FC2ブログ

歩け走るな!(1966)D~ケーリー・グラントの最後の出演作

歩け走るな!(1966)D

★数行で映画紹介しなければ

東京舞台のケーリー・グラントのラブコメ

★ショウトしょうとSHORT

シャレードの口笛など、アドリブ満載。

映画の最後は出演卒業の哀愁が。

★仕入れた情報

ケーリー・グラントの最後の出演作

出ているだけ見せます。

1943年のロマンティック・コメディ映画『The More the Merrier 』(日本未公開)を、

1964年東京オリンピック開催中の東京に舞台を変えてリメイクした作品。

東京での撮影は東京オリンピックの翌年(1965年)10月に行なわれた


★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
原題
Walk, Don't Run
監督 チャールズ・ウォルタース
脚本 ソル・サクス(英語版)
ガーソン・ケニン
原案 ロバート・ラッセル(英語版)
フランク・ロス(英語版)
製作 ソル・C・シーゲル
出演者 ケーリー・グラント
サマンサ・エッガー
ジム・ハットン(英語版)
音楽 クインシー・ジョーンズ
撮影 ハリー・ストラドリング
編集 ウォルター・トンプソン(英語版)
ジェームズ・D・ウェルズ
製作会社 グランリー・カンパニー(ソル・C・シーゲル・プロダクションズ)
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1966年6月29日
日本の旗 1967年2月14日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ

グラントも61歳

予定はやく来日

オリンピックで宿がとれない。

英国大使館に相談に行くと、

掲示板「同居人募集」を発見。

部屋に出向くと女性だった。

女性に限ると書き忘れたから断るが、

映画ですから、グラントの押しで同居人になってしまう。

グラントが知り合った米国のオリンピック出場選手も

グラントが勝手に同居人にしてしまう。

グラントは二人が恋していることに気がつく。

グラントはキューピット役に徹してハッピーエンド。


THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line