fc2ブログ

噂の女(1954)D〜親子丼の行方

噂の女(1954)D

★数行で映画紹介しなければ

京都の娼婦館を舞台に遊郭の女将とインテリ娘の葛藤

働く女たちの生態。

★ショウトしょうとSHORT

若い医者も大馬鹿

親子ほど違う男と結婚できると思う女性も賢くないね

★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 溝口健二
田中絹代 (出演)
久我美子 (出演)

脚本
成澤昌茂
依田義賢
音楽 黛敏郎
撮影 宮川一夫
編集 菅原謙二
製作会社 大映
配給 大映
公開 1954
上映時間 83分

★概要ネタバレ

京都島原の井筒屋の前に一台のタクシーが停まる。
降りたのは女将初子とその一人娘、雪子だった。
雪子は東京でピアノの勉強を続けていたが睡眠薬で自殺を図ったため、
初子が連れ戻したのだった。
井筒屋は女郎屋娼婦館。
客と寝るのが仕事であり、
皆貧しさゆえにこの仕事を選んだ井筒屋の太夫たちの中には、
自分たちを搾取して得た金で何不自由なく暮らし教育を受ける雪子へ反感をもつ者もあった。
初子は遊郭の組合の診療所の若い医師である的場を呼び、雪子を診察させるが、的場が初子の愛人であることは娘に気づかれないように頼む。
親の言いなりに結婚し娘を生んで未亡人になっていた初子にとってこれが生れて初めての恋だった。その夜遅く、太夫の一人薄雲が体調を崩して仕事先から戻ってくる。的場は胃痙攣と診察して手当をする。その後で彼と二人切りになった雪子は、結婚を約束した相手が雪子の母の仕事を知って破談にしたことが自殺未遂の原因であることを話す。また、日頃娼妓たちを診察している的場の話を聞いて彼女たちに同情的になった雪子は翌朝、朝食に降りてこない薄雲のために、自分のための膳をもっていき、牛乳を飲ませゆで卵を食べさせる。
その親切に感心した太夫たちと仲良くなっていく。

かねてから的場の開業を世話しようと思っていた初子は、鼓の先生の紹介する家を的場と見に行く。素晴らしい場所だが、250万円するという。
でも、的場の妻になってこんな土地で暮らすことを夢見る初子だった。初子は自己資金で150万は出せる。残りの100万円の借金を組合役員の原田に相談する。井筒屋を抵当に入れて借りようという考えである。しかし、昔から初子のことが好きだった原田は、自分と結婚すれば話は簡単だと提案する。一方、薄雲は入院し、胃がんだったことがわかり、結局亡くなる。彼女が毎月5000円を仕送りしていた妹は、病気の父を抱えて困っており、自分も太夫にしてほしいと頼むが断られる。

的場は何度か井筒屋を訪れるうちに雪子と親しくなっていった。
鼓の先生からチケット購入を頼まれて初子は、井筒屋の常連客や的場、そして雪子を連れて能の公演を見に行く。的場と雪子が桟敷を抜け出しているのに気づいた初子はロビーに出て、二人の会話を立ち聞きする。雪子は東京に出てピアノの勉強を再開し、的場も彼女と共に東京に出て再び勉強するという計画を語っているのだった。幕間の後の、鼓の先生のお勧めの演目は、老婆の恋をからかう内容。雪子を含めて観客は笑っているが、初子はいたたまれなくなってロビーに出てしまう。やはり能を見に来ていた原田も彼女を追って出てくる。初子は例の100万円をすぐに用意してくれるように原田に依頼する。原田は初子が金を必要とする理由は知っているが、直ちに金をかき集める。初子は井筒屋で100万円を的場に渡し、娘と別れさせようとする。しかし、初子の自分への真剣な気持ちに鈍感な的場は、雪子と自分の結婚によって初子も幸せになれると話す。二人の会話を聞いてついに雪子も的場と母の関係を知る。
東京で恋に破れた自分と母が今同じ立場にあることに気づき、雪子は身勝手な的場と別れることにする。
的場が去った後、初子はめまいを起こして倒れる。

寝込んでしまった初子に代わり、雪子は臨時に女将として井筒屋をてきぱきと切り回し、
頼もしい女将ぶりを示す。
初子はお腹に雪子がいた時も働いていたと話す。
雪子は生まれる前から井筒屋の帳場にいたのだった。
薄雲の妹が来て太夫にしてくれと再び頼み、雪子は彼女を待たせておく。
仕事に出かける太夫たちは玄関で薄雲の妹に会って、
自分たちのような不幸な女がいなくなるのはいつだろうかと考える。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line