fc2ブログ

私が棄てた女(1969)D〜「白痴」の日本版


私が棄てた女(1969)D

★数行で映画紹介しなければ

遠藤周作の原作

原作のハンセン病は映画にはない。

「白痴」の日本版

★ショウトしょうとSHORT

公開が決まらずお蔵入りとなった映画

お互いに男女が恋愛して楽しんだのだから
捨てられるというのはおかしいと思います。

映画の最後は意味不明で、がっかりしました。

★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 浦山桐郎
脚本 山内久
原作 遠藤周作
出演者 河原崎長一郎
浅丘ルリ子
加藤治子
小林トシ江
加藤武
岸輝子
音楽 黛敏郎
撮影 安藤庄平
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1969年9月3日
上映時間 116分

★概要ネタバレ

学生時代に恋愛で楽しんだ女性がいた。

男は就職して美人で社長の娘と結婚する。

女性は妊娠までしていたが、男には話さずに堕胎。

女性の周辺の人は、男を許せないと男にお金を要求する。

女性はたかる人々が許せずに自殺。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line