fc2ブログ

15年後のラブソング(2018)C〜同棲相手に影響を受けて次の恋愛に

15年後のラブソング(2018)C

★数行で映画紹介しなければ

15年前に忽然と姿を消した伝説的ロックスターと心酔する男

女性は心酔する男に影響を受けてしまう。

男と別れた後に伝説的ロックスターと出会う。

★ショウトしょうとSHORT

ファンでもないのに、交際した男がファンだった。

影響を受けてしまうんですね。

★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Juliet, Naked
監督 ジェシー・ペレッツ(英語版)
脚本 タマラ・ジェンキンス(英語版)
ジム・テイラー
エフジェニア・ペレッツ
原作 ニック・ホーンビィ
『Juliet, Naked』
製作 ジャド・アパトー
アルバート・バーガー(英語版)
バリー・メンデル
ジェフリー・ソロス
ロン・イェルザ(英語版)
製作総指揮 ニック・ホーンビィ
サイモン・ホースマン
パトリック・マーリー
トーステン・シューマッハー
出演者 ローズ・バーン
イーサン・ホーク
クリス・オダウド
アジー・ロバートソン
音楽 ネイサン・ラーソン
撮影 レミ・アデファラシン
編集 サビーヌ・ホフマン
ロバート・ナッソー
製作会社 ロケット・サイエンス
アパトー・プロダクションズ(英語版)
ボナ・ファイド・プロダクションズ
ロサンゼルス・メディア基金(英語版)
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート/ロードサイド・アトラクションズ
イギリスの旗 フォーカス・フィーチャーズ/ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年8月17日
イギリスの旗 2018年11月2日
日本の旗 2020年6月12日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国 イギリス

★概要ネタバレ

イギリスの港町、サンドクリフ。

アニーは同地の郷土史博物館を亡き父から継いで経営している。

パートナーのダンカンと長く一緒に暮らしており、
何不自由ない生活を送っていた。

ダンカンはロック歌手、タッカー・クロウの歌をこよなく愛していた。
タッカーは1993年を最後に表舞台から姿を消して、
伝説の存在と化していた。
ダンカンはタッカーの代表曲『Juliet』のデモテープが収められた
アルバム『Juliet, Naked』を入手した。
何回も繰り返し聞いていたが、アニーは出来に満足できなかった。
正直に伝えたところ、アニーはダンカンと口論になってしまった。
アニーはどうにも納得がいかず、ダンカンが運営するタッカーの
ファンサイトに『Juliet, Naked』を酷評するレビューを投稿した。
アニーの元にタッカー本人から「率直な感想を述べてくれたことに感謝致します」
というメールが届いた。
きっかけに、2人はメールのやり取りを始まる。
予期せぬ出会いが恋愛に発展する。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line