fc2ブログ

どぶ(1954)B〜パンパン女性の末路

どぶ(1954)B

★数行で映画紹介しなければ

終戦直後の横浜市鶴見区にあるバラック部落を新藤が自身で取材し、映画化した。

河童沼のほとりのルンペン部落に住む知恵遅れの女、ばくち好きの男、新興宗教にすがる老婆、
元新劇の名優だったと自称する男たちの人生模様を描いている。

★ショウトしょうとSHORT

映画「道」のような乙羽信子が体当たりの汚れ役がすごいです。

前半A評価
最後が僕的には納得できません。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
棚田吾郎
製作 吉村公三郎

出演者 乙羽信子

ピンちゃん:宇野重吉
徳さん:殿山泰司
重役:山村聡
大場:菅井一郎
安吉:藤原釜足
斎藤巡査:神田隆
杉村巡査:下元勉
博士:加藤嘉
忠さん:信欣三
大酔軒の主人:左卜全
まつ江:中北千枝子
弘美:木匠マユリ
たみ:飯田蝶子
延代:清川玉枝
お時:赤木蘭子
よね:高野由美
きぬ子:本間文子
紳士:御橋公
西村:鶴丸睦彦
三井:深見泰三
几:花沢徳衛
清水元
運転手:柳谷寛
小笠原章二郎
内藤武敏
伊達信
輝明:近藤宏
浜村純
石島房太郎
望月伸光
田中筆子
奈良岡朋子
眸瑠璃子
飲み屋の客:大滝秀治
大場の妻:三崎千恵子
原ひさ子
鈴木瑞穂
芦田伸介
松山省二
佐々木すみ江

音楽 伊福部昭
撮影 伊藤武夫
編集 今泉善珠
製作会社 近代映画協会
配給 新東宝
公開 日本の旗 1954年7月27日

★概要ネタバレ

終戦直後の横浜市鶴見区にあるバラック部落

若い女が流れてきた。

お金をとられてしまい、あげくに土浦の売春宿に売り飛ばされた。

売春宿から逃走。

川崎の河童沼のほとりのルンペン部落に住みつくことに。

女はパンパンをやりながら同居させてくれた男二人に貢ぐ。

梅毒になって、頭が変になる。

パンパンの縄張り争いで、リンチをうけるが

女は抵抗。 

交番に駆け込み拳銃を盗み、さらに抵抗。

女は警官に射殺される。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line