fc2ブログ

スタンバイミー(1986)C〜青春映画の「傑作」「金字塔」だそうです。

スタンバイミー(1986)C

★数行で映画紹介しなければ

4人の少年が死体を探しに30キロ歩く

原作はスティーヴン・キングの短編集『恐怖の四季』の中に
収められた秋の物語『THE BODY』

★ショウトしょうとSHORT

なぜ人気があるのか三度目の再見

青春映画の「傑作」「金字塔」だそうです。

へえ〜 リアルだから?

★概要ネタバレは基本情報のあとに

========

★基本情報
Stand by Me
監督 ロブ・ライナー
脚本 ブルース・A・エヴァンス
レイノルド・ギデオン
原作 スティーヴン・キング
『スタンド・バイ・ミー』
製作 ブルース・A・エヴァンス
アンドリュー・シェインマン(英語版)
ナレーター リチャード・ドレイファス
出演者 ウィル・ウィートン
リヴァー・フェニックス
コリー・フェルドマン
ジェリー・オコンネル
キーファー・サザーランド
音楽 ジャック・ニッチェ
主題歌 ベン・E・キング
『スタンド・バイ・ミー』
撮影 トーマス・デル・ルース(英語版)
編集 ロバート・レイトン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年8月22日
日本の旗 1987年4月18日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ

時は1959年。

当時12歳だった頃

オレゴン州の田舎町キャッスルロック

作家になる夢を持っているゴーディ(ゴードンの愛称)、
頭のいい少年クリス(クリストファー・チェンバーズ)、
眼鏡をかけているテディ、
ノロマで肥満児のバーンの4人は、性格も個性も異なっていたが、
いつも一緒に遊んでいた。

バーンは不良グループの一味である兄たちの会話を盗み聞きしてしまう。
3日前から行方不明になっているレイ・ブラワーという少年が、
30キロ先の森の奥で列車に跳ねられ死体のまま野ざらしになっていると知る。

バーンがゴーディたちに話すと、
「死体を見つければ有名になる。英雄になれる」と言う。

死体探しの旅に4人で出かける。

途中、喧嘩もするが、助け合いながら、鉄道の線路に沿って冒険のような旅を続ける。
鉄橋で危うく列車に轢かれそうになったりしながら、夜は森で野宿をする。
クリスが持参したピストルを持って、交代で見張りをする。

翌日、ゴーディら4人は、沼を渡るがヒルに血を吸われたりする。

死体を発見する。

エースたち不良グループが現れ、死体を渡せとせまる。

バーンとテディは逃げ出すが、クリスは毅然とした態度ではねつける。

エースが怒り、ナイフでクリスを襲おうとした瞬間、

ゴーディが上空に銃を発砲し、

エースに銃口を突きつけ、不良グループは退散する。

遺体を匿名で警察に通報して、ひと夏の冒険が終わり、

4人は町外れで別れた。

4人の進路もバラバラになり、お互い疎遠になっていく。

大人になったゴーディは作家となり、結婚して2人の子供にも恵まれ、

大きな一軒家に住めるほど成功し、

一方のクリスは猛勉強して弁護士になる。

クリスとも最近は10年以上会っていなかったが、クリスが亡くなった原因が、

昔と変わらず正義感が強いがゆえ(喧嘩の仲裁)だった。

「複雑な家庭環境のなかで仲間との友情を感じた12歳の頃のような友達は、
二度とできることはない」と、独り言を言う。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line