fc2ブログ

お嬢さん乾杯!(1949)A〜原節子、40年代マイベストラブコメ


お嬢さん乾杯!(1949)A

★数行で映画紹介しなければ

没落した上流階級の令嬢と、一代で事業に成功した男のラブコメ

★ショウトしょうとSHORT

「安城家の舞踏会」の続編的

大好きな作品になりました

原節子が輝いています。

佐野周二がいいですね。

日本のケーリー・グラントみたいです。

★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 木下恵介
脚本 新藤兼人
製作 小出孝
出演者
佐野周二
原節子
音楽 木下忠司
主題歌 灰田勝彦「お嬢さん乾杯」
撮影 楠田浩之
編集 杉原よ志
大沢静子
製作会社 松竹大船撮影所
配給 松竹
公開 日本の旗 1949年3月9日
上映時間 89分

★概要ネタバレ

自動車修理工場を経営する青年・圭三のもとに、元華族の令嬢・泰子との縁談が持ち込まれた。

圭三は紹介者の顔を立てて、

お見合いで泰子と会ってみると

びっくるするほどの女性で 雷が打たれて気に入ってしまう。

結婚の承諾を受けた圭三は、ある日に池田家を訪問するが、

そこで泰子の父が詐欺事件の巻き添えで刑務所に入っていることと、

池田家が抵当に入っていることを知る。

泰子には死んだ婚約者がいたし。

結婚の条件は池田家の借金返済だった。

恋愛下手な男は泰子との恋愛進展ができない。

自分にはもったいない女性だと、泰子の家の借金は返済して

身を引いてしまう。

さて 泰子は?

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line