FC2ブログ

渇いた太陽(1962)D~テネシー・ウィリアムズの戯曲『青春の甘き小鳥』

渇いた太陽(1962)D

★数行で映画紹介しなければ

年齢で苦悩するスター女優が

なかなか映画出演できない男と出会う。

★ショウトしょうとSHORT

娘を私物化する父が登場。

原作者が実際に経験した感じですね。

ビーチボーイって知りました。

★気になるセリフ

幸運を祈るよ 僕らはお互いの地獄へ戻るのさ

★仕入れた情報
テネシー・ウィリアムズの戯曲『青春の甘き小鳥』 (Sweet Bird of Youth) を原作としている。
ウィリアムズ原作、リチャード・ブルックス監督・脚本、ポール・ニューマン主演は、
1958年の『熱いトタン屋根の猫』に次いで2作目である。

ジェラルディン・ペイジがゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞し、
エド・ベグリーが第35回アカデミー賞の助演男優賞を受賞した。

★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
原題
Sweet Bird of Youth
監督 リチャード・ブルックス
脚本 リチャード・ブルックス
原作 テネシー・ウィリアムズ
製作 パンドロ・S・バーマン
出演者
ポール・ニューマン
ジェラルディン・ペイジ
シャーリー・ナイト
エド・ベグリー
音楽 ハロルド・ジェルマン
撮影 ミルトン・クラスナー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1962年3月21日
日本の旗 1962年11月9日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ

南部の町セント・クラウド

ポール・ニューマンは町の有力者の娘と恋仲になる。

有力者は「君の美貌だと映画スターになる。スターになって故郷に錦を飾れ」と

ニューマンを送り出し、娘との仲を割く。

ニューヨークで演劇で主役になろうとするが

有力者の手で、勃発した朝鮮戦争に徴兵される。

ニューマンは無事帰還、ハリウッドでチャンスをつかもうとするがうまくゆかない。

とうとうパームビーチのビーチボーイに成り下がっていた。

いわゆるジゴロ。

スター女優が年齢で美貌も失い、最新作の試写を観たが、勝手に失望して逃げ出した。

女優業をやめようと決断。 

逃走時にビーチボーイのニューマンを運転手に雇った。

ニューマンも若さがなくなり、映画出演の最後のチャンスだと考えて、

スター女優の車を運転して、故郷へ戻る。

有力者は娘に近づけないようにあの手この手で遠ざけ、

町から追い出そうとする。

スター女優に電話があり、映画は大成功、演技に深みが出たと評価されると

知ると、ハリウッドへ戻る。

「俺の売り出しは?」とニューマンは懇願するが、

約束は反故にされる。

有力者は悪事がばれ、政治生命は絶たれる。

ニューマンは映画スターの道を断念して、有力者の娘を連れて町を出る。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line