後日本文学の最高峰と評され、第7回(1954年度)野間文芸賞を受賞
川端の作家的評価を決定づけた作品として位置づけられている[。

老いを自覚し、ふと耳にした「山の音」を死期の告知と怖れながら、
息子の嫁に淡い恋情を抱く主人公の様々な夢想や心境、死者の夢を基調に、
復員兵の息子の頽廃、出戻りの娘など、家族間の心理的葛藤

が山村聡と原節子を主演に迎え、子どもたちの結婚生活の崩壊に直面する老齢男性と心に悲しみを抱えた美しい嫁との物語を描いていく。

★ショウトしょうとSHORT

成瀬巳喜男監督の映画は大好きですが 
男を描くのは下手な感じがします。
やはり女性ですかね。

僕的にはピンとこない作品ですが。
奥が深そうです。

『山の音』は海外でも評価が高く、
エドワード・サイデンステッカーの翻訳により1971年(昭和46年)に
日本文学として初めて全米図書賞翻訳部門を受賞。
2002年(平成14年)には
ノルウェー・ブック・クラブ発表の「史上最高の文学100」に、
近代日本の作品として唯一選出された

原作の小説とは異なる結末となっている

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
『山の音』(東宝) 95分。モノクロ、スタンダード

1954年(昭和29年)1月15日封切(一般公開は2月10日[2])。

スタッフ
監督:成瀬巳喜男
製作:藤本真澄
原作:川端康成
脚本:水木洋子
音楽:斎藤一郎
撮影:玉井正夫
美術:中古智
録音:下永尚
照明:石井長四郎
編集:大井英史
チーフ助監督:筧正典
製作担当者:馬場和夫
特殊技術:東宝技術部
現像:東宝現像所
キャスト
尾形菊子:原節子
尾形修一:上原謙
尾形信吾:山村聡
尾形保子:長岡輝子
谷崎英子:杉葉子
池田:丹阿弥谷津子
相原房子:中北千枝子
相原:金子信雄
絹子:角梨枝子
信吾の友人:十朱久雄
北川町子
斎藤史子
馬野都留子

★概要ネタバレ

舞台は戦後復興期の日本。
都内の企業の重役を務める尾形信吾は、山の音が深く鳴り響く鎌倉で妻の保子、信吾と同じ会社に務める息子の修一、
その嫁の菊子と一緒に暮らしていました。菊子は美人であることを鼻にかけず、また、献身的に家事を行いながらも笑顔を絶やさない女性でした。それでいてどこかぼんやりして幼さを残している菊子の姿に、信吾は常に好感を抱いていました。しかし、結婚間もないというのに、修一は他に女を作り夜遅く帰る日々が続いていました。穏やかな性格の信吾とは異なり、どこか冷淡な修一は浮気を信吾に注意されても気に留めようともしません。信吾は菊子を不憫に思う気持ちを強くしますが、そんな中娘の房子が嫁ぎ先から幼子二人を連れて信吾の家に押しかけてきました。女癖の悪い夫に愛想がつきたというのです。房子は来るなり菊子にまだ子どもがいないことを指摘し、菊子は一瞬悲しげな表情を浮かべてしまいます。さらに、房子の子どもをあやしていると、修一からはお前に子どもを扱えるはずがないと冷たく言い放たれてしまいました。そして、房子が菊子のように美人だったら、と菊子の美貌をやっかんでいると、何も語らない菊子に代わり、信吾が菊子にも苦労があると反論するのでした。

その後、房子が信吾の家を去ると、激しい台風が鎌倉を襲い、尾形家は停電になってしまいました。寝室でろうそくを灯しながら、保子は信吾に菊子のことについて忠告し始めました。修一に女がいることをわかっていながら、菊子をいたわるのはかえって残酷だというのです。そして、保子は信吾が若くして亡くなった自分の美しい姉と菊子を重ねていることも指摘するのでした。



その後、信吾の元に信州の実家から房子が信州の空き家に暮らしているという知らせが届きました。夫の元に戻ろうとしない房子の現状を知り、複雑な表情を浮かべる菊子。房子を迎えに行くために、修一が信州に向かうことになり、信吾は修一の不在をねらって秘書の谷崎に修一の浮気相手について尋ねました。そして、信吾は谷崎に無理を言って相手の女性の家へと案内されますが、結局家を訪ねることなく引き返してしまうのでした。


その後会社に戻ると、信吾の友人が能面を持って待ち構えていました。亡くなった旧友の妻君が夫の遺品であるこの能面を買い取って欲しいと望んでいるというのです。信吾はそばにいた谷崎に能面をつけさせると、そのなんとも言えない能面の怪しげな魅力にしばし目を奪われてしまうのでした。

その後、谷崎は仕事を辞めたいと信吾に申し出てきました。修一の女性関係を暴露してしまったことを後ろめたく思っているといいます。さらに、谷崎は修一が浮気相手の女性に菊子があらゆる意味で子どもだと話していることを信吾に伝えました。浮気をしているだけではなく、修一が相手の女性に菊子の批判を聞かせていることにショックを覚える信吾。そして、その後家に戻ると、房子が信州から戻っており、再び房子たち母子の居候生活が始まりました。

ある日の早朝、信吾は洗面所で鼻血を抑える菊子を発見します。さらに、菊子が赤子のときに負ったという額の傷が目立っていることにも信吾は気づきました。この傷が浮き出るとき、特に菊子の体調がひどくなることを知っていた信吾は、修一に菊子の健康状態について話題を振りますが、修一は自分たちでなんとかすると冷静に応えるばかりでした。



