fc2ブログ

迎春花(1942)E〜満州国スケッチ


迎春花(1942)E

★数行で映画紹介しなければ

1942年の満州の映画。

日本統治の満州に赴任してきた男

★ショウトしょうとSHORT

映画は終わりを決めないと。
本作は失格。

ハルピンが大都会だったのにびっくりでした。

当時の満州ではアイスホッケーがさかんに行わrていた。

昭和史の中で、日本が建国した幻の共和国・満洲の歴史的映像資料はたしかです。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報

初公開: 1942年
監督: 佐々木 康

出演者
白麗・・・・・・・李香蘭(山口淑子)

村川武雄・・・・・近衛敏明
王学民・・・・・・浦克
八重・・・・・・・木暮実千代
河島支社長・・・・藤野秀夫
山森・・・・・・・日守新一 

制作スタッフ

脚本 : 長瀬喜伴
音楽 : 万城目正
監督 : 佐々木康

満洲映画協会 国策の映画会社

概要ネタバレ

日本の建築会社奉天支社に支店長の甥・村川武雄(近衛敏明)が東京から赴任してきます。

支店長の娘・八重(木暮実千代)とはお互いに悪口を言う仲で、

村川は八重とは結婚したくないと本人の前で言う。

武雄は、同じ事務所で通訳を務める中国人事務員・白麗(李香蘭)に惹かれていた。

中国人の白麗は日本人の八重に気兼ねして武雄との付き合い方の距離を測りかねていた。

しばらくして八重は東京へ転勤する。(武雄との結婚は無理だから?)

白麗も北京へ去る。(理由は意味不明)

武雄は仕事の合間に近所の中国人の子供たちを集めて剣道を教えていた。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line