fc2ブログ

一番美しく(1944)E〜黒澤監督の女工哀史


一番美しく(1944)E

★数行で映画紹介しなければ

第二次世界大戦中に軍需工場で働く女子挺身隊の少女たちを描いた作品

★ショウトしょうとSHORT

新人女優たちを実際に撮影地の日本光学工業に入寮させ、工員同様の生活を行わせることで、

女子挺身隊の日常を描く。

主演の矢口陽子は公開翌年に黒澤と結婚した。

黒澤監督らしい、リアルにこだわる。ただそれだけ。


★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
製作 宇佐美仁
出演者 矢口陽子
入江たか子
志村喬
音楽 鈴木静一
撮影 原譲治
編集 矢口良江
製作会社 東宝
配給 映画配給社(紅系)
公開 日本の旗 1944年4月13日
上映時間 85分

★概要ネタバレ

兵器に搭載される光学機器を生産している東亜光学平塚製作所では、

戦時非常態勢により生産の倍増を計画発令する。

男子工員は通常の2倍、女子工員は1.5倍という目標数値が出されるが、

女子組長の渡辺ツルを筆頭とする女子工員たちは、男子の半分ではなく2/3を目標にしてくれと懇願、
受け入れられる。

奮発する女子たちだが目標達成は生易しくはなく、

一時的に上昇した生産高は疲労や怪我、苛立ちから来る仲違いなどにより下降する。

しかし、女子工員達の寮母や工場の上司たちの暖かい協力、

母の危篤でも帰らない。病気がちな同僚をかばう。

種々の問題を解決し、

女工らは結束を強めた。

懸命な努力は再び報われ始めて

生産性が向上しました。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line