その後、信吾は谷崎の協力で修一の浮気相手と同棲する池田という女性に会いました。池田の話によれば、浮気相手の女性は絹子という名前で、仕事を持ち経済的に自立しているといいます。しかし、修一との関係を続けるにつれて修一の暴力性が増しており、最近では絹子自身も堕落した関係と話しているというのです。一通り修一と絹子との関係を話し終えると、池田は信吾に修一夫婦が実家から離れ二人きりで暮らせば解決に向かうのではないかと提案しました。信吾はこの言葉を受けて修一夫婦との別居を検討し始めるのでした。


その夜、修一は夜遅くに泥酔して帰宅しました。いつものように、懸命に修一を介抱する菊子。その翌朝、修一は珍しく菊子を映画に誘いますが、菊子はそれどころじゃないと言って、その誘いを断ってしまいます。その後、菊子は産後の調子が悪い友人を見舞うと言って、通勤する信吾と道中をともにします。その途上で、信吾は別居話を持ちかけますが、菊子は首を縦に振ろうとはしません。信吾なしに二人きりで暮らすことが恐ろしいと菊子は考えていたのです。そうこうしているうちに車は病院に着き菊子は降りて行きましたが、信吾は菊子が病院に行く本当の目的は友達の見舞いではなく、菊子自身なにか悪いところがあって医者に診てもらうのではないかと疑い始めていました。

その後、菊子が体調不良を訴える日々が続きました。

それでも家事を献身的に行う菊子に、信吾と保子は遺言を残して心中自殺をした老人夫婦の話を何気なく聞かせました。

もしも修一と心中するなら、どんな遺言を書くかという冗談交じりの質問を信吾がすると、菊子は突然泣き出し、その場を後にしてしまうのでした それからまもなく、信吾は度重なる菊子の不調の原因を修一に強い口調で問いただしました。

すると、菊子が昨日堕胎してきたことが判明します。

修一に女がいるうちは子どもを作らないと言って、菊子は自らの心身にとってつらい決断を下していたのです


しかし、修一には悪びれる様子はなく、こんな状態ではろくな子どもも産まれないだろうと冷静な表情を崩しません。

菊子にどこまでも冷たい態度を取り続ける修一に信吾は激昂し、修一のいたわり次第では菊子を救うことができたと息子を強く非難しました。

その後、家に戻った信吾はただちに菊子に休みを取るよう言いつけましたそして、堕胎したことをなぜ打ち明けてくれなかったと信吾が尋ねると、菊子は信吾に背中を向けただただ涙を流すのでした。


信吾は絹子に直接会って話をすることを決心し、いざ絹子の家に行きますが、絹子の話によればすでに修一とは別れたといいます。

しかし、信吾はその別れに至った経緯に衝撃を受けます絹子の妊娠を知った修一が激しい暴力を絹子に振ってきたというのです。

あなたの子ではないと必死に訴えてやっと修一の暴力は止んだといい、その日で二人の関係も終わったといいます。

絹子は泣きながら菊子のことを贅沢な奥さん呼ばわりして批判しますが、信吾はそんな絹子に菊子の気持ちをわかるはずがないと静かに反論しましたそして、信吾は少ない現金を絹子に渡しますが、絹子はそれをあくまでも手切れ金として受け取るのでした。

その後、家に戻ると菊子の姿がないことに信吾は気づきます。

保子に話を聞くと、実家に寄った際に体調を崩し、そのまましばらく静養するということでした。

菊子の事情を知らず好き勝手に批判する保子と房子に、
信吾は菊子が堕胎した事実を伝えますすると、さらに保子と房子は批判の語気を強めますが、
信吾はそれを厳しい口調で制止するのでした。

菊子のいない日々が続いたある日、信吾は家族と大事な話をしようと考えました。
ところが、そう考えた矢先に、菊子から電話がかかってきました
菊子の明るい声を聞き、一安心する信吾。
その後、信吾と菊子は新宿御苑で待ち合わせをしました。
再会を果たし変わらぬ笑顔を信吾に見せつつ、菊子はなにか大事な話を伝えたそうにしていましたしかし、
菊子はなかなか話を切り出せず、ただつらそうな表情をするばかり。
すると、信吾が修一と別れたいと思っているのかと菊子の心中を当ててしまいます。
信吾の言葉に動揺し涙を流す菊子に、
信吾は自分の些細ないたわりが菊子を束縛してしまったと謝罪の言葉を伝えた。
今できるのは菊子を自由にしてあげることだと言葉を続ける信吾。
幸せになって欲しいという信吾の思いに心打たれ、菊子はその場に泣き崩れてしまう。

信吾はいずれ実家のある信州で暮らすことを検討していること、
そして、もしそうなったら便りが欲しいと菊子に伝えた。
菊子は涙を流しながらも笑顔で信吾の健康を願う言葉を口にした。

信吾は泣き続ける菊子に穏やかな口調で顔をふくよう言うと、

目の前に広がる緑豊かな庭園に目をやり「のびのびするね」と菊子に語りかけた。

菊子が「ビスタが苦心してあって、奥行きが深く見えるんですって」と返すと、

信吾はビスタの意味を菊子に尋ねた「見通し線って言うんですって」。

笑顔で菊子の顔を見届けると、再び信吾は風景に目を向けた。

菊子は涙をふき、ゆっくりと信吾の後を追った。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line