FC2ブログ

スモーク~老婦人が出てくる不思議な映画 



老婦人が出てくる不思議な映画 

スモーク(1995)

クリスマスのからんだ映画は
いろいろありますが
この映画は変わっている。
まだなんと評価したらいいか
書けないでいる。

本作で
オーギー・レーンの
クリスマス・ストーリーが出てくる。

原作は
新潮文庫
村上春樹と柴田元幸の
『翻訳夜話』
の中の
『スモーク&ブルー・イン・ザ・フェイス』

不思議な話しは

ある男が
ふとした偶然から訪問した部屋で
盲目の老婆に、
孫とまちがえられたので、
そのまま孫のふりをして
クリスマス・ディナーを共にした。 
そして数日して行くと 
もう老婆は死んでしまっていたそうだ。


本作の概要
『スモーク』(Smoke)は、
アメリカ、日本、ドイツ合作。
監督はウェイン・ワン。
原作はポール・オースターの
『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』
ポール・オースターは映画の脚本も担当。
主演はハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート。
第45回ベルリン国際映画祭特別銀熊賞受賞作品。

10年以上、
近所の街角の様子を
写真に撮りつづけている男
それも、毎日きっかり同じ場所、同じ時間に。
という、かなりの変わり者である。

お時間があれば
同じテーマ(老婦人)
をまとめました

優しい旅立ち

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line